FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・準暴力団・匿名・流動型犯罪グループ関連の事件・ニュース速報

無登録貸金業「ヤミ金」 山口組系「司興業」傘下組長ら3人を不起訴処分

>>関連記事
 盛岡地検は、岩手県盛岡市内で無登録で現金を貸し付けるいわゆる「ヤミ金業」を営んでいたとして、今年10月に貸金業法違反の疑いで逮捕された、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「三代目司興業」傘下組長(48)=岩手県滝沢市=ら3人について、今月15日付で不起訴処分とした。

盛岡地方検察庁
盛岡地方検察庁

 組長ら3人は共謀して2019年1月から2022年8月までの約3年半に渡り、盛岡市内で無登録でいわゆる「ヤミ金業」を営み、複数人に対し現金あわせて数百万円を貸付しつけ、違法な高金利を得ていたとして10月25日に逮捕されていた。

 地検は、不起訴処分の理由について「証拠関係などを考慮した」としている。

タクシー運転手に「自分は旭導会組員」 3710円無賃乗車 山口組系旭導会傘下組員を逮捕

 北海道警旭川東署は21日、今月9日に北海道旭川市でタクシーの無賃乗車したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「二代目旭導会」傘下組員・荻原鳳希容疑者(21)=住所不定=を詐欺の疑いで逮捕した。同署は荻原容疑者の認否を明らかにしていない。

北海道警旭川東警察署
旭川東警察署

 荻原容疑者は今月9日午前9時半ごろ、旭川市内でタクシーに乗車する際、運転手に自らの名前を名乗ったうえ、自分が旭導会の組員であることを伝えた上で、代金を支払う意思がないのにタクシーに乗車し、タクシー代金3710円を支払わなかった疑いが持たれている。荻原容疑者の会話はドライブレコーダーに記録が残されていた。

 同署は、タクシー会社からの被害届を受け、ドライブレコーダーの分析などから荻原容疑者を特定し、21日午後1時半ごろ、旭導会本部にいた荻原容疑者を逮捕した。

 同署は、当時の状況や経緯などを詳しく調べている。

蕨郵便局人質立てこもり事件 男を殺人未遂や銃刀法違反などで再逮捕

>>関連記事
 埼玉県警は21日、今年10月31日に埼玉県蕨市の蕨郵便局であった人質立てこもり事件で、人質強要処罰法違反容疑で逮捕された無職・鈴木常雄容疑者(87)=埼玉県戸田市=について、警察官に向けて拳銃を発砲したとする殺人未遂や、銃刀法違反(加重所持、発射)、器物損壊などの容疑で再逮捕した。調べに対し、鈴木容疑者は「殺そうと思って撃ったわけではない」などと供述している。

鈴木常雄容疑者(86)
鈴木常雄容疑者(87)

 鈴木容疑者は10月31日、蕨郵便局に女性局員2人を人質に約8時間立てこもり、現場にいた警察官に拳銃を突きつけたほか、拳銃を2回発砲し、殺害しようとした疑いが持たれている。うち銃弾1発がパトカーのタイヤを貫通してパンクさせた上、近くの住宅の壁を損壊させ、もう1発は郵便局内の壁を損壊するなどした疑いも持たれている。人質の女性局員2人のうち、1人は解放され、もう1人は自力で逃げ出して無事だった。

 鈴木容疑者は拳銃の入手経路について「ずっと昔、暴力団関係者から受け取った」などと説明していて、県警は関係者から事情を聴くなどして、拳銃の入手経路の特定を進めている。

 鈴木容疑者は、蕨郵便局立てこもり直前に発生した、戸田中央総合病院に向けて拳銃が発砲され、1階の診察室にいた医師と患者が割れたガラスでケガを負った事件や、鈴木容疑者の自宅アパートが全焼する火災にも関与も認めていて、県警は殺人未遂や現住建造物等放火容疑などでも捜査している。

松山市郊外の覚醒剤密造工場摘発事件 新たに住吉会傘下組員を逮捕

 愛媛県警は21日、愛媛県松山市郊外の覚醒剤の製造工場が摘発され、男女10人が検挙された事件で、新たに指定暴力団・住吉会傘下組員・森貴裕容疑者(51)=東京都渋谷区=を覚醒剤取締法違反(覚醒剤営利目的製造)の疑いで逮捕した。県警は「捜査に支障がある」として森容疑者の認否を明らかにしていない。

松山市郊外の覚醒剤密造工場摘発事件 新たに住吉会傘下組員を逮捕
押収品
松山市郊外の覚醒剤密造工場摘発事件 新たに住吉会傘下組員を逮捕2

 森容疑者は仲間と共謀して今年5月24日から30日の間に、松山市郊外の民家で覚醒剤103グラム(末端価格およそ640万円相当)を製造した疑いが持たれていて、この事件での逮捕者は森容疑者を含め、台湾人の男や日本人の男女など11人となった。森容疑者は覚醒剤の製造計画に関わっていたとみられている。

