FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

コロナ事業資金3000万円詐取 小桜一家傘下組員ら4人を逮捕

 愛知県警は31日までに、新型コロナの影響で経営が悪化したなどと偽り、鹿児島県内の金融機関から架空の事業資金としておよそ3000万円をだまし取ったとして、指定暴力団・四代目小桜一家傘下組員・小畑竜平容疑者(36)、無職・田中了容疑者(36)、会社員・福留優太容疑者(37)、自営業・河野通宏容疑者(51)ら4人を詐欺の疑いで逮捕した。

 愛知県警は去年9月、別の事件で福留容疑者と河野容疑者を逮捕・送検していて、捜査の際に押収した証拠品に今回の容疑を裏付ける証拠が見つかり発覚した。詐欺容疑などでの福留容疑者と河野容疑者の逮捕は今回が8回目。

 4人は共謀し、一昨年8月から去年8月までの間、個人事業主としての実態がない小畑容疑者に経営悪化の改善計画などがないにもかかわらず、福留容疑者と河野容疑者が準備した虚偽の書類などを提出。鹿児島県姶良市と鹿児島市の金融機関で、架空の事業資金あわせておよそ3000万円をだまし取った疑いがもたれている。

 調べに対し、小畑容疑者、田中容疑者、福留容疑者の3人は容疑を認め、河野容疑者は黙秘している。県警は余罪も含め調べを進めている。

福岡地裁:道仁会系組事務所を異例の仮差し押さえ

 福岡地検は、指定暴力団・道仁会系組長・山崎智史被告(41)が無許可でキャバクラを営業したとして風営法違反などの罪に問われた事件で、店の売り上げ約2億9千万円を犯罪収益として追徴するため、組織犯罪処罰法に基づき、山崎被告が所有する道仁会系組事務所の仮差し押さえを請求し、福岡地裁が認めていたことが分かった。同法に基づいた暴力団事務所の仮差し押さえは極めて異例。

 山崎被告は2018年3月から2021年2月までの間、福岡市博多区中州でキャバクラ店を無許可営業したとして3月に起訴された。福岡県警は押収した店の営業記録などから、3年間で約2億9千万円を売り上げていたと特定。地検は3月に全額が犯罪収益に当たると判断し、山崎被告名義の鉄骨4階建て組事務所や土地の仮差し押さえを請求し認められた。

 組織犯罪処罰法は、犯罪収益を没収できない場合、同じ価値の土地や物品などの財産を追徴することができると規定。裁判所は、追徴を逃れるために財産が処分されないよう、判決確定前に追徴保全命令を出して仮差し押さえすることができる。

 検察側は6月の公判で、懲役1年6月、罰金100万円、追徴金2億8638万円を求刑し、いったん結審。弁護側が「追徴金は売り上げの額とするのではなく、従業員の給与や飲食物の仕入れなどの経費を差し引いて計算すべきだ」と主張し、弁論を再開した。有罪判決が確定し追徴金を支払えない場合、組事務所は国の所有になる。

 山崎被告は、店の売り上げの一部を知人の口座に振り込ませたとする組織犯罪処罰法違反(犯罪収益仮装)の罪にも問われており、起訴内容をおおむね認めている。

ウナギの稚魚の死に因縁つけ恐喝 山口組傘下の関係者を逮捕

 愛知県警は、ウナギの稚魚の管理を依頼していた男性に対し、ウナギの稚魚が死んだことに因縁をつけ現金150万円を脅し取ったとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組織の関係者で会社役員・藤村太一容疑者(43)=愛知県田原市=を恐喝の疑いで逮捕した。

愛知県警察本部
愛知県警察本部

 藤村容疑者は、知人の紹介で知り合った男性(当時22)にウナギの稚魚・シラスウナギ5000匹の管理を依頼していたが、稚魚がいずれかの理由で死んだことに因縁をつけ、2018年2月ごろ「お前の管理が悪いからシラスが死んだんだろ。相場は1匹300円だ。5000匹殺したんだから150円万円払え」などと男性を脅し、5月に現金150万円を脅し取った疑いが持たれている。調べに対し藤村容疑者は「全然違う」と容疑を否認している

