FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

「みかじめ料」など現金33万円を他人のポストに投函させ受取 共政会系「正木組」幹部を再逮捕

>>関連記事
 広島県警は、広島市にある接待を伴う飲食店の経営者から脅し取った「みかじめ料」などを、他人名義の住宅のポストに入れさせ、その現金を受け取ったとして、指定暴力団・六代目共政会系「正木組」幹部・宮田紀之容疑者(47)=広島市中区田中町=を組織的犯罪処罰法違反の疑いで再逮捕した。調べに対し、宮田容疑者は容疑を否認している。

宮田紀之容疑者(47)
宮田紀之容疑者(47)

 宮田容疑者は今年7月24日、広島市中区にある接待を伴う飲食店の男性経営者(20代)から脅し取った「みかじめ料」3万円と、出所不明の30万円のあわせて現金33万円を、中区にある他人名義の住宅の玄関ポストに投函させ、その現金を受け取った疑いが持たれている。

 宮田容疑者は、この男性経営者から「みかじめ料」として計17回にわたり現金あわせて51万円を脅し取ったとして、今年10月19日に恐喝の疑いで逮捕され、翌20日に送検されていた。

 県警は、ポストに投函された現金の内訳や、動機などを詳しく調べている。

松葉会本部ビル 地権者が土地の明け渡しを求め提訴

 東京地裁に8日、指定暴力団・松葉会が本部事務所を置く東京都台東区のビル敷地について、地権者の法人が松葉会側に土地の明け渡しを求め提訴した。

松葉会本部ビル
松葉会本部ビル

 松葉会の本部事務所が入るビルを所有しているのは、松葉会幹部が役員を務める関連企業とみられる。原告は1995年にこの企業と土地の賃貸借契約を結んだが、当時は関連企業であることも、暴力団事務所として使われることも知らなかったと説明。ビルは1996年に建てられ、遅くとも1997年から松葉会の本部事務所として使われているという。訴訟では「反社会的勢力に使用されることを想定して貸したわけではなく、契約の解除事由になる」と主張する方針。

 このビルでは2020年1月25日、1階に火炎瓶のような物が投げ込まれてシャッターなどが焦げる事件が発生。原告側は背景に暴力団同士の抗争があったとして、「延焼で周辺住民が巻き込まれる可能性があった。危険な攻撃を招いており、土地を貸し続けるのは困難だ」と主張。「松葉会総本部事務所は、国内有数の観光地である浅草の目と鼻の先にあり、周辺に縄張りを誇示するなど松葉会にとって極めて重要な存在だ」、「撤去は同会の弱体化、撲滅に大きな意義がある」として、「本部事務所が存在する限り、周辺住民や観光客らの生命、身体への危険は除去することができない」と訴えた。

 原告側は、裁判の前に所有権を第三者に移転されることを防ぐため、ビルの譲渡などを禁止する仮処分を申し立てていて、東京地裁に認められた。

知り合ったばかりの女性から現金20万円詐取 山口組系石井一家傘下「大友会」幹部を逮捕

 大分県警は、知り合ったばかりの女性に「会社経営をしていて資金繰りが苦しい」などとウソをついて現金20万円をだまし取ったとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系四代目石井一家傘下「三代目大友会」幹部・河野雄太容疑者(40)を詐欺の疑いで逮捕した。

大分県警察本部
大分県警察本部

 河野容疑者は2022年5月10日午前、大分市内の駐車場で40代の女性に会社を経営しているとウソをつき「会社の資金繰りが苦しい。支払いもあり、必ず返す」などと言って現金20万円をだまし取った疑いが持たれている。

 被害者の女性は、河野容疑者が暴力団組員とは知らずに知り合ったばかりで、今年2月に女性が警察に相談して捜査を進めていた。

 県警は、だまし取った現金の流れや動機などについて詳しく調べている。

脅迫容疑で傘下組員の逮捕受け「小桜一家」本部事務所を家宅捜索

>>関連記事
 鹿児島県警は8日午前、知人男性に対し携帯電話のショートメールで「殺るからな」などと脅したとして、指定暴力団・四代目小桜一家傘下組員・鍬野義英容疑者(67)=鹿児島県出水市上大川内=が、今月7日に脅迫の疑いで逮捕された事件を受け、関係先として小桜一家の本部事務所を捜査員約15人態勢で家宅捜索した。

脅迫容疑で傘下組員の逮捕受け「小桜一家」本部事務所を家宅捜索
小桜一家本部を家宅捜索
脅迫容疑で傘下組員の逮捕受け「小桜一家」本部事務所を家宅捜索

 鍬野容疑者は今年9月12日、鹿児島県内在住の知人男性(50代)に対し、携帯電話のショートメールで「殺るからな」などのメッセージを複数回送り、脅迫した疑いが持たれていて、調べに対し、鍬野容疑者は「間違いありません」と容疑を認めている。

