FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠組織・極道関連の事件・ニュース速報

山口組大分裂 名古屋の「本家」に関西の幹部組長らが反発か

>>関連記事
 創設100年を迎えた山口組に亀裂が走った。8月27日朝、兵庫・神戸市灘区の六代目山口組の総本部に、次々と高級車がすべり込んだ。乗っているのは山口組傘下の組長たちだった。
 
 この日、総本部では緊急の幹部会が開かれ、全国から直参(じきさん)と呼ばれる傘下団体の組長が集まった。そこに顔を出さなかった組長が10人以上いた。彼らこそ山口組の「分裂」を企てたグループだった。
 
 集まった幹部たちはすぐに彼らの処分を検討した。「その場で絶縁5人、破門8人などが決まった」(捜査関係者)とされる。

 脱退の動きを見せた山健組(神戸市中央区)や宅見組(大阪市中央区)などの組長5人を永久に組織に戻れない「絶縁」、8人を追放にあたる「破門」の処分にした。破門処分のうち2人は引退し、新組織には組長11人が加わるとみられる。ただ、これらの組織の構成員が全て新組織に移るかは不透明。別の組織が合流する可能性もあり、規模などは流動的だ。
 
「これで抗争が始まるのは避けられない。山口組は全国に傘下団体を持つ。関西だけでなく各地で血が流れることになる」
 
 この“クーデター”は、なぜ起こったのか──。警察庁によれば、六代目山口組は2014年末の時点で、構成員・準構成員などを合わせて約2万3400人。全国の暴力団の43.7%を占める国内最大の暴力団組織である。  それを主導するのが司忍(本名・篠田建市)組長の出身母体であり、愛知・名古屋市に本部を置く弘道会だ。その体制に不満を抱く勢力もあった。ある傘下団体幹部がいう。
 
「先代の渡辺芳則五代目が神戸の山健組だったように、それまでは関西から組長が選ばれてきた。司六代目は関西以外の組織で初めてトップに立った。
 
 山口組には『本部』と『本家』という考え方がある。本部は神戸の総本部で、本家は組長の出身組織。つまり現在の本部は神戸で本家は名古屋になる。それに違和感を覚える直参は少なくない。山口組は日本中に組員を抱えるが、やはり中心は関西であるべきだという考え方は根強い」
 
 今回のクーデターで、処分を受けたのは、ほとんどが関西を本拠とする組長だった。その面々は六代目山口組の中枢を担う幹部ばかりだった。反旗を翻したのには、彼らなりの理由があったようだ。 

「六代目は組の統制をことのほか重んじていた。直参は関西に来たら必ず本部(神戸)に顔を出さなければいけない決まりがあった。大阪にいても挨拶をするためだけに、神戸まで車を走らせる。

 上納金制度も厳しかった。組の規模によって違うが、おおよそ月に80万円。それ以外にも本部が販売するミネラルウォーター、石鹸や歯ブラシなどの日用品の購入の強制、各組長の誕生日会へのお祝い金など、とにかく金銭の支払いが発生する。暴排条例(暴力団排除条例)などの締め付けでヤクザのシノギが限定されて稼げない時代だけに、厳しい上納に不満を抱く組は多かったようだ。
 
 雑貨屋のようなシノギしか認めず、しかもトラブルは起こすな。これでヤクザといえるのか?」(同前)

 そんな思いが五代目時代を懐かしく思う一部の直参組長たちの間ではくすぶり続けていたようだ。とりわけ造反組を刺激したと囁かれているのが、跡目問題だ。別の傘下団体幹部が語る。

 「今年の夏前、司六代目が七代目に弘道会の幹部を指名しようとしているという情報が出回った。これには、“次は関西に実権が戻ってくる”と思っていた直参たちが猛反発。さらに、将来的には本家を名古屋に移動させる案があるという話も出た。それからしばらくして、この脱退騒動が起きた。造反した組長たちには、“名古屋から山口組を取り戻す”という思いがあるはずだ」

 月内にも新組織を結成し、山健組の井上邦雄組長を中心に組織固めをするとみられる。「山口組」を含む名称や代紋(シンボル)を使い続ける方針といい、山口組側の反発も予想される。
 
 奇しくもクーデターが勃発した翌日の8月28日は、18年前(1997年)に五代目山口組の若頭だった宅見勝・宅見組組長の射殺事件が発生した日だった。
 
「大黒柱だった宅見若頭の死は、それまで主流派だった関西系の勢力が弘道会に取って代わられるきっかけになったと見る直参もいる。その意味でも、このタイミングで関西の直参たちが新組織を立ち上げるという話には因縁を感じざるを得ない」(関西に拠点を置く山口組傘下団体の元幹部)

  

関連記事

 | HOME | 

ブログ内キーワード検索


おすすめ

10日程でスピードお届け!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (102)
■殺人未遂 (183)
■傷害致死 (25)
■死体遺棄 (374)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (393)
■逮捕監禁 (57)
■脅迫・恐喝・強要 (624)
■恐喝未遂 (48)
■銃刀法違反 (322)
■発砲事件 (266)
■凶器準備結集・集合 (13)
■強盗事件 (196)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (216)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (13)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (2)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (48)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (551)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (154)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1135)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (103)
■有印私文書偽造 (17)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (81)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (13)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (3)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (89)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (62)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (16)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
■公務執行妨害 (26)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (215)
■暴力団対策法 (59)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (9)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (18)
再発防止命令 (9)
使用者責任 (8)
■暴力団排除条例 (308)
■組織犯罪処罰法 (195)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (30)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (86)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (8)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (17)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (32)
■中止命令 (100)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (1)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1914)
■未分類 (1861)