 ウナギの稚魚は転売目的で管理されていたとみられていて、県警は売上金が暴力団の資金源になっていた可能性があるとみて調べを進めている。

住吉会系組員のラッパー「KENNY-G」 覚醒剤使用で再逮捕

>>関連記事
 警視庁組織犯罪対策5課は27日、ラッパーの「KENNY-G(ケニージー)」として活動している指定暴力団・住吉会系組員・古関健容疑者(31)=東京都福生市福生=ら、男2人を覚醒剤取締法違反(使用)の疑いで再逮捕した。調べに対し「自宅で使った」と容疑を認め、「シャブは20歳から、大麻は14歳から始めた」と供述している。

KENNY-G(ケニージー)・古関健容疑者 覚醒剤使用の疑いで再逮捕
古関健容疑者を再逮捕

 古関容疑者はスタジオを兼ねた福生市の自宅で覚醒剤や大麻を所持したとして、同法違反容疑(所持)などで今月7日に逮捕されていた。古関容疑者は、覚醒剤所持の疑いで逮捕された際に、「薬物を使用し続けている自分がいやになり、いつかやめなければと思っていた」と供述していた。

 再逮捕容疑では、6月下旬から今月7日の間に、福生市の古関容疑者宅で覚醒剤を使用したとされる。7日の逮捕後、尿検査で陽性反応が出て再逮捕された。

 古関容疑者は暴力団が統括する4つの特殊詐欺グループのリーダー役も務めていて、同課は28日、所属する新宿区の住吉会系組事務所を家宅捜索し資料を押収、薬物の入手先や特殊詐欺グループの実態を調べている。

 

覚醒剤所持 稲川会系佐野組幹部ら3人と顧客14人を逮捕 

 山梨県警組織犯罪対策課などは28日までに、山梨県甲府市の自宅で営利目的で覚醒剤を所持したなどとして、指定暴力団・稲川会系「佐野組」幹部・石原敏郎容疑者(65)=甲州市勝沼町藤井=と、同組幹部・石田淳也被告(48)=甲府市上石田3=、同組員・原田浩被告(44)=甲府市青沼3=ら組員3人を、覚醒剤取締法違反(営利目的共同所持)の疑いで逮捕した。

覚醒剤を営利目的所持 稲川会系佐野組幹部ら3人と顧客14人を逮捕 
山梨県警察本部

 同課は組員3人の顧客らとみられる20~70代の男女14人を同法違反(使用)などの疑いで逮捕し、計約89グラムの覚醒剤を押収した。個々の認否は明らかにしていない。

 石原容疑者の逮捕容疑は5月27日、ともに同法違反などで起訴されている石田被告や原田被告と共謀し、原田被告の自宅で覚醒剤82.767グラム(末端価格約496万円)を営利目的で所持したとされる。

強要未遂事件関与で共政会系播真組を家宅捜索

 広島県警は28日午前、知人男性に対し「絶縁状」などと書かれたハガキを男性宅に送りつけて脅迫し、組員と会わせようと強要したとして、指定暴力団・六代目共政会系「高塚組」・小原学容疑者(53)が、今月14日に強要未遂の疑いで逮捕された事件で、これに関与したとして共政会系「二代目播真組」の組事務所を家宅捜索した。

強要未遂事件関与で 共政会系播真組を家宅捜索1
強要未遂事件関与で
播真組を家宅捜索
強要未遂事件関与で 共政会系播真組を家宅捜索3

 県警は播真組がこの事件に関与した疑いが強まったとして、28日午前8時すぎに捜査員14人体制で「二代目播真組」事務所を家宅捜索し、段ボール1箱を運び出した。

みかじめ料名目の恐喝未遂 侠道会系幹部を不起訴処分

>>関連記事
 広島地検福山支部は、今年3月に広島県福山市の店舗経営者に対し「みかじめ料」名目で現金を脅し取ろうとしたとして、恐喝未遂の疑いで逮捕・送検されていた、指定暴力団・三代目侠道会系「二代目佐藤組」幹部(49)に対し、情状全般を考慮し27日付で不起訴とした。

脱退意向の組員に暴行 稲川会系越路家一家組員を逮捕

 北海道警豊平署は、7月15日未明に北海道石狩市内の飲食店で、暴力団からの脱退を考えていた組員の顔を何度も殴るなどしてケガをさせたとして、指定暴力団・稲川会系「四代目越路家一家」組員・山田貴明容疑者(29)=住所不定=と、知人で清掃作業員の男(27)=札幌市白石区=の2人を傷害の疑いで逮捕した。

