FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・準暴力団・匿名・流動型犯罪グループ関連の事件・ニュース速報

稲川会系幹部らと住吉会傘下幹部らの乱闘事件 「迷惑料」1万円差し出し口止め

◀◀関連記事
 千葉県警は30日、2023年8月27日に千葉県木更津市の飲食店駐車場で発生した指定暴力団・稲川会系幹部らと、指定暴力団・住吉会傘下幹部らによる十数人の乱闘事件で、飲食店の男性従業員に対し事件について口止めしようとしたとして、稲川会系「二代目習志野一家」幹部・澄浩司容疑者(40)=千葉市花見川区千種町=を証人威迫の疑いで逮捕した。

千葉県警察本部
千葉県警察本部

 澄容疑者は2023年8月31日午後4時55分~午後5時ごろ、木更津市の飲食店で男性従業員(28)に対し、「この前のケンカは仲間内のものでもう話は付いている。警察が来ても防犯カメラは見せないでくれ」などと言い、迷惑料として現金1万円を差し出し、事件について口止めしようとした疑いが持たれている。

 調べに対し、澄容疑者は容疑を否認している。澄容疑者は乱闘事件に関わった稲川会系幹部とは別の組幹部で、住吉会系幹部ら男4人と飲食店を訪れていた。

 この乱闘事件では、これまでに稲川会系、住吉会系の両組織から幹部ら13人が傷害や暴力行為法違反の疑いで逮捕されている。

大麻草58本栽培や密売 山口組系幹部らの組織的大麻事件で新たな関係者男女5人を逮捕

◀◀関連記事
 静岡県警は、千葉県内の貸家で58本の大麻草栽培や乾燥大麻を売買をしたとして、無職の男(37)=横浜市南区=、派遣社員の男(22)=埼玉県八潮市=、会社員の男(41)=横浜市中区=、契約社員の女(32)=横浜市中区=ら男女合わせて5人を大麻取締法違反で逮捕した。

千葉県内の貸家で58本の大麻草栽培や乾燥大麻を売買
58本の大麻草栽培

 無職の男は知人女性(逮捕後、処分保留で釈放)と2023年10月、横浜市南区の自宅で乾燥大麻を約60グラムを所持したほか、千葉県山武市の貸家で大麻草58本栽培したなどの疑いが持たれている。会社員の男は、妻と横浜市中区の自宅で乾燥大麻を所持していたなどの疑いが持たれている。

 また、派遣社員の男は2023年中旬ごろ、無職の男と会社員の男から大麻を譲り受けた疑いが持たれている。

 県警は今回の容疑者が、2023年6月ごろから静岡県警伊豆中央署が検挙した特定抗争指定暴力団・六代目山口組系幹部らが関与する組織的な大麻取締法違反事件の新たな関係者とみて、他の共犯者や余罪など捜査を進めている。

虚偽の誓約書提出で露店出店権利を詐取 山口組系旭導会幹部の「和泉会」会長ら男女5人を逮捕

関連記事▶▶
 北海道警旭川中央署は31日、2023年7月に北海道富良野市で開催された「北海へそ祭り」に、暴力団の身分を隠して露店を出店したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「二代目旭導会」幹部で「和泉会」会長・泉二美男容疑者(56)=旭川市=と、いずれも旭川市内に住む露天商やパート従業員ら合わせて男女5人を詐欺の疑いで逮捕した。

北海道警旭川中央警察署
旭川中央警察署

 泉容疑者らは共謀して2023年7月、富良野市で開催された「北海へそ祭り」に露店を出店するため、祭りの実行委員会に対し「暴力団関係者ではない」との虚偽の誓約書を提出し、出店の権利を不正取得したが持たれている。泉容疑者らはこの祭りで、くじや10円パンなど3つの露店を出店していた。

