FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・準暴力団・匿名・流動型犯罪グループ関連の事件・ニュース速報

富山市の民家に拳銃発砲 元暴力団組員に懲役6年6か月、指示役の男に懲役11年の実刑判決

◀◀関連記事
 富山地方裁判所(梅澤利昭裁判長)は29日、2018年に富山市の住宅に拳銃を発砲したとして、銃刀法違反などの罪に問われた、元暴力団組員で別事件で服役中の横堀正人被告(49)=本籍・射水市=と、建設業・梶川裕之被告(55)=高岡市=の2人の判決公判が開かれ、横堀被告に懲役6年6か月、梶川被告に懲役11年の判決を言い渡した。

富山地方裁判所
富山地方裁判所

 横堀被告は梶川被告の指示のもと、2018年11月と12月に富山市の住宅に拳銃を発砲し窓ガラスや壁などを損壊したとされ、拳銃の発砲が2人の共謀かどうかが裁判の争点となっていた。

 判決で梅澤裁判長は、「元暴力団員であった横堀被告は、犯行前に梶川被告に送ったメールで、 拳銃を意味するとみられる”道具”という言葉を使ったうえ、複数にわたる下見など入念な準備が必要なことを報告していた。また、梶川被告もメールに疑問を持っていないことから、拳銃を使用することを認めていたと考えられる」と指摘。そのうえで、拳銃の発砲に意思疎通があり共謀が認められるとして、横堀被告に懲役6年6か月、梶川被告に懲役11年の判決を言い渡した。

 弁護側は控訴について「被告と相談して決める」としている。

身分隠してホテルに宿泊 工藤會系長谷川組傘下「永田組」組長ら4人を逮捕

関連記事▶▶
 福岡県警博多署は29日、暴力団員であることを隠して福岡市内のホテルに宿泊したとして、特定危険指定暴力団工藤會系「二代目長谷川組」組長代行で、「永田組」組長・永田尊重容疑者(45)=千葉県市川市新田2丁目=と、永田組組員・橋詰拓弥容疑者(37)=ら4人を詐欺の疑いで逮捕した。同署は4人の認否を明らかにしていない。

福岡県警博多警察署
博多警察署

 永田容疑者ら4人は今年1月9日、暴力団員の宿泊を拒否している福岡市内のホテルに暴力団員であることを隠して宿泊した疑いが持たれている。4人はチェックインの際、「暴力団関係者ではない」などの反社会勢力排除条項のある宿泊約款を示され、橋詰容疑者が署名。ホテル従業員に対し、暴力団関係者でないと騙して宿泊契約を結んだとされる。

 逮捕のきっかけとなったのは、永田容疑者ら4人がこのホテルで1泊し、翌10日に福岡市中洲の路上を歩いていたところ、パトロール中の博多署・中洲特別捜査隊に職務質問を受け、「母体組織の挨拶のため福岡に来た」などと話したことから、反社会勢力排除条項のあるホテルに宿泊した疑いが浮上した。

死体遺棄で逮捕の稲川会系八木田一家傘下「真木組」組長ら男5人を殺人容疑で再逮捕

◀◀関連記事▶▶
 埼玉県警は29日、2023年9月に埼玉県小鹿野町藤倉の山林に埼玉県本庄市の自営業・茂木好夫さん(当時55)の遺体が埋められ遺棄された事件で、死体遺棄容疑で逮捕していた指定暴力団・稲川会系九代目八木田一家傘下「真木組」組長・真木健作こと根岸将浩容疑者(48)=埼玉県本庄市小島=ら男5人が、茂木さんを殺害したとして殺人容疑で5人を再逮捕した。