札幌方面豊平警察署
札幌方面豊平警察署

 山田容疑者らは15日午前0時20分ごろ、暴力団から脱退しようとしていた30代の組員に対し、馬乗りになって何度も顔を殴り、左顎などに全治1週間のケガをさせた疑いが持たれている。山田容疑者らの認否は明らかにしていない。

 組員が石狩市内の飲食店で1人で酒を飲んでいたところ、脱退の話を聞きつけた山田容疑者らが店に来て暴行したという。

「浪川会」本部事務所使用差し止め 全面的に受け入れ

>>関連記事
 福岡地裁で26日、和解協議が予定されていた指定暴力団・浪川会本部事務所の使用差し止めを求めた訴訟で、浪川会側は原告の訴えを全面的に受け入れ使用差し止めが確定した。

「浪川会」本部事務所
解体工事前
「浪川会」本部事務所

 浪川会の本部事務所をめぐっては去年12月、福岡地裁に地域住民に代わって原告となる代理訴訟制度を利用して、福岡県暴力追放運動推進センターが使用差し止めの訴えを起こしていた。

 訴訟で浪川会側は6月、本部事務所の解体に合意。現場の土地は浪川会が所有したままだが、すでに本部事務所の解体工事が進められ更地となっている。

池田組傘下組長を切り付け 男2人を起訴

>>関連記事
 宮崎地検は26日、2020年9月に宮崎県宮崎市の駐車場で特定抗争指定暴力団神戸山口組から離脱した池田組の傘下、「志龍会」幹部が刃物で切り付けられた事件で、建設業・後藤陽祐被告(38)=大分県大分市葛木と、建設業・菊池こと山本勝美被告(56)=大分県別府市=の2人を傷害の罪で起訴した。検察は2人の認否を明らかにしていない。

 2人は2020年9月、すでに逮捕・起訴されている特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「四代目石井一家」幹部で、「四代目江口組」組長・下藤勝一郎被告(53)と共謀し、宮崎市橘通西1丁目のマンション駐車場で、池田組系「志龍会」幹部で傘下組長の頭などを刃物で切り付け全治約2カ月のケガを負わせた傷害の罪に問われている。

長野県上田市の傷害致死事件 警察がフリーダイヤルを設置

>>関連記事
 23日未明、長野県上田市の病院駐車場で顔から血を流して倒れていた三戸部治さん(63)=上田市緑が丘=が、その後死亡が確認された事件で、警察は傷害致死事件として情報提供を求めてフリーダイヤルを設置した。

情報提供先 フリーダイヤル
0120‐007‐285

 23日午前1時半過ぎ、上田市の病院関係者から「病院の駐車場で男性が顔から血を流して倒れている」と110番通報があり、約1時間後に死亡が確認された。三戸部さんの顔や体などには複数回殴られたような痕があったという。

 三戸部さんは暴力団の準構成員とみられ、現場の状況から別の場所で暴行され、病院駐車場に運ばれてきたとみられている。

病院駐車場で倒れていた男性死亡 複数回殴られたような痕

 23日午前1時半過ぎ、長野県上田市の病院駐車場で「男性が顔から血を流して倒れている」と病院の関係者から110番通報があった。男性は身体的特徴から三戸部治さん(63)=上田市緑が丘=と判明。三戸部さんは約1時間後に死亡が確認された。

三戸部治さんが運ばれた病院1
男性が発見された病院
三戸部治さんが運ばれた病院2

 三戸部さんの顔や体などに複数回殴られたような痕があったという。発見の直前には「人が倒れている」との電話が病院にあり、現場の状況から三戸部さんは別の場所で暴行され、病院に運ばれてきたとみられている。

 三戸部さんは暴力団関係者とみられ、警察は傷害致死事件とみて捜査している。

暴力団抗争で服役 慰労目的の金品やり取りに禁止命令

>>関連記事
 富山県警などは、2016年に六代目山口組神戸山口組の抗争に伴い、神戸山口組に加わる動きを見せていた当時・富山市手屋にあった六代目山口組系「三代目一会」傘下「高田組」(解散)事務所に、火炎瓶を投げこんだとして実刑判決を受け服役した、「三代目一会」傘下「五代目芳賀組」組員と、六代目山口組などに対し、褒めて慰労する目的の金品のやり取りをしないよう命令を出した。

