FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

特殊詐欺 住吉会本部事務所を捜索

 警視庁は3日、特殊詐欺事件で指定暴力団・住吉会傘下組員が逮捕された事件を受け、住吉会本部事務所を家宅捜索した。住吉会本部への家宅捜索は今年に入って2回目。

 この事件は、住吉会系「十三代目幸平一家」傘下組員、片岡数真容疑者(31)が2018年10月、山口県の74歳の女性に息子を装いうその電話をかけ、、現金250万円をだまし取った疑いで逮捕されたもの。片岡容疑者は、受け子の監視役とみられ、被害総額1,200万円にのぼる特殊詐欺事件に関与したとみられている。

片岡数真容疑者
片岡数真容疑者

 警視庁は2日、幸平一家本部事務所を家宅捜索していて、住吉会が特殊詐欺でだまし取った金を組織の運営資金にしていた可能性があるとみて調べている。

  

山口組と神戸山口組 特定抗争指定延長を公示

>>関連記事
 兵庫など6府県の公安委員会は3日、山口組神戸山口組に対する特定抗争指定暴力団への指定を、効力が切れる7日から7月6日まで3カ月間延長すると官報で公示した。抗争が終結したとは認められないと判断した。

 指定は暴力団対策法に基づき活動を厳しく制限する措置で、3カ月ごとに更新が必要。傘下事務所などがあり、「警戒区域」として扱われている自治体は6府県10市から変わらなかった。組員らは警戒区域でおおむね5人以上で集まることなどが禁じられている。

 10市は岐阜市、名古屋市、三重県桑名市、京都市、大阪市、大阪府豊中市、神戸市、兵庫県尼崎市、同県姫路市、同県淡路市。

  

 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク





QRコード

QR