根岸将浩容疑者(48)
真木健作こと根岸将浩容疑者
埼玉県小鹿野町の山中に男性の遺体を遺棄 稲川会傘下幹部ら4人を再逮捕
小鹿野町藤倉の山中
男性の遺体を遺棄

 茂木さんは2023年9月3日午前2時ごろ、群馬県伊勢崎市内の飲食店で知人と飲酒後、付近の駐車場で男数人に車両で連れ去られ、群馬県内や埼玉県内を転々としていた事が判明していて、県警は、11月1日までに逮捕監禁などに関与した男女16人を逮捕。その後の容疑者の供述や防犯カメラ映像の解析などから、11月15日に小鹿野町の山林の土に埋まってい茂木さんの遺体を発見した。司法解剖の結果などから、茂木さんの死因は首を圧迫されたことによる窒息死とみられる。

 県警は今月8日、11月5日に小鹿野町の山林に茂木さんの遺体を埋めたとして、根岸容疑者ら7人を死体遺棄容疑で再逮捕し、その後の捜査から、5人が茂木さんに殴る蹴るの暴行を加えて肋骨骨折などの傷害を負わせたうえ、首を絞めるなどして殺害したとして殺人容疑で根岸容疑者ら5人を再逮捕した。この事件を巡っては、これまでの逮捕者は今回の5人を含め、監禁容疑など男女計17人に上る。

 茂木さんが連れ去られる前日までに、茂木さんの自宅から現金や借用書が盗まれていて、県警は、茂木さんが貸していた金の返済を巡るトラブルがあったとみて、殺害に至った経緯を捜査するとともに、組織ぐるみの犯行を視野に全容解明を進めている。

バーで男性客を取り囲み40万円を脅し取る 旭琉會系「功揚一家」組員ら2人を逮捕

関連記事▶▶
 沖縄県警那覇署は28日、バーの客から現金40万円を脅し取ったとして、指定暴力団・旭琉會系「二代目功揚一家」組員(36)と、無職の男(29)=島尻郡南風原町=の2人を監禁と恐喝の疑いで逮捕した。同署は2人の認否を明らかにしていない。

沖縄県警那覇警察署
那覇警察署

 2人は2023年12月28日午前0時半から同3時ごろまでの間、那覇市若狭にあるバーの店内で客の男性(30代)を取り囲み、「チャージ代を払わないと店から出られないし、殺すよ」などと言って現金40万円を脅し取った疑いが持たれている。

「フリマアプリ」のアカウント不正取得 池田組系「志龍会」傘下会長を逮捕

 岡山県警岡山西署は29日、暴力団員であることを隠してフリーマーケットアプリのアカウントを不正に取得したとして、特定抗争指定暴力団池田組志龍会幹部で、「二代目健成会」会長・谷口健容疑者(51)=宮崎県宮崎市=を私電磁的記録不正作出などの疑いで逮捕した。

岡山県警岡山西警察署
岡山西警察署

 男は2021年3月22日、フリーマーケットアプリの会員情報入力画面に、暴力団組員ではないと虚偽の入力を行うなどして、アプリのアカウントを不正に取得した疑いが持たれている。調べに対して、男は「間違いありません」と容疑を認めている。

 県警が池田組関連の捜査を進める中で、男がアプリのアカウントを登録している情報を入手し、捜査を進めていた。

スロットやネットカジノの違法賭博店を摘発 店員2人と客の組員2人を逮捕

 千葉県警は、千葉市にあるビルの一室でスロット台やパソコンのオンラインカジノを使った違法賭博店「ファースト」を摘発し、店長の男(54)と従業員の男(38)の2人を常習賭博などの疑いで逮捕し、客の暴力団組員2人も賭博容疑で逮捕した。
 
スロットやネットカジノの違法賭博を摘発 店員2人と客の組員2人を逮捕
押収品
スロットやネットカジノの違法賭博を摘発 店員2人と客の組員2人を逮捕

 この違法賭博店は、千葉市中央区栄町のビルの一室にある店内に、スロット台やパソコンを使ったオンラインカジノなどを設置し、客に金を賭けさせていた疑いが持たれている。
 
 県警は27日未明からこの店を家宅捜索し、スロットマシーン28台やパソコンモニター、現金などを押収。客としてその場にいた組員2人も逮捕した。

 県警は、この店の売り上げ金が暴力団の資金源になっていた可能性があるとみて、金の流れなどを詳しく調べている。

虚偽内容で株式会社を設立登記 「浪川会」総裁ら男性3人を不起訴処分

◀◀関連記事
 大阪地方検察庁は28日までに、株式会社を設立する際に暴力団員の身分を隠し、虚偽の内容で設立登記を大阪法務局に申請したとして逮捕されていた、指定暴力団・浪川会総裁(67)と、不動産業で元風俗店経営の男性(44)ら男性3人について不起訴処分とした。