 この芳賀組組員が刑期を終えて22日に出所するのに合わせ、褒めて慰労する目的で金品などをやりとりしないよう、上部団体である六代目山口組組長と、三代目一会会長、組員が所属する芳賀組組長に対し禁止命令が、芳賀組組員に対しては仮命令が、22日までに書面で通知された。

 六代目山口組神戸山口組の抗争に伴って慰労の金品の禁止命令が出されたのは、全国で初めて。

失神男性を交差点に引きずり放置 旭琉会系照屋一家組員を再逮捕

>>関連記事
 沖縄県警うるま署と組織犯罪対策課は21日、うるま市赤道で20代男性を失神させ交差点の中央付近まで引きずり放置したとして、指定暴力団・旭琉会系「二代目照屋一家」組員・當山大悟容疑者(25)=那覇市古波蔵=と、建築作業員・川上紘平容疑者(25)=沖縄市上地=を殺人未遂容疑で再逮捕した。「捜査に支障が出る」として認否を明らかにしていない。

沖縄県警うるま署
沖縄県警うるま署

 2020年12月30日午前4時半ごろ、うるま市赤道の路上で、川上容疑者が本島中部に住む20代男性に殴るなどの暴行を加え意識を失わせ、當山容疑者は意識を失った男性を引きずり、交差点中央付近に放置した疑い。男性は車にひかれなかったが、右上顎の骨を折るなど全治1カ月の重傷を負った。警ら中の警察官が交差点の中央付近に放置された被害者の男性を発見した。放置された時間は約1分20秒。

 両容疑者は被害男性とは面識がなく、現場で何らかのトラブルがあったとみられる。當山容疑者ら2人は別件で、今年6月3日に殺人未遂容疑で逮捕、24日に傷害罪で起訴された。

不正アクセスで200万円詐取 旭琉会系元組員2人を再逮捕

>>関連記事
 沖縄県警サイバー犯罪対策課は20日、指定暴力団・旭琉会傘下組員らがインターネットバンキングに不正アクセスし、総額5000万円以上をだまし取った事件に関連し、元旭琉会傘下組員で職業不詳・石川真也容疑者(44)=沖縄市高原=と、同じく元組員で無職・福田良太容疑者(36)=那覇市樋川=の両容疑者を不正アクセス禁止法違反、電子計算機詐欺、窃盗の容疑で再逮捕した。

沖縄県警察本部
沖縄県警察本部

 両容疑者は2019年10月と同年11月に、インターネットバンキングに不正アクセスし、現金200万円以上をだまし取った疑い。両容疑者は犯行当時、旭琉会傘下組員だった。

公園で屋根の銅板234キロ剥がし換金 山口組系幹部3度目の逮捕

>>関連記事
 石川県警は、公園のあずまやの屋根に使われている銅板を盗み換金していたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系幹部・山口勇市容疑者(51)=金沢市、窃盗未遂罪で起訴=と、鳶職の少年(18)を窃盗などの疑いで再逮捕した。調べに対し、山口容疑者は黙秘している。

 2人は今年4月19日未明に、石川県かほく市高松の公園であずまやの屋根に使われている銅板、およそ234キロを剥がして盗んだ疑いが持たれている。山口容疑者はこの銅板を金沢市内のリサイクル業者で偽名を使って換金し、およそ24万円を得ていた。

 山口容疑者は今年5月に金沢市内の公園でも屋根を剥がそうとしたところを見つかり窃盗未遂で逮捕され、その後、加賀市の公園などでも同様に銅板を盗んで換金したとして再逮捕されていた。今回が3回目の逮捕。

暴力団組員の身分隠しホテル宿泊 「福島連合」事務所を捜索

 北海道警は20日、暴力団組員が身分を隠してホテルに宿泊して詐欺の疑いで逮捕された事件を受け、組員が所属する特定抗争指定暴力団・六代目山口組系三代目弘道会傘下「福島連合」の事務所を、捜査員約20人体制で家宅捜索した。

