FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

山口組系組員であることを隠し融資 詐欺容疑で逮捕

 富山県警は、暴力団員であることを隠し、金融機関から450万円の融資を受けたとして、指定暴力団・山口組系組員、澤田和義容疑者(42)=射水市中野=を詐欺の疑いで逮捕した。澤田容疑者は、「だましたつもりはない」と容疑を否認している。

 澤田容疑者は2018年11月、暴力団組員であることを隠し、高岡市の金融機関に車を購入するための融資を申し込み、450万円をだまし取った疑いがもたれている



特殊詐欺 稲川会前会長に二審も賠償命令

>>関連記事
 東京高裁で4日、指定暴力団・稲川会系組員らによる特殊詐欺事件の被害者が、稲川会清田次郎前会長に賠償を求めた訴訟の控訴審判決が行われ、八木一洋裁判長は一審東京地裁と同様、暴力団対策法に基づく「使用者責任」を認定し、前会長に計約1633万円の賠償を命じた。

 被害者に組員と名乗らずに行った特殊詐欺が「暴力団の''威力''を示して資金を得る行為」に該当するかが主な争点。

八木裁判長は「資金獲得に暴力団の威力を利用していれば、被害者に威力を示す必要はない」と述べた上で、「組員は犯行グループに対して威力を用い、詐欺に加担させた」と指摘した。 



特殊詐欺 住吉会総本部を家宅捜索

>>関連記事
 警視庁は4日午前、指定暴力団・住吉会系「幸平一家」の傘下組員ら9人が特殊詐欺で逮捕されたことを受け、住吉会総本部を捜査員およそ20人体制で家宅捜索した。

住吉会総本部
住吉会総本部があるマンション

 捜索は「幸平一家」の傘下組員、石川覚容疑者(32)ら男9人が、銀行員や孫になりすまして高齢女性から現金をだまし取ったとして逮捕されたことを受けて行われた。だまし取った金の一部が住吉会に流れたとみて調べている。



組員を殴り失明 山口組系「兼一会」会長ら6人逮捕

 大阪府警捜査4課は4日、昨年5月に当時山口組直系団体だった「極心連合会」本部事務所で、組員を暴行し失明する重傷を負わせたとして、山口組系2次団体「二代目兼一会」会長、植野雄仁こと金奎轍容疑者(68)=大阪市中央区島之内=と、組員ら5人を傷害容疑で逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

極心連合会本部事務所
極心連合会本部事務所

 被害者の組員と金容疑者ら6人は、当時「極心連合会」に所属していた。極心連合会は、昨年11月ごろに解散した。

 逮捕容疑は共謀し、昨年5月中旬、極心連合会の事務所1階で、当時組員だった40代の男性の顔を殴るなどの暴行を加え、左目を失明するなどの重傷を負わせたとしている。



 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク





QRコード

QR