FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団・任侠・極道・反社組織関連の事件・ニュース速報

建設会社会長射殺事件 遺族が工藤会トップら3人らを提訴

>>関連記事
 2011年に北九州市で暴力団排除運動に取り組んでいた建設会社会長(当時72)が、特定危険指定暴力団工藤会系組員らに射殺された事件で、建設会社会長の遺族2人が31日、工藤会トップで総裁・野村悟被告(74)や、工藤会ナンバー2で会長・田上不美夫被告(65)ら3人に損害賠償を求める訴訟を福岡地裁に起こした。

 建設会社会長は2011年11月26日夜、同市小倉北区の自宅前の路上で射殺され、福岡地検が2017年2月に工藤会系組員ら8人を殺人罪などで起訴し、一部の被告について有罪が確定している。

 原告側は、実行犯とされる工藤会系五代目田中組幹部・中西正雄被告(55)の不法行為責任を問うほか、野村被告や田上被告は事件への直接的な関与は認定されていないが、遺族側は暴力団対策法に基づく指定暴力団の代表者としての責任の規定などに基づき賠償責任を追及する。

 遺族は代理人弁護士を通じて「事件直後は思い出すのもつらくて忘れようとしていたが、心の整理をつけなければいけないと、提訴に踏み切った」とコメントを出した。

 工藤会が市民を襲撃したとされる一連の事件では、2012年の福岡県警元警部銃撃事件や、2014年の歯科医師刺傷事件などで、被害者らが野村被告らに損害賠償を求めて提訴。賠償責任を認める判決が確定したほか、和解金の支払いで和解が成立するなどしている。

コロナ対策「持続化給付金」詐取 旭琉會系組員2人を逮捕

 沖縄県警は30日、国の持続化給付金100万円の受給を中小企業庁に虚偽申請し、親族の金融機関口座に振り込ませたとして、指定暴力団・旭琉會系「二代目一心一家」組員・與那嶺清則容疑者(51)と、旭琉會系「二代目沖島一家」組員・大城雄太容疑者(31)を詐欺容疑で逮捕した。捜査に支障があるとして2人の認否を明らかにしていない。

 與那嶺容疑者と大城容疑者は昨年7月1~7日、申請書類の職業欄を虚偽記載するなどして給付金を本島在住の與那嶺容疑者の親族で20代会社員男性の口座に振り込ませた疑い。県警は今後、男性を詐欺容疑で書類送検する方針。

 與那嶺容疑者と大城容疑者は、持続化給付金をだまし取ったとしてこれまでに詐欺容疑で6回逮捕されている税理士・行政書士の阪本和司被告(51)の事務所で確定申告を行っていたといい、県警は余罪を含め組織的に犯行が行われた可能性を視野に捜査を続けている。

神戸山口組系「熊本組」組長宅に複数発砲 犯人は出頭

 30日午後6時10分頃、岡山県倉敷市林にある特定抗争指定暴力団神戸山口組系「三代目熊本組」の藤原健治組長(75)の自宅に「拳銃を撃ち込まれた」という内容の通報が、熊本組関係者を名乗る男性からあった。

神戸山口組系「三代目熊本組」組長宅に発砲1
神戸山口組系熊本組
組長宅に発砲
神戸山口組系「三代目熊本組」組長宅に発砲2

 岡山県警児島署員が駆け付けたところ、組長宅の玄関のドアなどに数発の弾痕を確認。けが人はいないという。

神戸山口組系「三代目熊本組」組長宅に発砲3
発砲現場周辺
神戸山口組系「三代目熊本組」組長宅に発砲4

 発砲したとみられる特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「三代目杉本組」幹部・河島秀之容疑者(58)=岡山県津山市=が倉敷署に出頭、拳銃のようなものと銃弾1発を所持していたとして銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。

 現場は瀬戸中央自動車道の水島インターチェンジ東側の住宅が点在する地域。県警は抗争の可能性を視野に捜査している。

金利目的で脅して借用書 元町議と組長の2人を不起訴

>>関連記事
 福岡地方検察庁田川支部は、知人を脅して多額のカネの借用書を書かせたとして逮捕されていた、福岡県みやこ町の元町議(35)と、指定暴力団の若頭(59)の2人を28日付で不起訴処分とした。不起訴の理由については「諸般の事情を総合的に考慮した」としている。

