FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

暴走族に金銭を要求 稲川会系組員ら逮捕

 神奈川県警交通捜査課と鶴見署は12日、内装工の男(36)=横浜市旭区桐が作=と、指定暴力団・稲川会系組員(27)=住所不定=の両容疑者を県暴走族追放条例違反の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は、内装工の男は昨年5月16日、同市都筑区に住む暴走族構成員の無職少年(17)に対し、暴走行為を容認する対償として計10万円を要求し、稲川会系組員は同9月16日、同市港北区に住む塗装工の少年(17)ら暴走族構成員の少年5人に対し、同じく計5万円を要求したとしている。いずれも容疑を認めている。

 車道で信号無視や蛇行運転などの暴走行為をしたとして、県警は昨年6月~今年1月、道交法違反(共同危険行為)の疑いで、暴走族「綱島愚連隊」に所属する少年10人を逮捕。供述から2人が関与した疑いが浮上した。



違法ネットカジノ 4か月間で3000万円 店長を起訴

 富山県警は12日、富山市総曲輪のインターネットカジノ店「ブラックリバー」で違法な賭博をしたとして店長が逮捕された事件で、富山市総曲輪のインターネットカジノ店「ブラックリバー」の店長、福田直人被告(30)を常習賭博の疑いで起訴した。

違法なインターネットカジノ店から押収したパソコン
「ブラックリバー」から
押収されたパソコン

 起訴状などによると、福田被告は複数の客に、「ブラックジャック」などのネットゲームで使う換金可能なポイントを1ポイント1円で購入させ、ゲームの勝敗で賭けたポイントをやりとりする違法な賭博をした疑いがもたれている。

 警察が押収したパソコンの履歴から、店の売り上がは去年9月から逮捕される4か月間で3000万円に上っていたことがわかりました。



信販会社から現金詐取 稲川会系組員を逮捕

 神奈川県警暴力団対策課は12日、信販会社に対して自身が暴力団員であることを隠して嘘をついてカネをだまし取ったとして、指定暴力団・稲川会系組員の自称会社員、斎藤優也容疑者(32)=横浜市鶴見区江ケ崎町=を詐欺の疑いで逮捕した。「私は暴力団の組員ではありません」などと容疑を否認している。

 逮捕容疑は平成31年2月22日、横浜市港北区内の自動車販売店で、自身が暴力団員であることを隠したうえ、実際は仕事をしていないのに実在する会社の社員であると契約書に虚偽の記載をして、大阪府浪速区内の信販会社にローンを申し込み、自動車購入代金など約600万円をだまし取ったとしている。

 同課によると、同年3月に横浜市都筑区内のラーメン店で、暴力団関係者の男性が何者かに刺されて死亡した事件を捜査する過程で、斎藤容疑者の容疑内容が浮上した。



特殊詐欺の被害金収受 山口組系関係者を逮捕

 大阪など11道府県の合同捜査本部は12日、特殊詐欺の被害金と知りながら受け取ったとして、特定抗争指定暴力団山口組弘道会傘下福島連合組員、相川健太容疑者(45)=札幌市西区=を組織犯罪処罰法違反(犯罪収益収受)容疑で逮捕した。認否を明らかにしていない。

 捜査本部はこれまでに、フィリピンを拠点とした特殊詐欺グループを70人以上摘発し、一部の容疑者の入金記録から関与が浮上した。

 逮捕容疑は昨年7月、特殊詐欺グループのメンバーが警察官などをかたって高齢者からだましとった金と知りながら、自身の口座に現金10万円を振り込ませたとしている。相川容疑者の口座には、特殊詐欺グループからとみられる入金が他にも複数回あったという。



 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク





QRコード

QR