大阪地方検察庁
大阪地方検察庁

 浪川会総裁と不動産業の男性ら3人は2019年3月、大阪市内でエステティックサロンを運営する株式会社を設立する際に、暴力団員の身分を隠して虚偽の登記をした電磁的公正証書原本不実記録などの疑いで、今年1月13日に逮捕されていた。

 地検は3人の不起訴処分の理由について、「関係証拠に照らした」としている。

留守の一軒家に侵入し財布を盗む 弘道会系「福島連合」傘下組員を逮捕

 北海道警札幌白石署は28日午前、2023年8月に札幌市白石区の一軒家に侵入して財布を盗んだとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組・三代目弘道会系「二代目福島連合」傘下組員・新屋昭容疑者(41)=札幌市豊平区平岸3条11丁目=を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕した。

北海道警札幌白石警察署
札幌白石警察署

 新屋容疑者は2023年8月27日午前1時半過ぎ、札幌市白石区の男性(30代)宅に侵入して男性の財布(時価6万円相当)を盗んだ疑いが持たれている。当時、男性は不在だったが、現場を目撃した人が110番通報して事件が発覚した。

 同署は、新屋容疑者の認否を明らかにしていないが、事件当時に通報した目撃者は、複数人で犯行に及んでいたと話していて、他にも共犯者がいるとみて捜査を進めている。

空き家に侵入し現金約7万円などを盗む 工藤会傘下幹部ら4人を逮捕 組織的犯行の可能性も

 山口県警山口南署などは27日、山口県下関市内の空き家に侵入して現金約7万円などを盗んだとして、特定危険指定暴力団工藤會傘下幹部・下井教嗣容疑者(46)=山口市下関市長門町=と、いずれも福岡県那珂川市の自営業の男(46)と会社員の男(45)、無職の男(30)=住所不定=の4人を窃盗と住居侵入の疑いで逮捕した。この事件では、すでに実行役の男2人=いずれも窃盗と邸宅侵入の罪で起訴=が逮捕されている。

山口県警山口南警察署
山口南警察署

 4人は2023年10月3日午後0時15分ごろ、すでに逮捕されている実行役2人と共謀して、下関市の無職男性(53)が管理している空き家に侵入して現金約7万円などを盗んだ疑いが持たれている。

 下井容疑者が犯行の首謀者で、無職の男が実行犯へ具体的な指示を出す指示役とみられていて、今回逮捕された4人とすでに逮捕されている2人の一部は知人関係にあったという。

 同署は「捜査に支障が出る」としていずれの認否も明らかにしていないが、実行犯は闇バイトで雇われた可能性もあり、組織的な窃盗事件とみて捜査している。

「フラット35」融資金詐欺 新たに2人を逮捕し「池田組」傘下幹部ら3人を再逮捕

◀◀関連記事
 警視庁暴力団対策課は27日、住宅ローン専門会社大手「SBIアルヒ」の代理店を運営する会社の元社員らがSBIアルヒから長期固定金利型住宅ローン「フラット35」の融資金をだまし取ったとされる事件で、新たに別の代理店運営会社の元社員の女(31)=静岡市葵区=と、ローン申請の名義人とみられる職業不詳の男(35)=名古屋市中川区=の2人を詐欺容疑などで逮捕した。

警視庁本部
警視庁本部

 2人は2021年2月、元社員の女が融資の受け付け担当だったSBIアルヒ代理店を通じ、職業不詳の男名義でフラット35の融資を申請し、企業の在籍証明書や源泉徴収票などを偽造して会社員であるよう装わせ、SBIアルヒから融資金1510万円をだまし取った疑いが持たれている。