 2人は去年9月、飲食店経営の男性に多額のカネを貸し付けるため借用書1枚を書かせたとして、今年4月に強要の疑いで逮捕されていた。

SIMカード詐欺グループ「道具屋」の主犯格 住吉会系組員を再逮捕

 千葉県警は27日、他人名義のクレジットカードを使ってだまし取った携帯電話のSIMカードを受け取るため、アパートの空き室に忍び込んだとして、指定暴力団・住吉会系組員・安藤大介容疑者(37)=神奈川県寒川町倉見=を邸宅侵入の疑いで再逮捕した。安藤容疑者は今月10日、通信会社からSIMカードをだまし取ったとして詐欺容疑で逮捕されていた。

 再逮捕容疑は同年11月5日、グループの仲間と共謀し千葉市美浜区の空き部屋に侵入した疑い。安藤容疑者は特殊詐欺グループに犯罪で使用する携帯電話などを販売する「道具屋」と呼ばれるSIMカード詐欺グループの主犯格とみられ、これまでにグループの男6人を逮捕。SIMカードは「飛ばし携帯」として特殊詐欺グループなどに売られていた。

 SIMカード詐欺グループは他人名義のクレジットカードを使ってネットでSIMカードを購入。空き部屋に送らせ、不動産会社の付き添いなしで内覧できる「リモート内覧」を悪用して、忍び込んだ受け取り役が回収していた。

 去年5月、宅配業者から空き室だったはずの市川市のアパートに荷物の配送があったことに違和感を感じたため、警察に110番通報。警察官が現場に駆けつけると空き室だったはずの部屋に受け取り役の男(33)がいたため、邸宅侵入容疑で現行犯逮捕した。届けられた荷物の中身はSIMカードだった。県警は捜査を開始し、通信履歴や行動確認など1年がかりで、グループの首謀者とみられる安藤容疑者を逮捕した。

 SIMカード詐欺グループは昨年5~11月、SIMカード約1100枚を詐取し、1枚当たり2万5千円~3万円で売却。3千万円以上の売り上げがあったという。グループはSIMカードの発注や、郵便物を受け取るのに必要な他人名義の運転免許証の偽造など役割を分担。カードの受け取り役はSNSで“闇バイト”として募集していた。

男性から250万円を恐喝 山口組傘下組員ら4人を再逮捕

>>関連記事
 埼玉県警飯能署は27日、埼玉県日高市の会社役員男性(42)から現金250万円を脅し取ったとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組傘下組員・青木佳治容疑者(38)=埼玉県秩父市山田=、自称建設業・伊藤嘉朗容疑者(41)=栃木県矢板市中=、建設作業員(40)=同所=、無職(41)=栃木県那須塩原市若葉町=の男4人を恐喝容疑で再逮捕した。

 再逮捕容疑は昨年12月10日ごろ、共謀して自称建設業の男の自宅で日高市の会社役員男性(42)に「千葉で残土をやるが、手付金として700万円が必要だ」「お前は250万円を用意しろ」「このままでは終わらない」「家を壊したり、さらったりできるんだぞ」などと脅し、同月15日午後2時半ごろ、東京都渋谷区内の喫茶店で現金250万円を脅し取った疑い。4人の認否は明らかにしていない。

 4人は1月17日にも秩父市の会社事務所で、会社員男性(51)=小鹿野町=に「柄を預かる」「家族を保証人にしろ」と脅し、同月20日に群馬県藤岡市内の商業施設駐車場で現金125万円を脅し取ったとして恐喝容疑で逮捕されていた。今回の事件の被害男性は現金125万円を脅し取られた男性の知人。

露店出店に虚偽の反社誓約書 山口組系「大石組」傘下組員ら7人を逮捕

 北海道警は、2019年に北海道砂川市の祭りに露店を出すため「暴力団関係者ではない」と虚偽の申告をしたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「二代目大石組」傘下組員・熊谷勇容疑者(81)と内縁の妻(67)、30代から60代の男女5人の計7人を詐欺の疑いで逮捕した。

 7人は2019年の8月25日から27日まで開かれた「砂川市民まつり」の主催者に「暴力団関係者ではない」と誓約する虚偽の申込書を提出し、露店あわせて5店を出店した疑いがもたれている。「砂川市民まつり」は暴力団関係者の出店を禁止している。

