全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報



詐取したコロナ給付金を元手に覚醒剤密売 住吉会系元組員ら30人検挙で捜査終結
>>関連記事
 京都府警組対3課と西京署は19日、覚醒剤取締法違反や麻薬特例法違反などの疑いで、覚醒剤の密売人や客の男ら計30人を逮捕・追送検して、捜査を終結したと発表した。

木間英則容疑者 押収された覚醒剤など
押収された覚醒剤など
木間英則容疑者 押収された覚醒剤など

 捜査は2017年7月に逮捕した薬物乱用者への捜査をきっかけに入手ルート解明に着手し、これまでに錠剤や粉末状の覚醒剤計約442グラム(2600万円相当)のほか、大麻約1.1グラムや注射器141本を押収。指定暴力団・住吉会系元組員・木間英則被告(56)=覚醒剤取締法違反罪などで公判中=ら9人を密売人として逮捕した。うち3人は国の持続化給付金を詐取して計300万円を元手に覚醒剤を仕入れていたことが判明した。

 密売グループは暴力団関係者を中心に京都や富山、東京の密売人で構成され、押収した覚醒剤の多くは粉末ではなく、服用しやすい錠剤に加工されていた。木間被告は別の元組員と共謀するなどして2020年8月から2021年4月、覚醒剤を密売したり所持したりしたとされ、この密売グループに覚醒剤を卸していたという。

関連記事

カテゴリ : ■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ

2022年01月19日22:23

/

< 前の記事へ Blog Top 次の記事へ >

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

記事の削除依頼はPC版から依頼してください。