 同署は、泉容疑者らの認否を明らかにしていないが、2023年春ごろにこれらの情報を把握し、内偵捜査を進めていた。泉容疑者らが他の祭りでも同様の手口で露店を出店していたとみて、余罪を追及するとともに、露店の売り上げ金が暴力団の資金源になっていたとみて、金の流れなどを調べている。

新型コロナ対策「雇用調整助成金」1600万円詐取 山口組系弘道会傘下組員を逮捕

 愛知県警は、新型コロナに伴う雇用調整助成金制度の特例措置を利用し、自分が設立した会社が新型コロナの影響で休業したと虚偽の申請をして現金1630万円あまりをだまし取ったとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下組員・浅野利幸容疑者(51)=岐阜県大垣市=を詐欺などの疑いで逮捕した。調べに対し浅野容疑者は「申請はしたけど、だますつもりはなかった」と容疑を否認している。

愛知県警察本部
愛知県警察本部

 浅野容疑者は2020年7月から2022年4月にかけて、自分が設立した経営実態のない会社が新型コロナの影響で休業し、従業員らに休業手当を支給したように装って、岐阜労働局に新型コロナに伴う雇用調整助成金の支給を申請し、21回にわたって現金1632万6832円を振り込ませ、だまし取った疑いなどが持たれている。

 県警が暴力団に関する捜査を進める中で、今回の容疑が発覚。県警はだまし取った助成金が暴力団の資金源になっていたとみて詳しく調べている。

暴力団員の身分隠して偽名でゴルフ場を不正利用 山口組傘下組員を再逮捕

◀◀関連記事
 兵庫県警尼崎南署は31日、暴力団員であることを隠して偽名などでゴルフ場を不正利用したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員(46)=大阪市浪速区=を詐欺と有印私文書偽造・同行使の疑いで再逮捕した。

兵庫県警尼崎南警察署
尼崎南警察署

 男は2022年5月31日午前7時過ぎ、暴排規約を定めている兵庫県三木市内のゴルフ場で、暴力団員であることを隠して虚偽の名前や住所などを記入した受付票を提出し、ゴルフ場を利用した疑いが持たれている。調べに対し、男は「偽名を使ってゴルフ場を利用したことはあると思うが、この日付にこのゴルフ場に行ったかは覚えていない」と話している。

 男は同様の手口で三木市内の別のゴルフ場を利用した詐欺と有印私文書偽造・同行使の疑いで今月10日、同署に逮捕されていた。

岸和田市の強盗傷害事件 山口組傘下組員がスマホで指示 実行役の中高生ら計5人を逮捕

関連記事▶▶
 大阪府警は、今月7日に大阪府岸和田市で男性5人をハンマーや金属バットなどで殴打してケガを負わせたうえ、財布や車を奪ったとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「三代目杉本組」組員・曽我本竜也容疑者(22)=大阪府堺市=を強盗傷害の疑いで逮捕した。また犯行の「実行役」として15歳から19歳までの中・高生など20歳未満の少年4人も逮捕した。

曽我本竜也容疑者(22)
曽我本竜也容疑者(22)

 曽我本容疑者ら5人は今月7日、大阪府岸和田市磯上町にある長屋の2階にいた20~21歳の男性5人に対し、「お前ら金出せ」などと刃物をつきつけるなどして脅迫し、ハンマーや金属バットで頭部を殴るなど暴行を加えたうえ、現金の入った財布や車などを奪った疑いが持たれている。被害者の男性らはいずれも打撲などのケガを負った。

 府警が、犯行の「実行役」とみらる少年らのスマートフォンを解析したところ、曽我本容疑者からSNSで犯行場所を指示するメッセージが送られていた。

 府警は5人の認否を明らかにしていないが、大阪府内では今年1月以降、阪急大阪梅田駅近くや堺市、松原市で凶器を持って襲いかかる同様の手口の強盗事件が相次いでいて、曽我本容疑者らのグループが関与した可能性が高いとみて捜査を続けている。