 道警が去年6月ごろに熊谷容疑者について独自捜査をして一昨年の露天出店の件が判明。容疑を固めたうえで今月25日から26日にかけて7人を逮捕した。

新型コロナ「特例貸付金」詐取 暴力団組員を逮捕

 愛媛県警は、暴力団組員を対象としない新型コロナ対策の「特例貸付金」に「暴力団員ではない」と虚偽の申請をして80万円をだまし取ったとして、暴力団組員・長田雄次容疑者(37)=大洲市西大洲=を詐欺の疑いで逮捕した。捜査に支障があるとして長田容疑者の認否は明らかにしておらず、もう1人の関係者についても任意で事情聴取を進めている。

 長田容疑者は去年4月、暴力団組員を対象としない新型コロナの影響で収入が減少した人に一時的に資金を貸し付ける「特例貸付制度」に、2回にわたり大洲市社会福祉協議会の職員に「暴力団員ではない」と虚偽の申請をして、80万円をだまし取った疑いが持たれている。

倉庫に営利目的で覚醒剤所持 山口組系組員を再逮捕

>>関連記事
 愛知県警は、名古屋市の倉庫に営利目的で覚醒剤を所持したとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系組員・有川佐光容疑者(44)=名古屋市中区=(覚醒剤取締法違反で送検)を、覚醒剤取締法違反の疑いで再逮捕した。

押収品の覚醒剤あ注射器など1
押収品の覚醒剤や注射器など
押収品の覚醒剤あ注射器など2

 有川容疑者は4月14日、名古屋市中区にある自身が所有する倉庫で、覚醒剤約52グラム(末端価格約306万円相当)を営利目的で所持した疑いがもたれている。

 有川容疑者は営利目的で覚せい剤を所持した疑いなどで既に2回逮捕されていて、その後の捜索で、倉庫から覚せい剤が見つかった。調べに対し有川容疑者は容疑を認めている。

琵琶湖のスーツケース遺体 2007年の殺人事件の被害者と特定

>>関連記事
 滋賀県警捜査本部は24日、滋賀県彦根市薩摩町の琵琶湖の湖岸で、今月17日の捜索でスーツケースの中から一部白骨化した遺体が見つかった事件で、DNA鑑定の結果、遺体の身元は14年前(2007年)に元指定暴力団・山口組系幹部ら男3人によって殺害された、井澤貴生さん(当時38歳)=大阪市西区=と特定した。

琵琶湖湖岸を捜索1
琵琶湖の湖岸を捜索
琵琶湖湖岸を捜索2

 井澤さんと男らは、当時、歯科医院の経営を巡ってトラブルになっていて、男らの「琵琶湖に捨てた」との供述をもとに、警察が捜索したが、遺体は見つかっていなかった。男らはすでに殺人などの罪で有罪判決を受け、服役している。

特殊詐欺被害者 住吉会トップらに賠償請求 全国で10件目

 24日、指定暴力団・住吉会系組員らが関与した特殊詐欺事件で被害に遭った77~88歳の女性5人が住吉会トップらに暴力団対策法上の「代表者責任」があるとして、計約7千万円の損害賠償を求めて東京地裁に提訴した。同種の提訴は全国で10件目。

 訴状や弁護団によると、5人は平成30年10~12月、介護施設の入居権名目などで現金計約6千万円をだまし取られた。住吉会系組員はうち1人の被害(被害額200万円)について詐欺罪で起訴され、有罪が確定。組員は住吉会のイメージを利用し詐欺グループを統制しており、配下が現金受け取り役の「受け子」を確保する際に暴力を振るうことを容易にしたなどとしている。

 残る4人の被害についても、警察が捜査過程で収集した銀行の利用明細や詐欺グループの電話番号を記したメモなどの証拠を基に組員が関与したとして提訴。弁護団の福田恵太弁護士は「刑事事件としての立件の有無を問わず、すべての被害金額を損害賠償請求の対象とすることで暴力団の資金源に打撃を与えられる」と意義を強調した。

有印私文書偽造 山口組系「清水一家」総長ら3人逮捕

 静岡県警は、株主総会の議事録など偽造した書類を法務局に提出し登記させたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「六代目清水一家」総長・高木康男容疑者((73)と、幹部・久保田明良容疑者(63)、関係者の吉川敏雄容疑者(74)の3人を有印私文書偽造の容疑で逮捕した。