松山市郊外の覚醒剤密造工場摘発事件 新たに住吉会傘下組員を逮捕3
押収品
松山市郊外の覚醒剤密造工場摘発事件 新たに住吉会傘下組員を逮捕4

 県警が覚醒剤密造の情報を得て今年5月、松山市内の現場に踏み込むと台湾在住の男だけがいて、覚醒剤を所持していたため覚醒剤取締法違反(所持)容疑で現行犯逮捕した。

 その後の捜査から日本人の男女ら数人を逮捕し、暴力団関係者ら数人の関与も判明。暴力団関係者らは、来日した台湾在住の男ら数人を空港から製造現場まで送迎したり、密造場所を提供したりするなど、役割を分担していたとみられている。

 逮捕された台湾在住の男は、過去にも数回、覚醒剤を製造する目的で来日したことがあるといい、「作り方は来日前に教わった。お金がもらえると聞いてやった」と供述。地検は7月に男らを同法違反(所持)で起訴し、8月下旬に同法違反(営利目的製造)に訴因変更していた。

 県警は、背後に国際的密造グループの存在の有無や、暴力団による組織的関与、流通ルートや資金の流れなど全容解明を進めている。

暴排規約ある自動車販売会社で知人名義で新車購入 松葉会傘下幹部を逮捕

 群馬県警組織犯罪対策課と藤岡署は20日、指定暴力団・松葉会傘下幹部(50)=群馬県高崎市=と、会社員の男(30)=群馬県前橋市=を詐欺の疑いで逮捕した。県警は「捜査に支障がある」として2人の認否を明らかにしていない。

群馬県警察本部
群馬県警察本部

 2人は共謀して2017年7月28日、暴力団員などとの取引拒絶をしている群馬県内の自動車販売会社でし、暴力団関係者が使用する目的を隠して会社員の男を登録人名義として新車購入を申し込み、同年9月1日に乗用車1台(販売価格約369万円)を納車させてだまし取った疑いが持たれている。

 2021年6月に別の事件で現場に駆け付けた警察官が、この車を運転している松葉会傘下幹部を発見して犯行が発覚した。

 県警は、2人の関係性や犯行の動機など、詳しい経緯を調べている。

無許可で労働者を工事現場に派遣 稲川会傘下幹部を再逮捕

関連記事▶▶
 群馬県警組織犯罪対策課と高崎署などは20日、国の許可を受けずに無許可で労働者を建設会社の工事現場に派遣し、土木業務に従事させたとして、建築会社「柴工業」(本社・高崎市金古町)の実質的経営者で、指定暴力団・稲川会傘下幹部・金崎拓巳容疑者(48)=群馬県前橋市三河町=を労働者派遣法違反の疑いで再逮捕した。県警は「捜査に支障があ」るとして認否を明かしていない。

群馬県警高崎警察署
高崎警察署

 金崎容疑者は、既に逮捕されている「柴工業」代表取締役社長で金崎容疑者の内縁の妻(25)=桐生市広沢町=と、派遣先の建設会社取締役の男(48)=高崎市貝沢町=の2人と共謀し、今年4月6日~14日の間、許可を受けずに群馬県高崎市にある建築会社の労働者4人を、18回にわたって別の建設会社の工事現場に派遣して、労働者派遣法で禁止されている土木業務に従事させた疑いが持たれている。

 県警は今月7日、虚偽の住所で自動車運転免許証を申請したとして、金崎容疑者を逮捕していた。

知人の銀行キャッシュカードを不正借用 山口組系「淡海一家」若頭を逮捕

関連記事▶▶
 滋賀県警組織犯罪対策課と草津署は21日、知人のキャッシュカードを不正に借りたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「淡海一家」のナンバー2の若頭・上野隆容疑者(62)=滋賀県守山市古高町=を犯罪収益移転防止法違反の疑いで逮捕した。県警は「捜査に支障がある」として上野容疑者の認否を明らかにしていない。

淡海一家本部
淡海一家本部

 上野容疑者は2021年8月24日~31日と2022年4月27日~5月9日からにかけて、知人の自営業男性(55)に借りた銀行口座のキャッシュカード1枚を2度にわたって使い、現金80万9千円を引き出していた疑いが持たれている。

 県警が、暴力団員と関わりのある人物の銀行口座を調べていたところ、この口座に不審な金の出入りがあり、捜査を進めた結果、上野容疑者の関与した疑いが強まったとして逮捕した。

 県警は、山口組への上納金だった可能性もあるとみて、金の流れや詳しい経緯などを調べている。

露天商組合が山口組系「平井一家」総裁に「みかじめ料」約2000万円の返還求め提訴

◀◀関連記事▶▶
 愛知県豊橋市などを拠点とする約30人の露天商で構成される「愛知県東部街商協同組合」は21日、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「十一代目平井一家」の薄葉暢洋総裁に対し、2019年以降に支払った「みかじめ料」の2020万6000円の返還を求める損害賠償請求訴訟を起こした。

十一代目平井一家
十一代目平井一家

 同組合は、平井一家に繰り返し利益を供与したとして、今年2月に愛知県公安委員会から組合名公表の行政処分を受け、7月には、暴力団との「決別」を宣言して2022年までの過去3年間で支払ったみかじめ料のうち、1000万円の返還を求めて平井一家に内容証明を送っていた。