不正取得したビルを不動産登記し組事務所に使用 山口組系竹中組若頭の「篠原会」会長を逮捕

関連記事▶▶
 愛知県警は30日、不正に取得したビルの所有権を不動産登記したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系二代目竹中組若頭で、「二代目篠原会」会長・村上茂徳容疑者(45)=名古屋市東区=を盗品等保管の疑いなどで逮捕した。

村上茂徳容疑者(45)
村上茂徳容疑者(45)

 村上容疑者は2023年2月、配下の組員が暴力団員であることを隠して不正に取得した名古屋市北区の土地と4階建てビルの所有権を、騙し取られたものと知りながら、事情を知らない司法書士を介して不動産会社に所有権を移転させ、建物などの管理を委託した疑いが持たれている。不正取得した配下組員はすでに逮捕・起訴されていて、その後の捜査から村上容疑者の関与が明らかになった。

 調べに対し、村上容疑者は容疑を否認しているが、ビルは村上容疑者の組事務所として使用されていて、県警は、暴力団の存在を隠すためにビルなどの所有権を不動産会社に移したとみて調べている。

覚醒剤密売の元締め 住吉会系幸平一家傘下「加藤連合会」幹部を逮捕 客や売人32人を検挙

 佐賀、神奈川など4県警と関東信越厚生局麻薬取締部の合同捜査本部は30日午前、大量の覚醒剤や大麻を営利目的で所持していたとして、薬物密売グループの元締めとみられる指定暴力団・住吉会系十三代目幸平一家傘下「加藤連合会」幹部・飯塚信義容疑者(44)=東京都新宿区富久町=を覚醒剤取締法違反(営利目的共同所持)と大麻取締法違反の疑いで逮捕した。佐賀県警は神奈川県警との合同捜査を進め、佐賀県内などの客や密売人など計32人を検挙している。

佐賀県警察本部
佐賀県警察本部

 飯塚容疑者は密売グループの元締めで、2023年2月に東京都江東区のビジネスホテルで覚醒剤約2.2キロ(約1億3640万円相当)と大麻約5キロ(約2500万円相当)を営利目的で所持した疑いが持たれている。

 佐賀県警は、2021年春ごろにSNSを使って全国へ違法薬物を発送していた密売情報を入手して捜査していたところ、神奈川県警などと同じ事件を追っていることが判明し合同捜査を開始。これまでに佐賀県内などの密売人6人と客26人の計32人を検挙している。

人身事故を起こしそのまま逃走 共政会系「正木組」組員を逮捕

 広島県警広島西署は30日、広島市内で車を運転中に人身事故を起こし、そのまま逃走したとして、指定暴力団・六代目共政会系「正木組」組員・枡田尚紀容疑者(46)=広島市西区福島町=を過失運転傷害と道路交通法違反の疑いで逮捕した。

広島県警広島西警察署
広島西警察署

 枡田容疑者は今月14日午後7時20分頃、広島市西区己斐本町の市道交差点で軽乗用車を運転中に、別の軽乗用車と衝突事故を起こし、運転していた男性会社員(41)に頭部打撲など全治4日間のケガを負わせたうえ、救護などの措置を取らずにそのまま逃走した疑いが持たれている。

 事故の発生直後に目撃者から110番通報があり、同署が現場周辺の防犯カメラの映像などを解析して枡田容疑者の車を特定、逮捕した。調べに対し、枡田容疑者は「事故をして逃げたことに間違いない」と供述し容疑を認めている。

弘道会傘下幹部経営のしゃぶしゃぶ店 「黒豚」「黒毛和牛」などと産地偽装し交雑種の肉を提供

関連記事▶▶
 愛知県警捜査4課は29日、愛知県豊田市のしゃぶしゃぶ店が「鹿児島県産黒豚」や「黒毛和牛」などと産地を偽装し、スーパーで買った交雑種の肉を提供したとして、この店の経営者で特定抗争指定暴力団・六代目山口組・三代目弘道会系十代目稲葉地一家傘下「稲神総業」幹部・鈴木浩且容疑者(46)=豊田市常盤町=と、鈴木容疑者の配下組員で同店従業員・高山和也容疑者(42)=同市井上町=、同店責任者の男(36)=同市山之手8丁目=の3人を不正競争防止法違反の疑いで逮捕した。警察は3人の認否を明らかにしていない。