 県警は、鍬野容疑者と男性の間に何らかのトラブルがあったとみて、犯行の動機や事件の詳しい経緯などを調べている。

虚偽内容の住民異動届を区役所に提出 会津小鉄会傘下組員ら2人を逮捕

 京都府警は7日、虚偽内容を記載して住民異動届を区役所に提出したなどとして、指定暴力団・七代目会津小鉄会傘下組員・金木優幸容疑者(51)=京都府宇治市羽戸山=と、無職・石田潔容疑者(56)=京都市中京区壬生西大竹町=の2人を電磁的公正証書原本不実記録・同供用の疑いで逮捕した。金木容疑者は容疑を認め、石田容疑者は「虚偽の申し立てではない」と供述している。

京都府警察本部
京都府警察本部

 2人は共謀して2021年11月、金木容疑者が宇治市から中京区に転入したとする虚偽の住民異動届を中京区に提出したなどの疑いが持たれている。2人は知人関係で、金木容疑者は石田容疑者の住所を転居先と記載していた。

 府警は、犯行の動機や詳しい経緯などを調べている。

仙台市で知人男性にスタンガン強盗 住吉会傘下組員ら3人を逮捕

 宮城県警は8日、今年5月に仙台市のコインパーキングで、30代の男性が2人組にスタンガンなどで襲われ、腕時計(時価80万円相当)が奪われた事件で、指定暴力団・住吉会傘下組員・平間利幸容疑者(33)=青葉区台原6丁目=と、兄のアルバイト・平間誠容疑者(35)=神奈川県横浜市=、平間両容疑者の叔父で建設業・鈴木勝也容疑者(48)=宮城県村田町菅生=の3人を強盗傷害の疑いで逮捕した。このうち、間両容疑者の2人は今年10月に別の傷害事件などで逮捕されていた。

左・平間利幸容疑者(33) 右・平間誠容疑者(35)
事件のあったコインパーキング
仙台市で知人男性にスタンガン強盗 住吉会傘下組員ら3人を逮捕

 この事件は5月26日午前1時頃、太白区長町5丁目の複合ビル2階部分にあるコインパーキングで、仙台市に住む30代男性が自分の車に乗ろうとしたところ、突然2人組にスタンガンと棒のようなもので襲われ、身に着けていた腕時計を奪われたもの。男性は右腕を骨折する重傷を負ったほか、全身を打撲するなどケガを負ったが命に別条はなかった。2人が男性を襲い1人が運転役などを務めたとみられている。

 県警は「捜査に支障が出る」として3人の認否を明らかにしていないが、3人は親戚関係でうち平間両容疑者の2人は被害者男性と面識があり、被害者男性を狙った計画的犯行とみられ、調べを進めている。

男性3人が暴行され1人が意識不明の重体 直後に近くのコンビニで男性刺傷

 8日午前4時すぎ、東京都日野市の多摩川にかかる日野橋の近くで「橋の立川市側の下のところで複数人が暴行している」と目撃者から110番通報があった。警察官が現場にかけつけたところ、多摩川の河川敷や近くの交差点で男性3人が頭から血を流して倒れているのが発見された。3人は20代から30代くらいとみられ病院に搬送されたが、うち1人は意識不明の重体。

日野市の事件現場
日野市の事件現場周辺
日野市の事件現場1

 警視庁は、同じ暴力団関係者同士のトラブルとみていて、事件に関わったとみられる2人が日野橋から日野市の方向に逃走し、傷害事件として行方を追っている。当時、10人前後が乱闘していたとみられている。

立川市の事件があったコンビニ店
事件があったコンビニ店

 また、事件から30分後に現場から北東に1.3キロほど離れた立川市のコンビニ店で、「男が刃物で腹を切った、救急車を呼んでくれ」と119番通報があり、日野市の事件関係者とみられる30代くらいの暴力団関係者の男性が、腹から血を流し病院に搬送された。男性は意識があり軽傷。

 警視庁は日野市の事件との関連を調べている。

ラーメン店立ち退き巡りダンプカー突入 住吉会傘下幹部や医療法人役員ら6人を逮捕

 警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は8日までに、2019年12月に東京都立川市にある雑居ビル1階のラーメン店にダンプカーが突っ込んだ事件で、このビルを所有していた医療法人「颯心会」監事・高杉慎也容疑者(43)=立川市柴崎町6=と颯心会職員の男(43)=港区=、指定暴力団・住吉会傘下幹部・新田竜司容疑者(43)=住所不定=、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系幹部・末川竜二容疑者(43)ら、29~45歳の男6人を建造物損壊容疑や威力業務妨害容疑などで逮捕した。調べに対し、6人とも黙秘している。