 同課は27日、この事件で不正な融資を仲介したなどとして、すでに逮捕されている特定抗争指定暴力団池田組系「孝昇会」幹部・塚田修容疑者(51)=東京都墨田区石原2=ら3人も詐欺容疑などで再逮捕した。

市民襲撃など6事件 工藤会理事長の控訴審初公判 無罪の主張一転し3件の関与認める

◀◀関連記事
 福岡高裁で27日、特定危険指定暴力団工藤會が主導したとされる市民襲撃など6つの事件に関与したとして、組織犯罪処罰法違反(組織的殺人未遂)などの罪に問われ、一審の福岡地裁で無期懲役の判決を受けた工藤會ナンバー3の理事長・菊地敬吾被告(51)の控訴審初公判が開かれ、菊地被告は一審での全面否認から一転し、一部事件の関与を認めた。

菊地敬吾被告
菊地敬吾被告

 菊地被告は、市民襲撃事件など6つの事件に関与したとして組織犯罪処罰法違反の罪などに問われ、福岡地裁で行われた一審では全面否認をして無罪を主張していたが、無期懲役の判決を受けていたが、控訴審初公判では、2012年の福岡県警の元警察官銃撃事件、2013年の看護師刺傷事件、2014年の歯科医師刺傷事件の3つの事件について、一転して関与を認めた。

 被告人質問で菊地被告は、元警察官銃撃事件については、「いつか痛い目見してやろうと思った」「私の私怨から私が計画した事件です」と話し、独断で実行したと主張し、看護師刺傷事件と歯科医師刺傷事件については、工藤會会長・田上不美夫被告(67)から「指示された」と関与を認めた。

 菊地被告は、一審の裁判から全面否認から主張を変えた理由について、「自分が認めることで工藤會に迷惑がかかると当時思っていた」と述べた。

 検察側は、一審判決に事実誤認はないとして控訴棄却を求めた。一方、弁護側は、いずれの事件についても殺意はなかったと主張し、傷害罪の適用を求めた。

 次回の裁判は、6月6日に行われる予定。

酒に酔って飲食店のタブレット端末で男性殴る 俠道会系「森田組」組員を現行犯逮捕

 広島県警尾道署は26日午後11時15分ごろ、広島県尾道市の飲食店で男性を殴ってケガを負わせたとして、指定暴力団・三代目俠道会系「三代目森田組」組員・西原尊久容疑者(42)=広島県尾道市向島町=を傷害の疑いで現行犯逮捕した。

広島県警尾道警察署
尾道警察署

 西原容疑者は、広島県尾道市栗原西2丁目の飲食店で面識のない会社員男性(22)に対し、店に備え付けのタブレット端末で頭を殴るなどしてケガを負わせた疑いが持たれている。

 当時、西原容疑者は飲酒していて酔った状態で、同署の調べに対し「店に行ったことは覚えているが、その他のことは覚えていない」などと供述している。

無許可営業のガールズバーから「みかじめ料」受け取り 山口組傘下幹部ら3人を再逮捕

◀◀関連記事▶▶
 宮城県警は、仙台市の繁華街・国分町の路上で、ガールズバーの店長から「みかじめ料」を受け取ったなどとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下「二代目東海興業」組員・片倉栄司容疑者(52)=仙台市太白区東中田2丁目=と、青葉区国分町のガールズバー店長の男(28)、会社役員の男(44)の3人を暴力団排除条例違反の疑いで逮捕した。

片倉栄司容疑者(52)
片倉栄司容疑者(52)

 片倉容疑者と会社役員の男は共謀して今年1月15日夜、青葉区国分町の路上で、ガールズバー「CECIL(セシル)」の店長の男から「みかじめ料」の名目で現金3万円を受け取った疑いなどが持たれている。

 また、県警はガールズバー店長の男(28)と会社役員の男(44)が、2023年11月23日に青葉区国分町のガールズバーを風俗営業の許可を得ずに無許可営業し、女性従業員に客の接待をさせたとして風営適正化法違反の疑いでも逮捕した。

