FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

殺人未遂事件 元山口組傘下組員に懲役17年の判決

>>関連記事
 山口地方裁判所(小松本卓裁判長)は9日、殺人未遂などの罪に問われていた元・特定抗争指定暴力団・六代目山口組系組員・上田高裕被告(34)の裁判員裁判で、上田被告に対し懲役17年の判決を言い渡した。検察側の求刑は懲役18年だった。

上田高裕被告 2020年10月
上田高裕被告
(2020年10月)

 判決内容などによると、上田被告は去年8月、岩国市内の路上で当時、特定抗争指定暴力団神戸山口組系二代目木村會幹部だった「二代目喜竜會」の前原順一會長を殺害しようと拳銃で撃ち、動脈損傷や骨折などの大ケガを負わせた。

 これまでの公判で被告側は起訴内容を認めた上で、犯行当時、上田被告は組員ではなく「男をあげたい」という思いから単独で犯行に及んだと主張していた。

 判決言い渡しで小松本裁判長は、上田被告が愛知県から何度も岩国市に赴き、相手の車にGPS発信器を取り付けるなど違法性は相当に高いと指摘。また、今回の犯行は暴力団組織の抗争を契機としたもので、上田被告は当時、組員ではなかったものの、犯行を決意する過程は暴力団組織特有の論理に基づいていると認定。銃器類を用いた殺人未遂の中でも相当に重い部類に位置づけられるとして、懲役17年の判決を言い渡した。

名古屋地検:みかじめ料受け取りの弘道会ナンバー3を不起訴

>>関連記事
 名古屋地検は9日、無許可営業の風俗店から「みかじめ料」を受け取ったとして、組織犯罪処罰法違反容疑で逮捕された特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会のナンバー3で「十代目稲葉地一家」総長(66)ら2人を不起訴とした。いずれも理由は明らかにしていない。

 総長らは昨年3月7日ごろ、キャバクラ店(セクキャバ)から無許可営業で得た犯罪収益の一部と知りながら、現金約26万円を受け取った疑いで6月に愛知県警に逮捕されていた。 

貸コンテナに拳銃の実弾4発所持 弘道会傘下幹部を逮捕

 愛知県警は、三重県四日市市の貸コンテナで拳銃の銃弾を所持したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下幹部・白井富久容疑者(52)を逮捕した。

押収された実弾など
押収された実弾など
押収された実弾など

 白井容疑者は今年6月、三重県四日市市内の貸コンテナに拳銃の実弾4発を所持した疑いが持たれている。

 白井容疑者は6月に携帯電話のSIMカードの契約を巡る詐欺事件で逮捕されていて、県警が関係先を捜索したところ、メガネケースに入った実弾が発見された。調べに対し白井容疑者は黙秘している。

遺体を山中に遺棄 殺人・死体遺棄の山健組傘下幹部に懲役27年求刑

>>関連記事
 神戸地裁姫路支部で9日、2019年に男性(当時47)=兵庫県姫路市=を刃物で切り付け殺害し遺体を山中に遺棄したとして、殺人・死体遺棄などの罪に問われた当時・特定抗争指定暴力団神戸山口組傘下の「五代目山健組」系「二代目武神会」幹部・八軒丈弥被告((42)の裁判員裁判が開かれ、検察側は懲役27年を求刑し結審した。判決は16日に言い渡される。

 検察側は論告で「八軒被告は被害者の背後から鋭利なナタで攻撃し、その後袋だたきにした」と指摘。さらに共犯の少年らにも襲撃するよう指示し、危険で卑劣な犯行だとした。一方、弁護側は最終弁論で「殺意はなかった」と殺人罪の成立を否定、傷害致死罪にとどまり、懲役12年が相当だと主張した。八軒被告も法廷で「あれぐらいのナタで死ぬとは思わなかった」と述べた。

 起訴状によると、少年8人と共謀し2019年11月、兵庫県高砂市の路上や車内で、金銭トラブルがあった男性にナタで切り付けたり、バットで殴ったりするなど暴行して殺害。遺体を兵庫県たつの市内で地中に埋めた後に堀り起こし、京都府福知山市内の山林に再び遺棄したなどとしている。

 事件をめぐっては八軒被告の起訴後、「二代目武神会」会長・岡田渉被告(48)らも共犯として傷害致死罪などで起訴された。


覚醒剤・大麻所持 住吉会系組員でラッパー「KENNY-G」現行犯逮捕

 警視庁組織犯罪対策5課は7日、東京都内の自宅で覚醒剤や大麻を所持していたなどとして、指定暴力団・住吉会系組員で「KENNY-G(ケニージー)」の名でラッパーとしても活動する古関健容疑者(31)=東京都福生市福生=と、職業不詳・手塚敏明容疑者(31)=住居不詳=の2人を覚醒剤取締法違反と大麻取締法違反容疑で現行犯逮捕した。調べに対し、古関容疑者は「今は言えません」といずれも容疑を否認している。