愛知県豊田市の飲食店「美食家しゃぶしゃぶとん吉」
美食家しゃぶしゃぶとん吉
愛知県豊田市の飲食店「美食家しゃぶしゃぶとん吉」

 3人は共謀して2023年12月6日、鈴木容疑者が経営する豊田市の飲食店「美食家しゃぶしゃぶとん吉」で、提供する肉を実際には取り扱っていない「鹿児島県産黒豚」、「黒毛和牛」などとホームページやメニュー表などに虚偽表示し、スーパーなどで買った交雑種の豚肉や牛肉を提供した疑いが持たれている。2023年10月に警察に産地偽装の情報提供が寄せられ事件が発覚、入手した肉を鑑定し「交雑種」と判明した。

鈴木浩且容疑者(46)
鈴木浩且容疑者(46)

 店の厨房からは肉のパックの白いトレーが見つかり、スーパーなどで買った肉を提供していたとみられ、県警は、虚偽表示で得た売り上げが暴力団の資金源になっていたとみて金の流れなどを調べている。

売春収益からみかじめ料 「福島連合」組員を逮捕、客引き行為で「茶谷政一家」傘下組長らを逮捕

◀◀関連記事▶▶
 北海道警札幌中央署は30日、2023年11月に売春防止法違反の疑いで摘発された札幌市中央区の繁華街・ススキノのソープランド「キングダム」から、売春など違法営業で得た売り上げの一部を「みかじめ料」として受け取っていたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下「二代目福島連合」組員・小関泰輝容疑者(42)=自称・札幌市北区新川西3の4=を組織犯罪処罰法(犯罪収益収受)の疑いで、また、ソープランドの客引き行為をしたとして山口組茶谷政一家幹部で「戸田組」組長・戸田誠容疑者(62)=自称・同市中央区南7西5=と、同組員・紙弘幸容疑者(58)=同市東区北21東22=の2人を北海道迷惑行為防止条例違反(客引き)の疑いでそれぞれ逮捕した。

ススキノのソープランド「キングダム」

 「キングダム」は2020年10月からの3年間で少なくても7億円以上の売り上げがあり、小関容疑者は2023年10月にこの店が売春で違法に得た売り上げの一部である現金10万円を「みかじめ料」名目で受け取った疑いが持たれていて、年間100万円以上が小関容疑者から「福島連合」に流れていたとみられていている。

 また、戸田容疑者らは2023年1月にススキノで通行人をソープランドに案内する客引き行為をした疑いが持たれている。戸田容疑者らは客引きグループの後ろ盾として、これらのグループから年間200万円以上が「茶谷政一家」に流れていたとみられている。

 同署は3人の認否を明らかにしていないが、暴力団の重要な資金源になっていたとみて引き続き、金の流れや余罪などを捜査している。

「鳥貴族」系列店を装い勧誘・ぼったくり チャイニーズドラゴン関係者ら客引きグループ15人を逮捕

関連記事▶▶
 警視庁暴力団対策課は29日までに、大手焼き鳥チェーン「鳥貴族」の系列店を装って客引きをし、自分たちの店に連れ込むなど業務を妨害したとして、いずれも準暴力団チャイニーズドラゴン関係者・高橋謙治容疑者(58)=東京都豊島区西巣鴨2=と、張鵬容疑者(47)=中国籍・新宿区下落合3=ら客引きグループメンバーの男女計15人を偽計業務妨害容疑で逮捕した。同課は容疑者らの認否を明らかにしていない。