 高木容疑者ら3人は、組事務所を管理する会社の代表を変更登記するために、株主総会の議事録などをし法務局に書類を提出し登記した疑いが持たれている。

 この会社は事業実体のないいわゆるペーパーカンパニーで、代表には組幹部が就いていたが、代表となっている幹部が脱退したため犯行に及んだとみられている。

住吉会系組員らの男性2人への傷害容疑 組事務所を家宅捜索

>>関連記事
 宮城県警は24日午前、今年2月に仙台市内の駐車場で男性2人に対し、殴ったり蹴ったりの暴行を加え、頭や額を切るけがを負わせたとして指定暴力団・住吉会系組員・富長優哉容疑者(28)=仙台市太白区中田=ら8人が傷害の疑いで逮捕された事件で、青葉区国分町にある住吉会系組事務所を家宅捜索した。主犯格とみられる富長容疑者は容疑を否認している。

 事件当時、現場では男ら十数人による乱闘騒ぎが起きていたという情報があり、警察は他の組員が関与していた可能性があるとみて調べを進めている。

「良知二代目政竜会」組事務所 使用禁止の仮処分を執行

>>関連記事
 静岡地裁は24日、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系「良知二代目政竜会」の組事務所を使用させない仮処分を執行した。

「良知二代目政竜会」組事務所 使用禁止の仮処分を執行2
「良知二代目政竜会」組事務所
使用禁止の仮処分を執行
「良知二代目政竜会」組事務所 使用禁止の仮処分を執行1

 「良知二代目政竜会」の事務所を巡っては、地区の住民から不安の声が挙がっていて、委託を受けた県暴力追放運動推進センターが今年3月、事務所の使用差し止めの仮処分を静岡地裁に申し立てた。

 静岡地裁は事務所への暴力団員の立ち入りなどを認めない仮処分を決定し、24日に執行官が使用差し止めを告げるボードを打ち込むなど執行した。

20歳の女性に「東京湾に沈める」と脅迫 住吉会系組員を逮捕

 警視庁は、ガールズバーで働く女性に「東京湾に沈める」などと脅迫したとして、指定暴力団・住吉会系組員・永井敏夫容疑者(54)を脅迫などの疑いで逮捕した。

 永井容疑者は去年12月、東京都内のガールズバーで働く女性(20)に電話をかけ、「もう会わないから、これまで渡したものを全て返せ。俺の仲間は過去に人を殺している。東京湾に沈める」などと、暴力団員であることを示して脅迫した疑いが持たれている。

 永井容疑者は、事件の2か月ほど前から店に通い、女性を食事に連れていくなどしていたが、当日、服をプレゼントしたところ、女性から「彼氏とのデートに着ていく」と告げられたため激高し、帰宅後に犯行に及んだという。

 調べに対し永井容疑者は「女性の言動にキレてしまった」と容疑を認めている。

特殊詐欺 総額2600万円損害賠償求め山口組組長らを提訴

 特殊詐欺事件の被害者らが、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系組員らが関与する特殊詐欺の被害に遭ったとして、山口組司忍こと篠田健市組長らに総額2600万円余りの損害賠償を求めて提訴した。特殊詐欺を巡り、篠田健市組長を提訴したのは全国で初めてとみられる。

 原告の男女3人は2019年1月ごろ、山口組系組員が関与する特殊詐欺の被害に遭い、合わせて2200万円をだまし取られたという。原告らは「特殊詐欺は、組員が山口組に所属していることを利用して行われたもので、代表である組長は損害賠償責任を負う」として、篠田健市組長ら2人に総額2600万円余りの支払いを求め、東京地裁に提訴した。

 暴力団組員による特殊詐欺を巡っては、最高裁で指定暴力団・住吉会稲川会のトップに対する賠償命令がすでに確定している。

生活保護費を詐取 右翼団体「蒼龍会」幹部を逮捕

 警視庁公安部は19日、生活保護費を詐取したとして東京都中央区の右翼団体「草莽崛起の会」に加盟する「蒼龍会」幹部・杉村治朗容疑者(54)=西東京市=を詐欺の疑いで逮捕した。杉村治朗容疑者は「弁護士に相談します」と認否を留保している。

