FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「弘道会」執行部人事を刷新

 指定暴力団・山口組ナンバー2の高山清司若頭(72)の出所から18日で1カ月。「弘道会」の執行部体制が大きく動いた。昇格や舎弟直り、引退など、計12人の新たな人事が発表され、執行部の刷新が行われた。

 昇格に関しては、敵対勢力からの組員引き抜きや、一連の対立抗争における戦果など、山口組分裂後の動向が反映された人事と思われ、特に注目されたのが、抗争のキーマンといわれる「野内組」の野内正博組長の若頭就任。

 野内組長は2年前、若頭補佐から統括委員長に就いて舎弟に直った。今回の電撃人事ではナンバー2の地位である若頭に就き、竹内会長を「親」とする弘道会ファミリーの「子」で、なおかつ長男に当たる存在となった。中野寿城若頭からバトンを受けた野内若頭が弘道会の指揮を執っていくのは明らか。

 長野県飯田市では、当時、山口組の直系だった「二代目近藤組」(現・野内組傘下)と、神戸山口組系山健組傘下だった「三代目竹内組」(現・任侠山口組)が対立を繰り広げた。平成27年10月には近藤組幹部が竹内組に移籍したとされる兄弟分の元幹部を射殺。分裂後、初めて銃声が鳴り死者が出た。

 その後も長野県では衝突が相次ぎ、平成28年1月には山口組系組員と神戸山口組系組員が中央道カーチェイスを繰り広げた。さらに、山健組系組員の乗った車両が銃撃され、2月には乱闘も起きていた。

 これらの事件には、常に野内組の名前が挙がり、射殺事件後、野内組は三代目となった近藤組を吸収し、勢力を拡大した。

 平成28年5月には神戸山口組系池田組若頭が、弘道会系組員に射殺される事件があり、8月にはその返しをうかがわせる動きがあり、当時の山健組最高幹部たちが、野内組長や野内組幹部の暗殺を計画していたとする殺人予備の疑いで逮捕された。

 野内組長自身が矢面に立ったのは、平成29年1月に京都で起きた六代目会津小鉄会を巡る騒乱で、野内組長が火付け役といわれ、同じ七代目会津小鉄会を名乗って、六代目山口組寄りと神戸山口組寄りに分裂。神戸山口組の井上組長ら複数名が傷害などの容疑で逮捕され、野内組長も有印私文書偽造・同行使の疑いで逮捕された。

 さらに「切り崩し」でも野内組は際立ち、昨年に山口組が離脱者の受け入れ期限を8月と定めて以降も、各組織で引き抜きが続行され、野内組には任侠山口組の最高幹部ら複数名が移籍した。

 それが鮮明となったのが、今年4月に起きた山健組の與則和若頭が刺された事件。野内組傘下組員らが殺人未遂容疑で逮捕された。

 組員らは任侠山口組から移籍した西川純史舎弟率いる「二代目北村組」所属で、弘道会による山健組への宣戦布告とみられた。

 新人事では他にも最高幹部が大きく変わり、中村英昭舎弟頭が最高顧問、福島康正舎弟頭補佐が舎弟頭、中野若頭が舎弟頭補佐に就任。

 小松数男若頭補佐、大栗彰若頭補佐が舎弟に直り、室橋宏司幹部、遠藤輝幹部、小澤達夫幹部が若頭補佐に上がった。

 さらに、中西新吾若頭補佐が本家室長に専念することとなり、「三代目髙山組」若頭でもある「三代目矢嶋総業」石原道明組長が若中から「幹部」に昇格。また、顧問だった「浜健組」浜田健嗣組長が引退した。



 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード

QR