警視庁本部
警視庁本部

 このグループは2023年3月と8月、歌舞伎町の路上で大手焼き鳥チェーンの「鳥貴族」を訪れようとした男性らに、「混んでいるのですぐに入れない。系列店を紹介する」などとウソを言い、高橋容疑者らが運営する居酒屋「とりみち」や「とりきち酒場」の2店舗に勧誘した疑いが持たれている。客引きグループのメンバーは小型無線機「インカム」を使って空席状況を問い合わせるふりをしたり、鳥貴族のロゴが入ったボードを見せたりして客を信用させていた。

 高橋容疑らが運営する飲食店は、割高な飲食代金を支払わされたという「ぼったくり被害」の通報が相次いでいて、店名は頻繁に変えていたという。SNSなどでも「ぼったくり被害に遭った」という投稿が多く見られ、店内のレジ横には「店内撮影禁止」「撮影が発覚した場合、1万円いただきます」と張り紙があり、「飲み放題1200円」と勧誘しながら、3980円を請求するなどしていたという。友人と一緒にいるところを声をかけられた女性会社員が「鳥貴族は1時間待ち」と言われ、案内された同店で焼き鳥の盛り合わせと塩キャベツを注文し15分間で1万円8000以上を払わされた被害もあるという。

 鳥貴族では、客引き行為を一切行っていない。一部の鳥貴族の店舗では「系列店を装った悪質な客引きにご注意ください」と注意喚起していた。

 このグループは歌舞伎町最大の客引き集団とみられ、常時20~30人が所属していたという。同課は背景に組織の関与があるとみて、詳しい実態を調べている。

スノーブラシで面識ない男性の頭を殴りケガ 山口組系大石組傘下「松平興業」組員を逮捕

 札幌市白石区の飲食店の駐車場で、面識のない男性(30代)の頭を車のスノーブラシで殴ってケガを負わせたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系二代目大石組傘下「松平興業」組員・土肥信也容疑者(53)=札幌市清田区真栄=を傷害の疑いで逮捕した。調べに対し土肥容疑者は「スノーブラシを構えたり、上げ下げしたけど、当たっていない」などと供述し、容疑を否認している。

土肥信也容疑者(53)
土肥信也容疑者(53)

 土肥容疑者は今月7日午後6時15分ごろ、札幌市白石区本通の飲食店の駐車場で面識のない男性(30代)に対し、車のスノーブラシで頭を殴り打撲などのケガを負わせた疑いが持たれている。被害者の男性が自ら「彼女がイチャモンをつけられた。スノーブラシで頭を叩かれた」などと110番通報し、事件が発覚した。何らかの原因でトラブルになり、腹を立てての犯行とみられている。

 警察官が駆けつけた際、土肥容疑者は既に現場から立ち去っていたが、目撃情報などから土肥容疑者を特定し25日夕方に逮捕した。同署は、引き続きト犯行に至った経緯を調べるなど容疑の裏づけを進めている。

暴走族の少年らに暴走行為などを指示 稲川会傘下組員を逮捕

 神奈川県警交通捜査課と相模原署は25日、暴走族の少年らに暴走行為をするよう指示したとして、塗装業で指定暴力団・稲川会傘下組員(40)=相模原市中央区横山4丁目=を道交法違反(共同危険行為等の禁止)教唆の疑いで逮捕した。

神奈川県警察本部
神奈川県警察本部

 男は2023年5月下旬ごろから同6月1日までの間、暴走族の少年らに対し暴走行為をするよう指示し、同3日午後8時ごろから約10分間、乗用車1台とバイク15台に分乗して相模原市中央区内の国道16号など約5・4キロを蛇行運転や道路いっぱいに広がっての走行などを繰り返させた疑いが持たれている。