 杉村容疑者は2019年4月~2020年11月、交通事故保険金などの収入計約928万円を隠し、生活保護の申告書を中野区生活援助課に提出し、生活保護費計約288万円をだまし取った疑い。杉村容疑者は5年間であわせて1100万円の生活保護費をだまし取っていたとみられ、中野区が被害届を出ていた。

 杉村容疑者は中野区が家賃を負担するアパートを暴力団関係者に間貸しし、家賃収入を得ながら西東京市に住んでいた。

 2015年には、鳩山元首相の外交姿勢などに不満を募らせた杉村容疑者の団体が、東京都内で鳩山氏が乗る車を街宣車で包囲したとして摘発されていた。

コンビニ駐車場乱闘事件 住吉会系組員ら6人を逮捕

 宮城県警は16日、今年2月に宮城県仙台市内のコンビニ駐車場で男性2人に暴行しケガをさせたとして、指定暴力団・住吉会系組員・富長優哉容疑者(28)=仙台市太白区=ら男6人を傷害の容疑で逮捕した。現場では当時、10~20代の男ら十数人による乱闘騒ぎが起きていたとみられ、近隣住民から「大人数でけんか騒ぎがある」と110番通報があった。

 富長容疑者らは2月11日午後10時35分ごろ、駐車場で市内の19歳と20歳の男性2人を殴ったり蹴ったりし、頭や額から出血するケガを負わせたとしている。

覚醒剤590キロ密輸未遂 台湾出身3被告が無罪を主張

>>関連記事
 福岡地裁で17日、熊本県天草市の漁港で2019年12月、小型船から覚醒剤590キロ(354億円相当)が押収された事件の裁判で、覚醒剤を載せた船の乗組員ら台湾出身の男3人の裁判員裁判での初公判が開かれ、3人は起訴内容を否認し、それぞれの弁護人も無罪を主張した。

船内から大量の覚醒剤1
船内から大量の覚醒剤
船内から大量の覚醒剤3

 起訴状によると、台湾出身の洪福財被告(69)、陳瑞栄被告(70)、孫昀皓被告(39)の3人は2019年12月、覚醒剤およそ587キロを積んだ船を熊本県天草市の漁港に接岸させ、覚醒剤を密輸しようとしたなどの罪に問われている。

 検察側は冒頭陳述で「洪被告と陳被告は運搬した船の乗組員で、孫被告は統括役と連絡を取っていた」などと役割を指摘した。

 一連の事件をめぐっては、指定暴力団・工藤会系組員や住吉会系組員、山口組元組員など16人が逮捕・起訴されていて、3月に統括役とされた台湾出身の男に、無期懲役などの判決が言い渡されている。

現実逃避したくて覚醒剤使用 車上狙いの稲川会系組員を再逮捕

>>関連記事
 神奈川県警は17日、車上狙いで逮捕・起訴された指定暴力団・稲川会系組員・大城祐二容疑者(44)が、今年4月に神奈川県内で覚醒剤を使用したとして再逮捕した。大城容疑者は調べに対しは「現実逃避したくて覚醒剤を使いました」と容疑を認めている。

大城祐二容疑者
大城祐二容疑者

 大城容疑者は4月、横浜市内のコインパーキングで他人の車の中からゴルフバッグなどを盗んだとして、逮捕・起訴されたほか、横浜市内のコンビニの駐車場から750万円相当の高級外車を盗んだ疑いでも追送検されている。

 | HOME |  »

twitter

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿
yakuzanews-twitter.png
ツイッターはこちら