 2人は7日午前1時10分頃、古関容疑者の自宅で覚醒剤およそ0.9グラムと乾燥大麻およそ1.6グラムを所持していた疑いなどがもたれている。覚醒剤や大麻は自宅にあるビリヤード台の上から見つかり、ガラス製の吸引パイプなどが押収された。

 古関容疑者は、ラッパー・KENNY-Gとして活動。2020年2月には1st EP『KENNY-G』、同年6月に2nd EP『OLD SPICE』をリリースしたほか、人気ヒップホップグループ・舐達麻のBADSAIKUSHとのコラボ曲「OUTLAW」を昨年発表し話題を集めた。古関容疑者は、自身のYouTubeチャンネルで歌を配信しており、中には「大麻みたく吸う 吸う 吸う」という歌詞もあった。

 古関容疑者は今月2日に医療機関を受診して新型コロナウイルスの陽性反応が出たが、4日に神奈川県平塚市のライブハウスでライブに出演していたという。

 古関容疑者は今回現行犯逮捕された件以外にも、2020年10月に西多摩郡の元自宅で、覚醒剤の結晶0.026グラムとコカインの粉末0.02グラムと乾燥大麻0.065グラム、同11月に自宅で大麻の成分を含んだ褐色の液体0.127グラム、今年5月に自宅で乾燥大麻0.016グラムを、それぞれ所持した容疑で、覚醒剤取締法違反(所持)と大麻取締法違反(同)、麻薬及び向精神薬取締法(同)の疑いでも逮捕されている。

福岡県公安委:工藤会の新たな活動拠点を官報に公示

 福岡県公安委員会は9日、暴力団対策法に基づき、特定危険指定暴力団工藤会の新たな活動拠点を北九州市小倉北区宇佐町1にある工藤会傘下組織の組事務所に定め、官報に公示した。

工藤会の新たな活動拠点 官報に公示
工藤会の新たな活動拠点
工藤会の新たな活動拠点 官報に公示
7月9日に官報に公示
工藤会の新たな活動拠点 官報に公示

 工藤会幹部の会合が行われたことなど総合的に判断した結果「新たな活動拠点として認められる」とした。

 新拠点は鉄筋コンクリート2階建てで、延べ約160平方メートル。1992年ごろから工藤会系組事務所として使用され、構成員の出入りなど組活動に使用されているという。県警は暴力団対策法に基づく使用制限の必要性を検討する。

 長期にわたり工藤会の象徴だった小倉北区神岳1の旧本部事務所が2020年2月に解体された後、同年6月に小倉北区三郎丸の事務所が「主たる事務所」として公示された。県公安委が使用制限命令を出した後、事務所の土地、建物が民間企業に売却されていた。

「組事務所新設禁止」大阪府総面積の47%を対象区域に条例改正案

 大阪府警は9日までに、暴力団事務所の新設禁止区域を拡大するため、大阪府暴力団排除条例の一部改正案を発表した。

 大阪府の総面積の約47%が対象となる予定で、今後、一般から意見を募り、府議会で可決されれば11月下旬にも施行される。

 対立抗争が続く六代目山口組神戸山口組の「特定抗争指定暴力団」への指定に伴い、府内では大阪市と豊中市が暴対法に基づく警戒区域となっている。区域内では組事務所の使用や新設などが禁止されているが、改正条例で区域外への移転や、指定解除後の住居地域などへの進出を防ぐ。

 府警によると、現行の条例では、学校などから200メートル以内での事務所開設や運営を禁じている。改正案では都市計画法で定める住居や商業など13の用途地域のうち、工業専用地域を除く全てを禁止区域とする。立ち入り検査や中止命令に応じない場合は罰則を科す。原則、既存の事務所には適用されない。

 | HOME | 

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (114)
■殺人未遂 (202)
■傷害致死 (27)
■死体遺棄 (375)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (406)
■逮捕監禁 (57)
■脅迫・恐喝・強要 (649)
■恐喝未遂 (57)
■銃刀法違反 (327)
■発砲事件 (270)
■凶器準備結集・集合 (14)
■強盗事件 (199)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (224)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (17)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (3)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (50)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (583)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (160)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (901)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (215)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (56)
■不正アクセス禁止法違反 (4)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (105)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (83)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (42)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (90)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (3)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (67)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (16)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転 (1)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (26)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (214)
■暴力団対策法 (86)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (25)
再発防止命令 (14)
使用者責任 (16)
称揚行為の禁止 (1)
■暴力団排除条例 (315)
■組織犯罪処罰法 (203)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (30)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (1)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (91)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (6)
■暴力行為等処罰法 (19)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (36)
■中止命令 (101)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (1)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1923)
■未分類 (1856)