FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

「暴排標章」キャバクラが資金源か 「浪川会」本部を捜索

 福岡県警博多署は11日午前、福岡市博多区の歓楽街・中洲で無許可営業したとして摘発されたキャバクラ店の経営に関与したとして、指定暴力団・浪川会の本部事務所などを風俗営業法違反容疑で家宅捜索し、書類など数百点を押収した。

浪川会本部を捜索
浪川会本部を捜索

 キャバクラ店は「暴力団員立入禁止」の標章を店舗出入り口に掲示しており、暴力団排除に取り組んでいる姿勢を示しながら、実際は浪川会の資金源になっていた可能性があり、博多署が実態解明を進めている。

 博多署は10日、風営法違反(無許可営業など)容疑でキャバクラ店経営者、北嶋昇容疑者(28)=福岡市中央区清川1=ら2人を逮捕した。

 内偵捜査で北嶋容疑者らが、浪川会と親交があり、キャバクラ店の売上金の一部が浪川会に流れていた疑いが浮上した。

 「暴力団員立入禁止」の標章は、県暴力団排除条例に基づき、飲食店が県公安委員会に申し出て掲示するが、北嶋容疑者は別人の名義で店を営業し、標章を利用したとみられる。掲示店に入った暴力団組員は県公安委から退去を命じられ、背くと50万円以下の罰金が科せられる。県警によると、掲示店の経営に暴力団の関与が疑われるのは異例。



関連記事

 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク





QRコード

QR