FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

前橋スナック拳銃乱射事件 死刑囚の元会長が自殺

>>関連記事
 2003年に前橋市のスナックで拳銃を乱射し4人が死亡した事件で、殺人罪などに問われ、刑が確定した指定暴力団・住吉会幸平一家傘下「矢野睦会」の元会長、矢野治死刑囚(71)が26日、東京拘置所内で死亡した。自殺とみられ、法務省が詳しい状況を調べている。

 確定判決によると、矢野死刑囚は住吉会幸平一家傘下「矢野睦会」の元会長。「矢野睦会」幹部の小日向将人死刑囚(50)と、山田健一郎死刑囚(53)に、対立していた稲川会系組長の殺害を指示。
 
 2003年1月25日午後11時半ごろ、前橋市三俣町のスナックで、矢野睦会の幹部2人が店内などで拳銃を発砲し、客の市民ら3人と店の前にいた稲川会系元組長の護衛役1人を射殺し、元指定暴力団・稲川会系「大前田一家(解散)」本部長で、後藤組組長の後藤邦雄ら2人に重傷を負わせた。

 2004年2月に首謀者とされる矢野睦会会長、矢野治と実行役とされる小日向将人が逮捕され、もう1人の実行犯として指名手配されていた山田健一郎も同年5月に逮捕された。

 この乱射事件は、2001年8月、前橋市の「大前田一家」幹部2人が東京都葛飾区で営まれた住吉会系幹部の通夜で、住吉会系住吉一家傘下「向後四代目」と、「滝野川一家七代目」総長を射殺した事件が発端とされる。

 稲川会は、住吉会側に大前田一家の「家名抹消」などを伝え、両組織は手打ちとなったが、幸平一家上層部などが大前田一家の元組長らへの報復を計画し、幸平一家傘下矢野睦会が中心となって事件を引き起こした。



 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク





QRコード

QR