FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

岡本ホテルのオーナーら3人逮捕 警視庁など詐取容疑で

 静岡県熱海市の老舗温泉旅館「熱海岡本ホテル」などを舞台に多額の出資金をだまし取ったとして、警視庁と静岡県警などの合同捜査本部は7日、組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)の疑いで、会員制リゾートクラブ「岡本倶楽部」の実質的オーナーで指定暴力団・山口組系元組員、大東正博容疑者(59)=神戸市中央区八幡通=ら3人を逮捕した。

 他に逮捕したのは、ともに同クラブの運営会社「オー・エム・シー(OMC)」(東京都中央区、破産手続き中)元社長の山脇一晃(56)=中央区勝どき=と松永博宣(37)=東京都江戸川区松江=の両容疑者。

 逮捕容疑では、3人は共謀して2009年9月~昨年5月ごろ、横浜市の不動産賃貸業の男性ら約80人から、岡本倶楽部の入会費名目で計約3億円をだまし取ったとされる。

 捜査関係者によると、岡本倶楽部は入会費の大部分が元本保証され、高利率で運用できるなどとして、05年4月以降、約8千人から200億円以上を集金。合同捜査本部は、集めた金の一部が暴力団の資金源になった可能性もあるとみている。

 合同捜査本部は昨年5月、出資法(預かり金の禁止)違反容疑で関係先を一斉捜索していた。

 岡本倶楽部は入会費100万~1千万円を預ければ、うち8~9割を占める「施設利用預託金」を5年後に全額返金すると約束。この間、系列11ホテルに宿泊できるポイント券60万~815万円分を発行し、使わなかった場合は、一定割合で買い取るとして会員を募っていた。

 入会費100万円の場合、5年後には宿泊ポイント券が60万円分となり、買い取りを利用すれば利息が16万円になると宣伝。複数の会員がポイント買い取りに応じてもらえないなどとして、OMCを相手に損害賠償訴訟を静岡地裁などに起こしていた。

 OMCは同6月、債権者らからの申し立てを受け、破産手続きを開始。負債総額は198億円で、ほとんどを入会費が占めた。OMCは06年10月、岡本倶楽部の運営を岡本ホテルシステムズから引き継いでいた。

  
 

 | HOME | 


究極のマッチングサービス
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
一般女性を大量集客★

最新記事

リンク

QRコード


QR