FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

工藤会''新拠点''幹部の親族経営会社に売却成立

>>関連記事
 特定危険指定暴力団・工藤会の新たな活動拠点として今月、官報で公示された北九州市小倉北区の工藤会系組事務所を所有する幹部が、親族経営の会社に二千数百万円で売却するとの契約が成立したことが18日分かった。福岡県警は暴力団対策法に基づく新拠点への使用制限命令回避を狙った動きの可能性もあるとみている。

工藤会の新拠点
公示された工藤会の新拠点

 官報に公示されたのは、会長代行として暫定トップの立場にある男性幹部(72)が組長を務める2次団体「二代目矢坂組」事務所。2月に撤去が完了した本部事務所の代替施設として、会合などが行われていた。



知人宅に拳銃4丁など所持 神戸山口組系組長を再逮捕へ

 覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された特定抗争指定暴力団・神戸山口組傘下組長が、松山市の知人の家に拳銃や実弾を隠し持っていた疑いが強まり、愛媛県警は19日にも銃刀法違反の疑いで再逮捕する方針。

 神戸山口組傘下組長・丹下鉄治容疑者(52)は先月8日、覚せい剤を有償で知人の男に譲り渡した疑いで逮捕。その後の捜査で、松山市の知人の男の家に拳銃や実弾を隠し持っていた疑いが強まった。

 県警は5月上旬に知人の男の家を家宅捜索し、丹下容疑者のものとみられる回転式拳銃4丁と実弾数十発を押収。知人の男は銃刀法違反の罪ですでに起訴されていて、県警は入手ルートなどの捜査を進めている。



野球賭博借金で焼肉店開業しタダ働き 山口組系織田組幹部ら逮捕

 大阪府警捜査4課などは18日、知人男性を脅し、焼肉店の名義人にさせた上1年間働かせたとして、特定抗争指定暴力団・山口組系「三代目織田組」幹部・藤田雄二容疑者(64)=大阪府岸和田市=と、組員(42)=同府忠岡町=ら4人を強要容疑で逮捕した。いずれも容疑を否認している。

 藤田容疑者らは2018年12月上旬、暴力団組員は賃貸借契約を結ぶことができないことから、岸和田市内の飲食店で知人の塗装業の30代男性に対し「おまえが名義人になれ」などと脅迫。焼肉店を開業するための賃貸借契約書に署名・押印させた上に、開業した店で1年間にわたって働かせたとしている。

 被害者男性は、2018年のだんじり祭りで織田組組員と知り合い、その後、野球賭博に参加させられ、百数十万円の借金を背負わされた。

 焼き肉店での男性の時給1200円は借金の返済のため全額取り上げられ、新型コロナウイルスの影響で客が少なくなった今年2月ごろに解放されたという。

 藤田容疑者は、この焼肉店を資金獲得活動に使っており、暴力団組員では賃貸借契約を結べないため男性を利用したという。



元交際女性刺殺事件 山口組系元幹部に懲役22年を求刑

>>関連記事
 岡山地検は18日、2019年8月、岡山市のホテルで元交際相手の女性を刺して殺したとして、殺人などの罪に問われている元指定暴力団・山口組系「二代目大石組」幹部、河野美雄被告(70)に、懲役22年を求刑した。

河野美雄被告を乗せた車両
河野美雄被告を乗せた車両

 起訴状などによると河野被告は2019年8月13日午前2時ごろ、岡山市のホテルで以前交際していた女性(当時46歳)の胸などを複数回刺して殺害した罪などに問われている。

 18日の公判で検察側は「落ち度のない被害者を執拗かつ強固な殺意に基づいて刺身包丁で刺した、短絡的で自己中心的な犯行」などとして懲役22年を求刑した。

 一方、弁護側は「被告人は犯行を後悔し、反省もしている。また70歳と高齢であることや今後暴力団にも戻らないと決めている」などとして刑を軽くするよう求めた。
 
 判決は23日に言い渡される。



 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク





QRコード

QR