 男は「記憶にないので分かりません」などと供述し容疑を否認しているが、暴走行為をした少年らの供述などから男が浮上した。

「禁止区域」に暴力団事務所を開設・運営 山口組傘下幹部ら2人を逮捕

 福岡県警東警察署は25日、福岡県内の禁止区域内に暴力団事務所を開設、運営したとして特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下幹部・千徳和幸容疑者(54)=福岡県筑前町上高場=と、無職の男(73)=福岡県筑前町新町=の2人を福岡県暴力団排除条例違反の疑いで逮捕した。同署は2人の認否を明らかにしていない。

福岡県警東警察署
福岡県警東警察署

 千徳容疑者らは2023年3月ごろから同年11月22日まで、県の条例で暴力団事務所の開設や運営が禁止されている区域内にある福岡県朝倉市内のビルで、暴力団組事務所を開設・運営した疑いが持たれている。県警が関係者からの情報を得て、千徳容疑者らの関与が浮上した。

 条例では学校や幼稚園など施設の周囲200メートルに事務所を開設、運営することが禁止されている。

弘道会系野内組傘下「栗山組」組員射殺事件 稲川会系「田中一家」幹部に無期懲役を求刑

◀◀関連記事▶▶
 前橋地裁(山下博司裁判長)で23日、2020年1月に群馬県桐生市天神町のアパート駐車場で、特定抗争指定暴力団・六代目山口組・三代目弘道会野内組傘下「二代目栗山組」組員・中西啓祐こと喜原啓祐さん(当時51)が拳銃で殺害された事件で、殺人と銃刀法違反(発射、加重所持)の罪に問われた指定暴力団・稲川会系「七代目田中一家」幹部・周東由記被告(46)=群馬県太田市=の裁判員裁判の論告求刑公判が開かれ、検察側は「銃を撃つ発射役で、バットを持つ援護役に加勢を指示するなど実行行為を担った」として無期懲役を求刑した。

六代目山口組・三代目弘道会系野内組傘下「二代目栗山組」の中西啓祐こと喜原啓祐組員射殺事件
事件当時の現場付近
六代目山口組・三代目弘道会系野内組傘下「二代目栗山組」の中西啓祐こと喜原啓祐組員射殺事件

 周東被告は他の田中一家幹部ら3人と共謀して2020年1月24日、桐生市の喜原さんの自宅アパート駐車場で拳銃1丁と実弾3発を所持し、喜原さんに向けて2発を発射して頭と胸に命中させ、殺害したとされる。

 検察側は「拳銃自体が禁制品であり、殺傷能力が高い45口径の銃を使った上、近距離から2発目を発射するなど確実に殺害する態様だった」と危険性と悪質さを非難した。

 一方、弁護側は「動機がなく、組員の男が発射役として関わった客観的な証拠はない。関係者の供述は信用できない」として無罪を主張した。

 この事件を巡っては、2022年8月に周東被告ら田中一家幹部3人と無職の男1人が群馬県警に同容疑で逮捕され、うち無職の男には2023年10月に懲役20年(求刑・懲役25年)の実刑判決が言い渡されている。

山口組系「國粹会」傘下組長を牛刀で刺殺 男に懲役7年の実刑判決

◀◀関連記事
 東京地裁(島戸純裁判長)で24日、かつては友人だった暴力団組長からの金銭要求に応じ続け、約1億2千万円を渡した末に牛刀で刺して死亡させたとして殺人罪などに問われた佐々木文俊被告(37)の判決公判が開かれ、佐々木被告に対し懲役7年の実刑判決を言い渡した。

秋葉原で脇腹に刃物が刺さった男性死亡 みかじめ料巡るトラブルか
事件当時の現場周辺
秋葉原 暴力団関係者刺殺事件 知人の男を逮捕

 佐々木被告は2022年7月21日午後6時40分ごろ、東京都千代田区の秋葉原駅近くの路上で、当時・特定抗争指定暴力団・六代目山口組系五代目國粹会傘下「十五代目東京生井一家」幹部で、「沖田組」組長・沖田健治こと山中健司さん(当時34)の左腹部を刃渡り22センチの牛刀で刺して死亡させたとされる。佐々木被告は犯行後、そのまま警視庁万世橋署に出頭した。

