FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠組織・極道関連の事件・ニュース速報

赤羽、上野、錦糸町…東京安くてうまい街は気を抜けない街

 赤羽や上野、錦糸町は、安くてうまい飲み屋が集まる“飲んべえの聖地”。

 特に赤羽は、漫画やドラマの影響もあり人気急上昇中だ。休日は、日の高いうちから立ち飲み屋で酔っぱらってフラついている若い女性の姿も見かけるようになった。

 しかし今、これらの地域は“都内で最も危険な場所”として、ひそかに警戒されている。ヤクザ事情に詳しいライターの篠原賢一氏は「私なら赤羽や上野で飲む時は、決して気を抜きません。そんな無謀なことはとてもできない。ヤクザ取材などで会う警察関係者からも同様の話を聞きます」と話す。

 篠原氏によれば、赤羽、上野、錦糸町は、昔から関東に地盤を置くヤクザと、関西から東京に進出してきた山口組、そして警察庁に準暴力団として指定されている「チャイニーズドラゴン」が三つ巴で闘争を繰り広げる「かつての歌舞伎町以上に緊迫した地域」。実際、赤羽では、こんな事件が起こっている。 「昨年7月、JR赤羽駅前で流血事件がありました。山口組系の組員が車で帰る途中、クラクションを鳴らした。するとその相手がチャイニーズドラゴンで、重さ8キロの木の板を振り回しての大乱闘になり、結果的に山口組系の組員は頭蓋骨骨折で全治6カ月の重傷。赤羽署員が通報で駆け付けた時は、すでに双方とも逃走した後でした。先日、関係者が逮捕されましたが、チャイニーズドラゴンの3人はいまだ逃走中です」

 チャイニーズドラゴンとは、1980年代後半に中国残留孤児の2世、3世が結成した暴走族「怒羅権」がルーツとみられている。関東ヤクザや山口組系組員よりも格段に凶暴で、前出の3カ所以外にも池袋、府中、八王子などに系列グループが増殖。彼らが総じて中国系の愚連隊集団であったことから「チャイニーズドラゴン」と総称しているものの、それぞれが固有の人脈や活動拠点を持っているため、警察も実態をつかんでいないのが実情だ。

チャイニーズドラゴンの凶暴性は他の半グレの比ではなく、ヤクザとの対立も恐れません。ほとんど日本語を理解しないのも特徴。少しの期間でも在籍すると身内と称するので、“3日ドラゴン”という言葉もある。構成人数は1000人ほどとみられています」

 以前なら、“地盤ヤクザ”がいれば、その縄張りでほかの組織がやすやすと好き勝手なことはできなかった。ところが暴力団排除条例の影響で“地盤ヤクザ”が衰退し、取って代わるようにチャイニーズドラゴンが台頭。最初は中国人経営の飲食店から用心棒代を得ていたのが、次第に、日本人経営の飲食店からも金銭をせしめるようになり、より勢力を拡大化していった。

「ニュースにはなっていませんが、ヤクザがチャイニーズドラゴンに取り囲まれて暴力を受け瀕死の状態で発見されたなど、ヤクザ対チャイニーズドラゴンのトラブルは頻繁に起こっています」

 篠原氏は、「チャイニーズドラゴンとヤクザとの決定的な違いは、カタギだろうとカタギでなかろうと、容赦なく暴力を振るう点」と指摘する。

「ヤクザは基本的に無用なケンカはしない。ましてや、カタギを傷つけることはご法度です。しかし、チャイニーズドラゴンにはそういう合理的な考えがありません」

 目が合っただけで、いきなりナイフで刺される……。そういったことも、ありえないことではない。

 さらに篠原氏が指摘するのは、曲がりなりにも“ストッパー”の役目を担うヤクザの存在感が薄くなることで、治安が一層悪くなることだ。

「上野では、人が行き交う賑やかな路上で、数人の男が酔っぱらいサラリーマンを取り囲み、カツアゲをする事件がありました。“いつの時代の話?”と思うような事件が起こっているのです」

 そのような地で、正体をなくすまで飲むなど、もってのほかだ。
関連記事

 | HOME | 

ブログ内キーワード検索


おすすめ

10日程でスピードお届け!
組合系でクレジット機能なし

↑ ↑ ↑ ↑
個人的な審査に不安な方
まったく問題なし!!!
↓ ↓ ↓ ↓

安心して下さい。作れますよ。

カテゴリ

■殺人 (102)
■殺人未遂 (183)
■傷害致死 (25)
■死体遺棄 (374)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (393)
■逮捕監禁 (57)
■脅迫・恐喝・強要 (624)
■恐喝未遂 (48)
■銃刀法違反 (322)
■発砲事件 (266)
■凶器準備結集・集合 (13)
■強盗事件 (196)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (216)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (13)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (2)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (48)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (551)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (154)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (1135)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (103)
■有印私文書偽造 (17)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (81)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (13)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (3)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (89)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (2)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (62)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (16)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
■公務執行妨害 (26)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (215)
■暴力団対策法 (59)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (9)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (18)
再発防止命令 (9)
使用者責任 (8)
■暴力団排除条例 (308)
■組織犯罪処罰法 (195)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (30)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (86)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (8)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (5)
■暴力行為等処罰法 (17)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (32)
■中止命令 (100)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (1)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1914)
■未分類 (1861)