 逮捕された3人は、国分町周辺の路上で、通行人に「お探しですか」「カウンター越しと隣だったらどっちがいいですか」などと声をかけ、客引き行為をしたとしてすでに逮捕されていて、一連の捜査の過程で今回の容疑が発覚した。

 県警は「捜査に支障が出る」として3人の認否を明らかにしていないが、「みかじめ料」は定期的に受け渡しがあり、暴力団の資金源になっていた可能性があるとして、引き続き調べを進めている。

レターパックで覚醒剤を郵送密売 住吉会系「幸平一家」傘下幹部を5回目の逮捕

 警視庁薬物銃器対策課と石川県警の合同捜査本部は27日までに、沖縄県の男性に覚醒剤をレターパックで郵送販売したとして、指定暴力団・住吉会系「十三代目幸平一家」傘下幹部・横田信裕容疑者(55)=東京都練馬区上石神井・同罪などで起訴=を覚醒剤取締法違反(営利目的譲渡)の疑いで再逮捕した。今回で5回目の逮捕となる。

レターパックで覚醒剤を郵送密売 住吉会系「幸平一家」傘下幹部を再逮捕
押収品
横田信裕容疑者(55)
横田信裕容疑者(55)

 横田容疑者は2023年7月26日、沖縄県に住む男性(38)に都内からレターパックで覚醒剤約1グラムを発送し、3万円で販売した疑いが持たれている。

 同本部は、横田容疑者の母親(81)=神奈川県秦野市=と、同居の女(62)も同法違反(営利目的所持)容疑で逮捕していて、横田容疑者が主導して母親ら男女3人に指示し、2022年1月~2023年10月の間、違法薬物の密売人に卸すほか、直接密売を繰り返していたとみている。

 同本部は2023年の逮捕時に、横田容疑者宅から覚醒剤約222グラム(末端価格約1370万円)、大麻約162グラム(同約97万円)、合成麻薬MDMA2692錠(同約1615万円)を押収していた。

 母親は購入者に薬物を渡すなど販売を手助けしていて、調べに対し「覚醒剤を売るのは悪いことだと知っていたが、信裕はそれで生活していた。ダメだとわかっていたが、かわいい信裕のためにやりました」と供述したという。

覚醒剤を営利目的所持 住吉会傘下幹部ら2人を逮捕 客6人も逮捕・起訴

 宮城県警仙台東署は26日までに、宮城県仙台市内で覚醒剤を営利目的で所持したとして、現在いずれも公判中の指定暴力団・住吉会傘下幹部・今関和也被告(53)=宮城野区鶴ケ谷1丁目=と、無職の男(37)を覚醒剤取締法違反などの疑いで逮捕・起訴した。覚醒剤を購入した客6人は麻薬特例法の疑いで逮捕・起訴されている。

覚醒剤を営利目的所持 住吉会傘下幹部ら2人を逮捕 客6人も逮捕・起訴
押収品

 今関被告と無職の男は共謀して2023年9月、仙台市宮城野区に駐車中の車内で覚醒剤5グラムを営利目的で所持していた疑いが持たれている。無職の男は覚醒剤使用の容疑や、2023年8月頃に客6人に覚醒剤として密売した疑いも持たれている。

覚醒剤を営利目的所持 住吉会傘下幹部ら2人を逮捕 客6人も逮捕・起訴
押収品
覚醒剤を営利目的所持 住吉会傘下幹部ら2人を逮捕 客6人も逮捕・起訴

 調べに対し、今関被告は「そのようなことは知らない」と容疑を否認し、無職の男は容疑を認めていて、県警は、覚醒剤密売の収益が暴力団の資金源になっていた組織的犯行とみて捜査している。

