FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

山口組系事務所に「使用差し止め」の仮処分

>>関連記事
 東京地裁は11日、今年1月に東京都足立区一ツ家にある特定抗争指定暴力団山口組系「良知二代目政竜会」本部事務所に、指定暴力団・松葉会系「榎戸一家九代目」組員、山本節哉容疑者(59)=同区梅田=が、砂利を積んだダンプカーが突っ込んだ事件をめぐり、足立区の申し立てた主張を認め、事務所に暴力団組員らが立ち入ることを禁じる「事務所の使用差し止め」の仮処分を認める決定をした。

事件現場2
ダンプが突っ込んだ事務所

 この事件を受け足立区は「抗争に発展すると事務所近くの小学校に通う子供や保護者ら、区民に危険が生じかねない」として、東京地裁に対し、暴力団による事務所の使用を差し止めるよう仮処分を申し立てていた。

  

京都山中に身元不明遺体 放火車両の所有者か

>>関連記事
 兵庫県警は11日、兵庫県加古川市の農道で車を全焼させたとして、特定抗争指定暴力団神戸山口組山健組傘下「二代目武神会」幹部、八軒丈弥容疑者(41)ら男7人が逮捕された事件で、行方不明となっていた車の所有者の男性(47)とみられる遺体を、京都府福知山市の山中で発見した。

京都府山中で遺体を発見
京都山中で遺体を発見

 県警の調べに対し、男性を殺害した上で遺体を京都府福知山市内の山中に遺棄したなどと供述。この日朝から兵庫県丹波市との府県境にある京都府福知山市の山中を捜索。午後3時ごろに男性とみられる遺体を見つけた。遺体には土がかぶせられており、性別不明で腐敗が進んでいた。

 捜査関係者によると、車の所有者の男性は、八軒容疑者に多額の現金を貸し付けていたが返済が滞っていた。金銭トラブルが一連の事件の背景にあるとみられる。男性は八軒容疑者側とのトラブルをほのめかすメモを残したまま所在不明となっていた。

 全焼した車は昨年11月30日、加古川市平荘町磐の農道で発見された。ナンバープレートが取り外され、車内からは油が検出された。

 県警が付近の防犯カメラ映像を解析し、写っていた人物の交友関係などを調べたところ、八軒容疑者らが同日未明に男性の車に放火した疑いが浮上。今月4日から7日にかけ、建造物等以外放火容疑で、八軒容疑者と少年を含む16~31歳の男6人の計7人を逮捕していた。

  

覚せい剤所持・使用 山口組系組員に懲役1年4ヵ月の実刑

>>関連記事
 富山地方裁判所(大村泰平裁判官)は11日、覚せい剤の所持や使用などの罪に問われている指定暴力団・山口組傘下組員に対し、懲役1年4か月の実刑判決を言い渡した。逮捕当時、深田被告は窃盗の罪で執行猶予期間中だった。

 判決を受けたのは山口組系三代目小西一家傘下「東総業」組員、深田悠希被告(23)=富山市西新庄=。

 判決よると深田被告は、去年10月、同じく東総業の島卓弘被告と共謀し、自宅の駐車場に止めていた車の中に、覚せい剤およそ1.2グラムを所持していたほか、自宅で覚せい剤を使用したとされている。

  

 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク





QRコード

QR