 佐々木被告は2013年頃に、たまたま居合わせた行きつけの居酒屋で当時、暴力団には所属していなかった山中さんと意気投合し、親しい友人関係となったという。山中さんは2015年頃に暴力団員となり、2017年には暴力事件で逮捕・起訴されたが、友人関係は続いていて、佐々木被告は友人として山中さんの妻と裁判を傍聴し、拘置所に本の差し入れなどもしていたという。

 2018年に山中さんが保釈されると、続いていた友人関係は一変し、「ボス」と呼ぶように強要され、「俺がいなかった間の80万円を払え」などと要求され、断ると暴行を受け、差し入れの際に当時住んでいた実家の住所を書いたことで住所がバレ、両親や妻子を殺すなどと脅されていた。

 山中さんは周囲に佐々木被告を「コイツは俺のポケモン。命令すれば何でもやる」などと吹聴し、金銭の要求はエスカレートしていき、佐々木被告は母から約2400万円、妻から約1100万円を借金して合計約1億2000万円を山中さんに渡していた。

 一方で、山中さんの妻は「佐々木は(夫の)1番の親友でした」と証言し、両者の主張は真っ向から対立。佐々木被告は起訴内容を認めており、量刑の判断となる2人の関係性が焦点となっていた。

 裁判長は判決理由について「両親や妻子を殺すと脅され支配関係にあった。多額の金銭を要求され困窮し絶望し、衝動的に犯行に至った」と背景を考慮したとし、懲役7年の判決を言い渡した。

 佐々木被告の退廷の際には、山中さんの妻が「佐々木、覚えてろ!」と叫び、警備員から制止される場面もあった。

福岡県公安委員会:「工藤会」暫定トップの理事長に再発防止命令

 福岡県公安委員会は23日、特定危険指定暴力団工藤會の暫定トップの理事長で「六代目田中組」組長(49)に対し、県暴力団排除条例に基づく再発防止命令を出した。

福岡県公安委員会
福岡県公安委員会

 この命令で理事長は、工藤會の傘下組員に対して縄張りの設定、維持を目的に、北九州市や福岡市の繁華街にある飲食店や建設業者への立ち入りや、面会の要求などをしないよう組員に指示しなければならない。

 この再発防止命令は、2023年に工藤會系組員が建設業関係者から金銭を脅し取ろうとして逮捕されたのを受けた措置で、命令の有効期間は1年間。

新型コロナ支援「特例貸付金」180万円を不正受給 山口組傘下組員と妻を逮捕

 兵庫県警伊丹署、篠山署は23日、暴力団員であることを隠して新型コロナウイルス支援「特例貸付金」180万円を不正に受給したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員(59)=兵庫県宝塚市=と、妻のパート従業員(61)=同=を詐欺の疑いで逮捕した。

兵庫県警察本部
兵庫県警察本部

 組員と妻の2人は2020年9月3日~21年5月6日ごろ、暴力団員ではないと偽って、妻が県社会福祉協議会から特例貸付金の「総合支援資金」を3回申請し、計180万円をだまし取った疑いが持たれている。

 組員の男は「暴力団員はだめという約款があったことは知らなかった」と容疑を否認し、妻は「そのころ夫が暴力団員だったかはよく覚えていない」などとと容疑を否認している。

車上荒らし中に所有者に見つかり逃走の際に車で重傷を負わせた男2人を逮捕

◀◀関連記事
 静岡県警袋井署は、2023年5月に静岡県森町の住宅の駐車場で、車から金品を盗もうとして逃げる際、車を急発進させ車の所有者の男性にケガを負わせたとして、無職の男(47)=住所不定=と無職の男(56)=住所不定=の2人を強盗傷害の疑いで逮捕した。同署は2人の認否を明らかにしていない。