身分を隠してホテルに宿泊 詐欺容疑で福島連合を家宅捜索
福島連合を家宅捜索
身分を隠してホテルに宿泊 詐欺容疑で福島連合を家宅捜索

 家宅捜索は、なかなか開かない事務所のドアに業を煮やした捜査員が、ドアを叩きながら「早く開けろ!」と怒鳴りつける場面もあり一時騒然とした。 

 この捜索は「福島連合」組員、佐藤拓人容疑者(31)と、交際相手の女(27)の2人が暴力団組員であることを隠し、洞爺湖温泉のホテルに宿泊した詐欺の疑いで逮捕された事件を受けて行われた。

 2人は女の名前でホテルにチェックインしていて、佐藤容疑者は認否について調べに応じていないが、女は「バレないと思った」などと話し、容疑を認めているという。

不正アクセス詐欺 新たに旭琉会系丸良一家組員を逮捕

>>関連記事
 沖縄県警サイバー犯罪対策課は19日、指定暴力団・旭琉会傘下組員らがインターネットバンキングに不正アクセスし、現金5千万円以上をだまし取ったとして、不正アクセス禁止法違反などの容疑で逮捕された事件で、旭琉会系「三代目丸良一家」組員・山城翔容疑者(26)を不正アクセス禁止法違反、電子計算機使用詐欺、窃盗の容疑で逮捕した。県警は「捜査に支障が出る」として認否を明らかにしていない。
 
 山城容疑者は犯行グループ内で、不正アクセスで詐取された現金の送金先口座を準備する役割を担っていて、知人から銀行口座を譲り受けていた。犯行グループは不正アクセスした口座から、容疑者が用意した口座に300万円を送金。県内のATMで200万円が出し子によって引き出されていた。

 事件に関与したとして逮捕されたのは18人目。県警は被害金が暴力団の資金源になっていた可能性を視野に捜査している。

暴力団員であることを隠してレンタカー 住吉会傘下組員を逮捕

 埼玉県警大宮署は19日、暴力団員であることを隠してレンタカー借りたとして指定暴力団・住吉会傘下組員(52)=さいたま市大宮区三橋4丁目=を詐欺の疑いで逮捕した。

 容疑者は去年9月14日と10月19日、北海道千歳市内のレンタカー営業所で、暴力団員であることを隠してそれぞれレンタカー1台を借りた疑い。

 レンタカー営業所では暴力団組員らと契約を結ばない約款を設けていて、口頭でも説明したものの暴力団員である事を名乗り出なかった。男は「そうだと思うが、はっきり覚えていない」と供述している。

虚偽住所で免許証を更新 旭琉會系誉一家幹部を逮捕

 沖縄県警沖縄署は19日、運転免許証の更新をうその住所で申請し、免許証に記載させたとして、指定暴力団・旭琉會誉一家幹部(68)=沖縄市=を公正証書原本不実記載の疑いで逮捕した。調べに対し「間違いありません」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は2020年10月1日、沖縄県名護市東江の県警安全運転学校北部分校で、運転免許更新をウソの住所で申請し、更新し免許証の交付を受けた疑い。

 | HOME |  »

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (149)
■殺人未遂 (225)
■傷害致死 (30)
■死体遺棄 (374)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (432)
■逮捕監禁 (65)
■脅迫・恐喝・強要 (686)
■恐喝未遂 (65)
■銃刀法違反 (341)
■発砲事件 (274)
■凶器準備結集・集合 (15)
■強盗事件 (208)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (239)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (23)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (2)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (5)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (51)
■証拠隠滅 (6)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (641)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (173)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (940)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (243)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (88)
■不正アクセス禁止法違反 (9)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (115)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (88)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (30)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (2)
■わいせつ図画販売 (18)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (32)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (43)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (13)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (3)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (16)
不法投棄 (13)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (114)
■建造物等放火 (24)
■火炎瓶処罰法 (3)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (72)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (19)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
酒酔い運転 (2)
■危険運転致傷 (3)
■暴走族追放条例違反 (1)
■公務執行妨害 (29)
■威力業務妨害 (22)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (12)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (6)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (214)
■暴力団対策法 (114)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (29)
再発防止命令 (18)
使用者責任 (21)
賞揚等禁止命令 (3)
■暴力団排除条例 (337)
■組織犯罪処罰法 (225)
組織的殺人 (19)
組織的殺人未遂 (38)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (8)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (2)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (97)
犯罪収益隠匿 (10)
犯罪収益仮装 (2)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (7)
■暴力行為等処罰法 (24)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (38)
■中止命令 (105)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (3)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (2257)
■未分類 (1552)