FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

麻布十番に弘道会系企業 排除に住民奮闘3年間/東京

 日本最大の指定暴力団六代目山口組を実質支配する二代目弘道会系フロント企業「ケープロジェクト」が8月、東京・麻布十番の高級マンションから拠点を移した。入居から約3年。組事務所としての使用差し止めを求め結束した住民の努力が実った形だ。背景には警察と連携し、民事介入暴力に奔走する弁護士の後押しがあった。しかし、ケ社は現在、台東区内の雑居ビルに登記を移して活動を始めており、警視庁は警戒を強めている。

 麻布十番の住宅街に建つマンションの2LDKの部屋をケ社が購入したのは07年7月。代表者は弘道会の若頭補佐で小松組組長だ。警察当局は小松組弘道会の東京進出の先兵役とみておりケ社をそのフロント企業と認定している。

 弘道会山口組トップの篠田建市(通称・司忍)組長とナンバー2の高山清司若頭の出身組織。構成員数は約4000人。「反警察」の姿勢を末端まで徹底させて捜査員との接触を禁じているため、警察も実態をつかむのは困難だ。

 ケ社が購入した部屋には看板も表札もない。登記上は経営コンサルティング、不動産管理・仲介などが目的だ。だが上京した組幹部が頻繁に立ち寄り、組長の誕生日に別の組から花が届けられたこともあった。実態は組事務所であることは明らかだった。「空き部屋があれば買いますよ」。組長が住民に声をかけているという情報も伝わった。警視庁に危機感が広がった。

 ◇弁護士奔走 訴訟へ結束
 動いたのは、暴力団排除の思いを共有する弁護士たちだった。

 ケ社が入居してから3カ月後、マンション管理会社が暴力団追放運動推進都民センターに通報した。相談を受けた第一東京弁護士会民事介入暴力対策委員会のメンバーが、組事務所の使用差し止めを求める訴訟に向けた準備を始めた。

 だが幹部訪問の際にエレベーターを止めるぐらいで、迷惑行為はほとんどない。説明会を開いても、訴訟に賛同した住民は2割程度だった。

 メンバーは「若い衆が幹部から暴行されているのを見て腰が引けてしまったケースや、おとなしくしているのだからあえて事を荒立てる必要はないという人も少なくなかった」と振り返る。

 弁護団約20人は約35戸を戸別訪問し、抗争に巻き込まれる危険性や資産価値の下落を訴え、訴訟への理解を求め続けた。

 次第に賛同が広がり08年12月、千代田区の弁護士会館で区分所有者の臨時集会を開催。弁明の場として組長も招き、来場した場合に備え弁護団は議事進行のシナリオを用意、警官が別室で待機した。

 組長は現れなかった。使用差し止めを求める意見は半数を超え、即日、東京地裁に仮処分を申し立てた。組長側は異議を申し立てたが、09年4月に和解が成立。和解条項には(1)10年5月末までに部屋を売却(2)売却できない場合は、住民側が7000万円で買い取る権利を持つ(3)出入りをチェックできる監視カメラの設置--などが盛り込まれた。

 部屋の売却はまだ成立していないが組関係者の出入りは今はないという。

 「我々も最近は大変だ。追い出されて次の所に行くと、また住民運動に遭う。行く所がないんだよね」。組長は裁判官にそうこぼしたという。

 実際、ケ社は今年2月、台東区内の4階建てビルを取得していた。ケ社は8月、このビルに移転登記した。

 警視庁は弘道会の新拠点とみて警戒を強める。捜査幹部は「民暴排除の成否は、社会対暴力団という空気を醸成できるかどうかがカギになる」と話す。

 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード


QR