FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

「暴排標章」キャバクラが資金源か 「浪川会」本部を捜索

 福岡県警博多署は11日午前、福岡市博多区の歓楽街・中洲で無許可営業したとして摘発されたキャバクラ店の経営に関与したとして、指定暴力団・浪川会の本部事務所などを風俗営業法違反容疑で家宅捜索し、書類など数百点を押収した。

浪川会本部を捜索
浪川会本部を捜索

 キャバクラ店は「暴力団員立入禁止」の標章を店舗出入り口に掲示しており、暴力団排除に取り組んでいる姿勢を示しながら、実際は浪川会の資金源になっていた可能性があり、博多署が実態解明を進めている。

 博多署は10日、風営法違反(無許可営業など)容疑でキャバクラ店経営者、北嶋昇容疑者(28)=福岡市中央区清川1=ら2人を逮捕した。

 内偵捜査で北嶋容疑者らが、浪川会と親交があり、キャバクラ店の売上金の一部が浪川会に流れていた疑いが浮上した。

 「暴力団員立入禁止」の標章は、県暴力団排除条例に基づき、飲食店が県公安委員会に申し出て掲示するが、北嶋容疑者は別人の名義で店を営業し、標章を利用したとみられる。掲示店に入った暴力団組員は県公安委から退去を命じられ、背くと50万円以下の罰金が科せられる。県警によると、掲示店の経営に暴力団の関与が疑われるのは異例。



PCR検査強要「どうなっても知らんぞ」 山口組系組員を逮捕

 滋賀県警大津署は11日、医師を脅して新型コロナウイルスの感染の有無を調べるPCR検査を無理やり受けようとしたとして、特定抗争指定暴力団・六代目山口組系組員で建設業、中野利明容疑者(46)=大津市長等=を強要未遂の疑いで逮捕した。中野容疑者は容疑を否認している。

滋賀県警大津署
滋賀県警大津警察署

 中野容疑者は5月24日、大津市内の病院で、男性医師からPCR検査を断られたところ、「このまま帰れって言うんか。お前、責任とれんのか」「検査やれや、どうなっても知らんぞ」などと脅迫。検査を強要させようとしたとしている。

 中野容疑者は熱があったため、病院を受診。病院関係者から「医師が診察中に患者に恫喝されている」と通報があり、同署員が駆けつけたが、中野容疑者はすでに病院にいなかったため同署が行方を追っていた。



池田組事務所の使用制限仮命令 公安委の意見聴取欠席

>>関連記事
 岡山県公安委員会は11日、特定抗争指定暴力団・神戸山口組池田組に対し、岡山県警が本部事務所の使用を制限する仮命令を出したのを受け、暴力団対策法に基づく意見聴取の場を設けたが、池田組側は欠席した。県公安委は再度、意見聴取の場を設定した上で本命令を出すかどうか判断する。

 意見聴取は組側に弁明の機会を与え、仮命令の妥当性を判断するための手続き。この日は午前10時から県庁分庁舎に会場が設けられたが、開始時刻になっても組関係者は現れず、1時間以上過ぎた時点で欠席と判断された。関係者によると、組側からは出席しない旨が伝えられたという。

 仮命令は、再度開かれる意見聴取の日まで延長される。暴力団対策法では、再聴取の場にも組側が出席しなければ、本命令を出すことができると規定している。

 池田組を巡っては、5月30日に組事務所付近で池田組の若頭(58)=愛媛県四国中央市=が銃撃され、特定抗争指定暴力団・山口組大同会幹部、岸本晃生容疑者(52)=同市古豊千=が銃刀法違反容疑で逮捕された。

 県警は銃撃事件を山口組神戸山口組の対立抗争とみており、報復を防ぐための緊急措置として今月5日に仮命令を出し、多数の組員の事務所への集合などを禁止している。



長野県の姉弟殺人事件 山口組系事務所を家宅捜索

>>関連記事
 長野県警は11日午前7時、長野県埴科郡坂城町上平の住宅で先月26日、男女3人が死亡した事件で、凶器として使われた拳銃の入手経路などを調べるため、長野県上田市の指定暴力団・六代目山口組系三代目益田組傘下「二代目玉木組」の事務所を捜索した。

 坂城町の住宅では先月、この家の22歳の長女と16歳の次男、それに、住宅に侵入した玉木組若頭、小沢翔容疑者(35)が倒れているのが見つかりその後死亡した。小沢容疑者が姉弟を拳銃で殺害した後、自殺したとみている。

 警察は事件の前、被害者の兄に対する傷害などの疑いで逮捕状を取り小沢容疑者の行方を追っていた。警察では、拳銃の入手経路などの調べを進めている。



 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク





QRコード

QR