 露天商組合が暴力団に対してみかじめ料の返還を求め、損害賠償請求訴訟を起こすのは全国初となる。

被害届を出さないように男性を脅す 風俗スカウト「ナチュラル」幹部ら2人を逮捕

◀◀関連記事▶▶
 警視庁暴力団対策課は21日までに、国内最大規模とされる違法風俗スカウトグループ「ナチュラル」のメンバーの男性が監禁された事件で、被害届を出さないように男性を脅したとして、ナチュラルグループ幹部・佐藤雄己容疑者(30)=東京都新宿区下落合=を組織犯罪処罰法違反(強談威迫)の疑いで逮捕し、幹部補佐・佐久間裕也容疑者(28)を同容疑で再逮捕した。同課は2人の認否を明らかにしていない。

警視庁本部
警視庁本部

 佐藤容疑者らは共謀して今年4月22日、被害男性に複数回電話をかけ「事件化しませんというのを1通ずつ持っていれば、これで終わりねってできるじゃん」などと言い、監禁事件の被害届の取り下げや示談を強い言葉で脅す強談威迫行為をした疑いが持たれている。

 同課は、グループの規約を破ったメンバーの男性(30)を「制裁」として今年2月17日~25日の間、東京都新宿区歌舞伎町のマンションに監禁してフライパンやバイクのヘルメットなどで暴行を加えた上、わいせつな行為をし全治約6カ月の大ケガを負わせたなどとして、22~33歳のメンバーの男14人を監禁と強制わいせつ致傷の疑いで10月に逮捕している。

 ナチュラルのメンバーは計約1500人に上り、歌舞伎町を中心に全国の繁華街の路上などで女性に声をかけ、風俗店やキャバクラなど数千店規模に従業員として法に触れる形で紹介し、年商は約50億円に上るとみられていて、警視庁は、資金の一部が暴力団に流れている可能性があるとみて全容解明を進めている。

 | HOME | 

SNS


X(旧Twitter)


Threads(スレッズ)

ブログ内キーワード検索

カテゴリ

■殺人 (265)
■殺人未遂 (262)
■傷害致死 (31)
■死体遺棄 (369)
■生命身体加害略取罪 (2)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (551)
■逮捕監禁 (82)
■脅迫・恐喝・強要 (796)
■恐喝未遂 (113)
■銃刀法違反 (378)
■発砲事件 (280)
■凶器準備結集・集合 (16)
■強盗事件 (241)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (260)
■盗品等関与罪 (7)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (25)
密漁品流通 (0)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■自然公園法違反 (2)
■証人等威迫罪 (9)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (55)
■証拠隠滅 (7)
■覚醒剤・大麻・麻薬・ドラッグ (742)
■医薬品医療機器法違反 (3)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (198)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺 (1512)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (327)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (118)
■不正アクセス禁止法違反 (10)
■公正証書原本不実記録・免状不実記載 (134)
■有印私文書偽造 (19)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (95)
■金融商品取引法違反 (2)
■銀行法違反 (8)
■会社法違反 (2)
■強制性交等罪・不同意わいせつ罪 (16)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (28)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (3)
■わいせつ図画販売 (19)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (52)
■売春防止法違反 (49)
■入管難民法違反 (15)
不法就労助長 (4)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (46)
■不動産侵奪 (2)
■健康保険法違反 (3)
■宅建業法違反 (4)
■職業安定法違反 (14)
■建設業法違反 (12)
■労働基準法違反 (3)
■雇用保険法違反 (1)
■不正競争防止法違反 (2)
■食品衛生法違反 (3)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (21)
■廃棄物処理法違反 (19)
不法投棄 (14)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (15)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (157)
■建造物等放火・住建造物等放火 (33)
■放火予備 (2)
■火炎瓶処罰法 (4)
■爆発物取締罰則違反 (24)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■自動車運転処罰法違反 (1)
■道路運送法・道交法違反 (82)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (23)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転・酒気帯び運転 (6)
■危険運転致傷 (4)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (32)
■威力業務妨害 (34)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (13)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (13)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■電磁的記録不正作出・共用 (5)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (8)
■政治資金規正法違反 (4)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (3)
守秘義務違反 (0)
■住民基本台帳法違反 (4)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (212)
■犯罪収益移転防止法 (12)
■暴力団対策法 (162)
用心棒料等要求行為 (4)
多数集合 (5)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (3)
使用制限命令 (32)
再発防止命令 (28)
使用者責任 (24)
賞揚等禁止命令 (5)
■中止命令 (131)
■都道府県暴力団排除条例違反 (391)
■組織犯罪処罰法違反 (252)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (40)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (8)
組織的強要 (2)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (4)
組織的威力業務妨害 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (106)
犯罪収益隠匿 (12)
犯罪収益仮装 (2)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (10)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■暴力行為等処罰法違反 (53)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (159)
■不起訴処分 (39)
■国外 (66)
■軽犯罪法違反 (1)
■その他 (2300)
■未分類 (1535)
■横領 (2)