FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

稲川会系「森田一家」事務所への発砲事件 実行役を逮捕

>>関連記事
 静岡南署と静岡県警捜査4課などは5日午前、、昨年9月に静岡県静岡市駿河区敷地の指定暴力団・稲川会系「四代目森田一家」組事務所に銃弾が撃ち込まれた事件で、自称・ガソリンスタンド店員、山下義隆容疑者(48)=山梨県甲府市=を銃刀法違反と建造物損壊の疑いで逮捕した。認否は明らかにしていない。

発砲事件があった稲川会系森田一家事務所
発砲事件があった森田一家事務所

 山下容疑者は山梨県内に拠点を置く稲川会の2次団体の関係者とみられ、発砲事件が起きる前に、森田一家と山梨県の団体との間でトラブルがあったことが確認されていて、背景に内部抗争があったとみて調べている。

 逮捕容疑は昨年9月15日未明、森田一家の事務所に銃弾数発を撃ち込んだ上、出入り口の門のシャッター付近を貫通させて敷地外の民家の窓枠付近を損壊させた疑い。山下容疑者は発砲の実行役とみられ、指示役など共犯者について捜査し、背後関係を調べている。

 県警は周辺の聞き込みや防犯カメラなどから山下容疑者を割り出し逮捕した。



大麻草栽培 指名手配の住吉会系組員を逮捕

 埼玉県警組織犯罪総合対策本部は5日、大麻草を栽培したとして指定暴力団・住吉会系組員、関口友容疑者(34)=埼玉県狭山市鵜ノ木=を大麻取締法違反(営利目的栽培)の疑いで逮捕し、さいたま地検川越支部に送検した。認否は明らかにしていない。

 逮捕容疑は昨年4月11日、埼玉県日高市北平沢の家屋で大麻草31株を営利目的で栽培したとしている。県警は昨年4月から11月にかけて、栽培に関与したとして別の男3人を逮捕。同じグループの関口容疑者は逃亡したため、指名手配して行方を追っていたところ、今月3日に狭山署に出頭してきた。



詐欺事件で住吉会本部を家宅捜索

>>関連記事
 警視庁組織犯罪対策4課は5日、指定暴力団・住吉会幸平一家傘下幹部らが高齢者から現金をだまし取ったとして逮捕された事件で、詐欺未遂の疑いで同組員の山岡翔容疑者(36)=千葉県八千代市=を新たに逮捕した。「身に覚えがありません」と容疑を否認している。

住吉会本部を捜索1
住吉会本部を家宅捜索
住吉会本部を捜索2

 山岡容疑者は、平成30年5月、山口県の女性(74)に「外国のお金に関する商品にあなたが名義を貸していることが税務署にばれ、逮捕されるかもしれない」と嘘の電話をかけ、700万円をだまし取ろうとしたなどとしている。女性が警察に相談したため、被害はなかった。

 この詐欺グループは住吉会系の暴力団組員らで構成されていて、組ごとに受け子や出し子の役割を分担していて、警視庁などは、住吉会の組織的な関与があるとみて、5日午前11時、「住吉会」本部事務所を家宅捜索した。



門に弾痕4カ所 山口組若頭宅銃撃

>>関連記事
 三重県桑名市にある特定抗争指定暴力団・山口組高山清司若頭(72)宅に銃弾が撃ち込まれた事件で、弾痕は正面の門に計4カ所確認された。門は木製で、銃弾は貫通したり、めり込んだりしており、周辺から銃弾の破片が見つかった。

山口組若頭宅銃撃事件
山口組若頭宅銃撃事件

 銃刀法違反(所持)容疑で現行犯逮捕された元山口組系組員の自称無職、谷口勇二容疑者(76)は、「大阪から電車で来た」、「拳銃で3、4発撃った」「弘道会に恨みがあった」などと供述している。山口組は平成27年に分裂したが、谷口容疑者は、10年以上前に解散した山口組傘下組織に所属していた。

 県警は押収した拳銃を鑑定、同法違反の発射容疑なども視野に調べている。



「売春をやめさせてもらえない」道仁会系幹部ら2人逮捕

 佐賀県警伊万里署は4日までに、指定暴力団・道仁会系幹部(54)=伊万里市二里町=と、トラック運転手の男(25)=神埼郡吉野ヶ里町=を売春防止法違反(契約)の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は2018年8月29日、伊万里市内のレストランで、同市の20代女性との間で売春させることを目的とした契約をした疑い。同署は認否を明らかにしていない。

 伊万里署によると、昨年7月下旬女性が「売春をやめたいがやめさせてもらえない」と同署に相談していた。



マレーシアで1千万円恐喝 神戸山口組系幹部ら逮捕

 警視庁は、高収入を得られるノウハウとうたって「情報商材」をネット上で販売する男性からマレーシアで1千万円を脅し取ったとして、指定暴力団・神戸山口組系二代目宅見組幹部、三木秀美容疑者(46)=横浜市南区=ら男3人を恐喝容疑で逮捕した。いずれも容疑を否認している。

 3人は2018年4月12日、マレーシア・クアラルンプールの日本人男性(29)宅で、「俺はヤクザだ」などと男性を脅し、1千万円を振り込ませた疑いがある。警視庁は、海外での犯罪について自国民を処罰する刑法の国外犯規定を適用。現場の男性宅に設置された防犯カメラの映像などから3人が関与したと判断した。

 ほかに逮捕されたのは、それぞれ別の会社の役員の緑川修(51)=横浜市金沢区=、守下高志(46)=群馬県太田市=の両容疑者。

 男性は現地を拠点に、投資などの必勝法をうたう情報商材ビジネスを展開。購入した守下容疑者から成果が出ないとして代金を取り返すよう依頼され、緑川容疑者が三木容疑者と2人で現地を訪れたという。警視庁は、防犯カメラの映像などの提供を男性から受け、捜査を進めていた。



 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク





QRコード

QR