静岡県警袋井警察署
袋井警察署

 2人は共謀して2023年5月2日未明、森町の住宅の駐車場に止めてあった車から金銭やクレジットカードを盗もうとした際、車の所有者の男性に見つかったため逃げようとして乗ってきた車を急発進し、男性を転倒させて肋骨骨折などの重傷を負わせた疑いが持たれている。2人のうち1人が同日、別の車からもクレジットカードを盗んでいて、カードの使用履歴や乗っていた車などから、2人の関与が浮上した。

 森町や周辺地域では2023年1月から5月までの間、約20件の車上荒らしが発生し、現金など約180万円の被害が確認されていて、同署は、2人が関与していた可能性があるとみて捜査するとともに、2023年12月に逮捕されている指定暴力団・稲川会傘下幹部の指示役などとしての関与の有無など調べを進めている。

 | HOME |  »

SNS


X(旧Twitter)


Threads(スレッズ)

ブログ内キーワード検索

カテゴリ

■殺人 (265)
■殺人未遂 (262)
■傷害致死 (31)
■死体遺棄 (369)
■生命身体加害略取罪 (2)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (551)
■逮捕監禁 (82)
■脅迫・恐喝・強要 (796)
■恐喝未遂 (113)
■銃刀法違反 (378)
■発砲事件 (280)
■凶器準備結集・集合 (16)
■強盗事件 (241)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (260)
■盗品等関与罪 (7)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (25)
密漁品流通 (0)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■自然公園法違反 (2)
■証人等威迫罪 (9)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (55)
■証拠隠滅 (7)
■覚醒剤・大麻・麻薬・ドラッグ (742)
■医薬品医療機器法違反 (3)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (198)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺 (1512)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (327)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (118)
■不正アクセス禁止法違反 (10)
■公正証書原本不実記録・免状不実記載 (134)
■有印私文書偽造 (19)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (95)
■金融商品取引法違反 (2)
■銀行法違反 (8)
■会社法違反 (2)
■強制性交等罪・不同意わいせつ罪 (16)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (28)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (3)
■わいせつ図画販売 (19)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (52)
■売春防止法違反 (49)
■入管難民法違反 (15)
不法就労助長 (4)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (46)
■不動産侵奪 (2)
■健康保険法違反 (3)
■宅建業法違反 (4)
■職業安定法違反 (14)
■建設業法違反 (12)
■労働基準法違反 (3)
■雇用保険法違反 (1)
■不正競争防止法違反 (2)
■食品衛生法違反 (3)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (21)
■廃棄物処理法違反 (19)
不法投棄 (14)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (15)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (157)
■建造物等放火・住建造物等放火 (33)
■放火予備 (2)
■火炎瓶処罰法 (4)
■爆発物取締罰則違反 (24)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■自動車運転処罰法違反 (1)
■道路運送法・道交法違反 (82)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (23)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転・酒気帯び運転 (6)
■危険運転致傷 (4)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (32)
■威力業務妨害 (34)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (13)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (13)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■電磁的記録不正作出・共用 (5)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (8)
■政治資金規正法違反 (4)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (3)
守秘義務違反 (0)
■住民基本台帳法違反 (4)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (212)
■犯罪収益移転防止法 (12)
■暴力団対策法 (162)
用心棒料等要求行為 (4)
多数集合 (5)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (3)
使用制限命令 (32)
再発防止命令 (28)
使用者責任 (24)
賞揚等禁止命令 (5)
■中止命令 (131)
■都道府県暴力団排除条例違反 (391)
■組織犯罪処罰法違反 (252)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (40)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (8)
組織的強要 (2)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (4)
組織的威力業務妨害 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (106)
犯罪収益隠匿 (12)
犯罪収益仮装 (2)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (10)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■暴力行為等処罰法違反 (53)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (159)
■不起訴処分 (39)
■国外 (66)
■軽犯罪法違反 (1)
■その他 (2300)
■未分類 (1535)
■横領 (2)