住吉会傘下幹部が大口出資の不動産会社 実態を隠して口座開設した男を不起訴処分

◀◀関連記事
 さいたま地検は20日、2017年9月に指定暴力団・住吉会傘下幹部が関与している会社であることなどを隠して、金融機関で口座開設を申請し、通帳1通とキャッシュカード1枚をだまし取ったとして、詐欺の疑いで逮捕されていた会社代表の男性(64)について不起訴処分とした。地検は不起訴処分の理由は明らかにしていない。

さいたま地方検察庁
さいたま地方検察庁

 会社代表の男性は2017年9月4日、金融機関職員に対して住吉会傘下幹部が同社に経営関与していることなどを隠して口座開設を申請し、通帳1通とキャッシュカード1枚をだまし取ったとして、今年1月31日に詐欺の疑いで逮捕されていた。

暴力団の威力を示して不当に金銭要求 山口組傘下幹部に中止命令

 香川県警高松南署は22日、暴力団の威力を示して不当に金を借りようとしたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下幹部(50)=香川県丸亀市=に対し、不当な要求をやめるよう中止命令を発出した。

香川県警高松南警察署
高松南警察署

 男は今年1月、香川県内在住の知人男性(68)の家に押しかけ、「居酒屋を開業したいが金に困っている。また金を貸して欲しい」などと要求し、男性が断ると、男は「(貸してくれないのなら)わし1人であんたの知り合いの暴力団を徹底的にやって潰してやる」などと暴力団の威力を示して金銭を要求したという。

「無尽講、頼母子講」と呼ばれる銀行業を無許可営業 神戸山口組系「安部組」組長ら3人を再逮捕

◀◀関連記事▶▶
 福岡県警は22日、許可を受けずに掛け金を募り一定の配当金を支払う「無尽講、頼母子講」などと呼ばれる銀行業を営んだとして、特定抗争指定暴力団神戸山口組幹部で「二代目安部組」組長・元満志郎容疑者(75)と、同組幹部・石坂義樹容疑者(48)、同組組員・橋野竜介容疑者(52)の3人を銀行法違反の疑いで再逮捕した。県警は3人の認否を明らかにしていない。

福岡県警察本部
福岡県警察本部

 元満容疑者ら3人は2023年6月、福岡県内の飲食店で事業経営者などに対して掛け金を募り一定の配当金を支払う、いわゆる「無尽講、頼母子講」を開き、現金計39万円を掛け金として受け入れた疑いが持たれていて、大臣許可を受けずに銀行業を営んだとみて銀行法違反の疑いで再逮捕した。3人は今月、すでに同容疑で逮捕されていた。

 県警は、元満容疑者らが「無尽講、頼母子講」を開いていた経緯や、余罪などを調べている。

ブランド和牛の事業展開名目での融資詐欺事件 山口組系「藤友会」を家宅捜索

◀◀関連記事▶▶
 静岡県警は22日、静岡県富士宮市でブランド和牛事業を展開する名目で不動産会社から6000万円をだまし取ったとして、元暴力団組員ら男3人が逮捕された詐欺事件で、関係先として特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「藤友会」を家宅捜索した。

ブランド和牛の事業展開名目での融資詐欺事件 山口組系「藤友会」を家宅捜索
藤友会を家宅捜索

 この事件は、県警の「藤友会」への内偵捜査の過程で発覚し、東京都渋谷区の食肉販売業で山口組系「後藤組(2008年解散)」の元組員(61)、食肉販売業の社長の男(66)=広島県広島市=と、この会社で経理の男(46)の3人を詐欺の容疑で逮捕していた。

 3人は2022年1月ごろ、経営不振の牧場を買い取り「事業が軌道に乗れば返済する」などと融資話を持ち掛け、返済する意思がないにもかかわらず、富士宮市内でブランド和牛事業を展開する名目で県外の不動産会社から現金6000万円を借り受け、だまし取った疑いが持たれている。県警は3人の認否を明らかにしていない。