ブログ内キーワード検索


カテゴリ

■殺人 (114)
■殺人未遂 (201)
■傷害致死 (27)
■死体遺棄 (375)
■生命身体加害略取罪 (1)
■殺人予備罪 (3)
■傷害・暴行・暴力行為 (405)
■逮捕監禁 (57)
■脅迫・恐喝・強要 (647)
■恐喝未遂 (56)
■銃刀法違反 (326)
■発砲事件 (270)
■凶器準備結集・集合 (14)
■強盗事件 (199)
■身代金目的略取 (2)
■窃盗・盗難 (224)
■盗品等関与罪 (4)
■常習特殊窃盗罪 (1)
■漁業法違反 (16)
密漁品流通 (1)
特定水産動植物の採捕の禁止 (1)
漁業法違反ほう助 (1)
■水産資源保護法違反 (3)
■水面漁業調整規則違反 (7)
■証人等威迫罪 (2)
■犯人隠避・犯人隠避教唆 (50)
■証拠隠滅 (5)
■覚せい剤・大麻・麻薬・ドラッグ (580)
■医薬品医療機器法違反 (1)
■薬事法違反 (12)
■臓器移植法違反 (5)
■賭博開帳図利・常習賭博 (160)
■モーターボート競走法違反 (11)
■詐欺・横領・背任 (901)
■特殊詐欺・電子計算機使用詐欺 (215)
■新型コロナ対策・GoToトラベル関連詐欺 (55)
■不正アクセス禁止法違反 (4)
■免状不実記載・公正証書原本不実記録 (105)
■有印私文書偽造 (18)
■携帯電話不正利用防止法 (2)
■有価証券偽造・偽造有価証券行使 (9)
■偽造通貨行使 (2)
■出資法違反・貸金業法違反 (83)
■銀行法違反 (2)
■強制性交等罪 (14)
■強制わいせつ (2)
■迷惑行為防止条例違反 (25)
■児童福祉法違反 (31)
■県青少年健全育成条例違反 (7)
■未成年者誘拐 (1)
■公然わいせつ (1)
■わいせつ図画販売 (17)
■児童買春・ポルノ処罰法違反 (8)
■風俗営業法違反 (23)
■売春防止法違反 (42)
■入管難民法違反 (12)
不法就労助長 (2)
旅券法違反 (8)
■労働者派遣事業法違反 (42)
■不動産侵奪 (2)
■職業安定法違反 (8)
■建設業法違反 (10)
■労働基準法違反 (2)
■不正競争防止法違反 (1)
■強制執行妨害・競売入札妨害 (20)
■廃棄物処理法違反 (15)
不法投棄 (12)
虚偽管理票交付 (2)
虚偽申請 (1)
■建造物侵入 (5)
■器物損壊・建造物、住建造物損壊 (90)
■建造物等放火 (22)
■火炎瓶処罰法 (3)
■爆発物取締罰則違反 (20)
■保護責任者遺棄致死 (1)
■道路運送法・道交法違反 (66)
自動車運転過失傷害・ひき逃げ (16)
妨害運転罪・あおり運転 (1)
■公務執行妨害 (26)
■威力業務妨害 (21)
■競売入札妨害 (3)
■偽計業務妨害・偽計信用棄損 (11)
■名誉毀損罪 (1)
■商標法違反 (10)
■著作権法違反 (3)
■文化財保護法違反 (1)
■不正作出私電磁的記録 (2)
■電磁的記録媒体頒布 (3)
■密輸 (2)
■所得税法違反 (20)
■関税法違反 (7)
■電波法違反 (1)
■旅館業法違反 (1)
■民事保全法違反 (1)
■裁判員法違反 (2)
■弁護士法違反 (2)
■収賄罪 (1)
■地方公務員法違反 (2)
守秘義務違反 (0)
■職務強要 (1)
■特定商取引法違反 (4)
■裁判 (214)
■暴力団対策法 (85)
用心棒料等要求行為 (3)
多数集合 (4)
損害賠償 (10)
用心棒行為等防止命令 (2)
使用制限命令 (24)
再発防止命令 (14)
使用者責任 (16)
称揚行為の禁止 (1)
■暴力団排除条例 (315)
■組織犯罪処罰法 (202)
組織的殺人 (20)
組織的殺人未遂 (30)
組織的詐欺 (14)
組織的恐喝 (6)
組織的強要 (1)
組織的賭博開帳図利 (3)
組織的建造物損壊 (3)
組織的威力業務妨害 (1)
没収保全命令 (1)
犯罪収益収受 (91)
犯罪収益隠匿 (9)
犯罪収益仮装 (1)
犯人隠避・犯人隠避教唆 (9)
組織犯罪処罰法違反幇助 (1)
組織犯罪証拠隠滅 (1)
■犯罪収益移転防止法 (6)
■暴力行為等処罰法 (19)
■指詰めの強要等の禁止 (0)
■脱退妨害行為 (0)
■暴力団追放活動 (91)
■家宅捜索 (165)
■不起訴処分 (36)
■中止命令 (101)
■危険運転致傷 (2)
■暴走族追放条例違反 (1)
■宅建業法違反 (1)
■食品衛生法違反 (1)
■健康保険法違反 (3)
■国外 (65)
■その他 (1922)
■未分類 (1856)