警視庁本部
警視庁本部

 6人は共謀して2019年12月3日午前3時10分ごろ、立川市曙町1の4階建て雑居ビル1階に入居していたラーメン店にダンプカーをバックで突入させ、店のシャッターやカウンター、調理用の釜などを損壊させ、営業不能にしたなどの疑いが持たれている。ラーメン店は営業時間外でケガ人はいなかった。

 警視庁は、ラーメン店の立ち退きを巡って颯心会の代表理事・北條康弘容疑者(56)が高杉容疑者に犯行を指示したとみているが、男は事件後に出国していて、建造物損壊容疑で逮捕状を取って行方を追っている。

 警視庁は、高杉容疑者からラーメン店の営業を妨害するよう依頼を受けた新田容疑者が、実行役4人に指示したとみていて、ビル周辺の防犯カメラ映像には実行役の2人がダンプカーに乗り、見張り役の2人が現場近くから衝突の様子を確認している映像に残されていた。事件の翌日には、高杉容疑者側から末川容疑者の口座に50万円の送金記録があり、事件の報酬とみられている。

 このビルは当時建て替えの計画があり、店側が立ち退きに応じていなかった。ラーメン店側は2019年5月に颯心会側からの立ち退き要求に関して警視庁立川署に相談していた。人気ラーメン店だったが、事件後に移転を余儀なくされた。

 医療法人「颯心会」は1996年設立で立川市内でクリニックを運営していて、「事件とは関係ない」としている。

 | HOME | 

SNS


X(旧Twitter)


Threads(スレッズ)

ブログ内キーワード検索

カテゴリ

■殺人 (249)
■殺人未遂 (248)
■傷害致死 (31)
■死体遺棄 (369)
■生命身体加害略取罪 (2)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (541)
■逮捕監禁 (81)
■脅迫・恐喝・強要 (792)
■恐喝未遂 (107)
■銃刀法違反 (378)
■発砲事件 (280)
■凶器準備結集・集合 (16)
■強盗事件 (234)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (257)
■盗品等関与罪 (6)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (25)
密漁品流通 (0)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■自然公園法違反 (2)
■証人等威迫罪 (8)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (55)
■証拠隠滅 (7)
■覚醒剤・大麻・麻薬・ドラッグ (733)
■医薬品医療機器法違反 (3)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (193)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺 (1482)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (320)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (114)
■不正アクセス禁止法違反 (9)
■公正証書原本不実記録・免状不実記載 (132)
■有印私文書偽造 (19)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (92)
■金融商品取引法違反 (2)
■銀行法違反 (6)
■会社法違反 (1)
■強制性交等罪・不同意わいせつ罪 (15)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (26)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (3)
■わいせつ図画販売 (19)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (49)
■売春防止法違反 (48)
■入管難民法違反 (14)
不法就労助長 (3)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (45)
■不動産侵奪 (2)
■健康保険法違反 (3)
■宅建業法違反 (4)
■職業安定法違反 (14)
■建設業法違反 (12)
■労働基準法違反 (3)
■雇用保険法違反 (1)
■不正競争防止法違反 (1)
■食品衛生法違反 (3)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (21)
■廃棄物処理法違反 (18)
不法投棄 (13)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (14)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (154)
■建造物等放火・住建造物等放火 (30)
■放火予備 (2)
■火炎瓶処罰法 (4)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■自動車運転処罰法違反 (1)
■道路運送法・道交法違反 (79)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (22)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転・酒気帯び運転 (5)
■危険運転致傷 (3)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (31)
■威力業務妨害 (34)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (13)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■電磁的記録不正作出・共用 (5)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (8)
■政治資金規正法違反 (3)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (3)
守秘義務違反 (0)
■住民基本台帳法違反 (4)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (212)
■犯罪収益移転防止法 (10)
■暴力団対策法 (156)
用心棒料等要求行為 (4)
多数集合 (5)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (3)
使用制限命令 (32)
再発防止命令 (25)
使用者責任 (24)
賞揚等禁止命令 (5)
■中止命令 (130)
■都道府県暴力団排除条例違反 (381)
■組織犯罪処罰法違反 (244)
組織的殺人 (19)
組織的殺人未遂 (39)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (8)
組織的強要 (2)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (3)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (103)
犯罪収益隠匿 (11)
犯罪収益仮装 (2)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (10)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■暴力行為等処罰法違反 (52)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (160)
■不起訴処分 (39)
■国外 (66)
■軽犯罪法違反 (1)
■その他 (2303)
■未分類 (1535)
■横領 (2)