 県警は、藤友会本部のを家宅捜索で金の流れなどを調べている。

自分名義のキャッシュカードを受渡 山口組系「旭導会」組員ら2人を逮捕

 北海道警釧路署は、口座の開設ができない知人の暴力団組員に自分名義のキャッシュカード1枚を譲り渡したとして無職の男(47)=北海道釧路市愛国東1丁目=と、キャッシュカードを受け取った特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「二代目旭導会」組員・高橋洋輝容疑者(50)=釧路市武佐1丁目=の2人を犯罪収益移転防止法違反の疑いで逮捕した。

北海道警釧路警察署
釧路警察署

 無職の男は2022年8月上旬から2023年1月15日までの間、自分名義のキャッシュカードを知人の高橋容疑者に渡して暗証番号を教えた疑いが持たれている。同署の暴力団関係の捜査をから今回の容疑が浮上した。

 同署は2人の認否を明らかにしていないが、暴力団であるため金融機関の口座開設ができない高橋容疑者が自分の口座として利用するために、知人の小林容疑者から譲り受けたとみて調べを進めている。

 | HOME |  »

SNS


X(旧Twitter)


Threads(スレッズ)

ブログ内キーワード検索

カテゴリ

■殺人 (279)
■殺人未遂 (268)
■傷害致死 (31)
■死体遺棄 (369)
■生命身体加害略取罪 (2)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (556)
■逮捕監禁 (83)
■脅迫・恐喝・強要 (801)
■恐喝未遂 (112)
■銃刀法違反 (385)
■発砲事件 (280)
■凶器準備結集・集合 (16)
■強盗事件 (241)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (263)
■盗品等関与罪 (8)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (25)
密漁品流通 (0)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■自然公園法違反 (2)
■証人等威迫罪 (8)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (58)
■証拠隠滅 (8)
■覚醒剤・大麻・麻薬・ドラッグ (749)
■医薬品医療機器法違反 (3)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (201)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺 (1541)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (340)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (120)
■不正アクセス禁止法違反 (10)
■公正証書原本不実記録・免状不実記載 (136)
■有印私文書偽造 (20)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (96)
■金融商品取引法違反 (3)
■銀行法違反 (10)
■会社法違反 (2)
■強制性交等罪・不同意わいせつ罪 (16)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (30)
■児童福祉法違反 (33)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (3)
■わいせつ図画販売 (19)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (52)
■売春防止法違反 (49)
■入管難民法違反 (15)
不法就労助長 (4)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (46)
■不動産侵奪 (2)
■健康保険法違反 (3)
■宅建業法違反 (4)
■職業安定法違反 (14)
■建設業法違反 (12)
■労働基準法違反 (3)
■雇用保険法違反 (1)
■不正競争防止法違反 (2)
■食品衛生法違反 (3)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (21)
■廃棄物処理法違反 (19)
不法投棄 (14)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (15)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (158)
■建造物等放火・住建造物等放火 (33)
■放火予備 (2)
■火炎瓶処罰法 (4)
■爆発物取締罰則違反 (25)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■自動車運転処罰法違反 (1)
■道路運送法・道交法違反 (82)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (23)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転・酒気帯び運転 (6)
■危険運転致傷 (4)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (32)
■威力業務妨害 (34)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (13)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (13)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■電磁的記録不正作出・共用 (6)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (8)
■政治資金規正法違反 (4)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (3)
守秘義務違反 (0)
■住民基本台帳法違反 (4)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (212)
■犯罪収益移転防止法 (13)
■暴力団対策法 (167)
用心棒料等要求行為 (4)
多数集合 (5)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (3)
使用制限命令 (32)
再発防止命令 (29)
使用者責任 (24)
賞揚等禁止命令 (5)
■中止命令 (133)
■都道府県暴力団排除条例違反 (397)
■組織犯罪処罰法違反 (258)
組織的殺人 (21)
組織的殺人未遂 (42)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (8)
組織的強要 (3)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (4)
組織的威力業務妨害 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (107)
犯罪収益隠匿 (12)
犯罪収益仮装 (2)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (10)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■暴力行為等処罰法違反 (56)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (157)
■不起訴処分 (38)
■国外 (66)
■軽犯罪法違反 (1)
■その他 (2293)
■未分類 (1535)
■横領 (2)