FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

工藤会裁判 組織犯罪組員のため「貯金」

 福岡地裁(足立勉裁判長)で、特定危険指定暴力団工藤会が関与したとされる市民襲撃4事件で、殺人などの罪に問われた工藤会トップで総裁、野村悟被告(73)とナンバー2で会長、田上不美夫被告(63)の第21回公判が行われた。

 検察側証人として出廷した上納金の集計担当だった元組員が、組織のために罪を犯した組員のために「貯金」をして名簿で管理していたと証言し、元漁協組合長射殺事件(1998年)の実行犯ら2人の名前もあったと明らかにした。

 元組員は2007年末から4年間、組員から集めた上納金の集計を担当。上納金は毎月2千万円ほどで(1)野村被告宅の維持費(2)「貯金」(3)同会運営費-に分けた。

 「貯金」は「総務委員長から渡された名簿に載っている組員のために毎月10~20万円を積み立てていた」と説明。名簿には組名、名前、積立額が書かれ、対象組員は「組織のために事件を起こして服役している人」とした。元漁協組合長射殺事件の実行犯と見届け役の2人は、20万円ずつ積み立てられていたという。

 弁護側が「貯金の対象者から組織のために事件を起こしたと聞いたり、会合などで正式な説明があったりしたか」と質問したのに対し、元組員は「ない」と答えた。



仕事紹介料3万円恐喝 旭琉會系組長ら逮捕

 沖縄県警うるま署は30日、共謀して県内の40代男性から現金3万円を脅し取ったとして、指定暴力団・旭琉會系三代目富永一家傘下、中山組組長(69)=那覇市=ら男3人を恐喝容疑で逮捕した。3人とも容疑を否認しているという。

 ほかに逮捕されたのは自称会社員(61)と自称大工(45)=いずれも浦添市。

 逮捕容疑は昨年1月、那覇市内の飲食店で仕事の紹介料を名目に「払わないと大変なことになる」などと脅迫し、3月30日に現金3万円を受け取った疑い。



14年間みかじめ料 住吉会系幹部ら逮捕

>>関連記事
 警視庁は、スナック経営者に14年にわたり、みかじめ料を支払わせていたとして指定暴力団・住吉会系「向後睦会」幹部、根岸広志容疑者(52)と、元交際相手・川崎真紀容疑者(41)らを逮捕した。

根岸広志容疑者
根岸広志容疑者(昨年10月)

 根岸容疑者らは2019年10月、東京都新宿区百人町のスナックと風俗店の経営者から、用心棒代などとして、みかじめ料あわせて4万円を受け取った疑いが持たれている。スナック経営者は、14年にわたって支払わされていたとみられ、根岸容疑者らは2店舗から、あわせて500万円以上を受け取っていたとみらている。



5400万円入り金庫 盗んだ疑い 神戸山口組系組長など5人逮捕

 宮城県警は28日までに宮城県大崎市内のアパートから現金およそ5400万円が入った金庫などを盗んだ疑いで、指定暴力団・神戸山口組系二代目宅見組傘下敬心連合幹部で「船田組」組長、船田光夫容疑者(69)=石巻市=と、不動産仲介業・及川弘容疑者(72)=美里町=、会社役員・横山康貴容疑者(45)=宮城野区の=、建設業・久本盛太容疑者(33)、建設作業員・冨谷渉容疑者(26)ら5人を住居侵入と窃盗の疑いで逮捕した。

 5人は去年3月17日の午後、共謀して大崎市内のアパートに侵入し、67歳の男性の部屋から現金およそ5400万円と印鑑2本が入った金庫1つを盗んだ疑いがもたれている。犯行当時、アパートの部屋はカギがかかっていたという。

 他に共犯者がいる可能性があることなどから、船田容疑者と及川容疑者の認否を明らかにしていないが、横山容疑者など他の3人は「間違いありません」と容疑を認めている。

 県警は、船田容疑者と及川容疑者、横山容疑者の3人が計画を立て、他の2人に犯行を実行させた疑いがあるとみて、5人の役割を調べるとともに余罪についても詳しく調べている。



特定抗争指定暴力団の標章破った男を逮捕 直罰規定初適用 

 大阪府警捜査4課は29日までに、大阪市の「警戒区域」にある特定抗争指定暴力団神戸山口組系組事務所に張り付けられた標章を破ったとして、朝鮮籍の建設作業員、文友一容疑者(37)=大阪市城東区諏訪=を暴力団対策法違反の疑いで28日付で逮捕した。

 今回の特定抗争指定に基づき、警戒区域での違反行為に対し、中止命令を経ずに即時に逮捕できる「直罰規定」の全国初適用。暴対法では、標章を壊したり、汚したりすることが禁止されている。

 逮捕容疑は27日午8時35分ごろ、城東区内の事務所の金属製シャッターに張られた組の特定抗争指定を示す標章を手で破るなどした疑い。文容疑者は容疑を認めており「私が破った」、「腹が立っていた」などと供述している。



工藤会系組員 懲役26年の判決

>>関連記事
 福岡地裁は、北九州市でタクシーで帰宅途中だったスナック経営者や、男性運転手を包丁で切りつけ大けがをさせたとされている特定危険指定暴力団・工藤会系組員、坂口鉄二被告(51)の判決公判で、懲役26年の判決を言い渡した。

 判決によると、犯行は工藤会上層部からの指示・命令で行われたとし、坂口被告は2012年9月、北九州市でタクシーで帰宅途中だったスナック経営の女性(当時35)や、男性運転手(当時40)を包丁で切りつけ大けがをさせ、2013年には福岡市で起きた女性看護師(当時45)切りつけ事件では、行動監視役を務めるなどしていた。



机の天板に覚醒剤練り込み輸入 極東会系組員ら2人逮捕

 警視庁組織犯罪対策5課と静岡県警などは27日までに、麻薬特例法違反の疑いで、指定暴力団・極東会系組員、山崎大揮容疑者(32)=静岡県三島市青木=、貨物運送会社役員の勝又護(32)=同市富士ビレッジ=両容疑者を麻薬特例法違反(規制薬物としての所持)の疑いで現行犯逮捕した。いずれも容疑を否認している。机の天板部分に覚醒剤を練り込み、アラブ首長国連邦(UAE)から密輸しようとしたとみて調べている。

机の天板に覚醒剤を練り込み密輸
机の天板に覚醒剤を
練り込み密輸

 机は2台あり、いずれも天板部分に覚醒剤が練り込まれていたとみて調べている。天板2枚の重さは計約400キロ。

 テーブルは昨年12月23日、椅子などとともに羽田空港に到着。今年1月17日に東京税関の検査を受けた。空港のX線検査では発見されなかったが、天板と脚を止めるねじに粉末が付着していたため、調べた結果、覚醒剤と判明。

 警視庁がテーブルを別のものにすり替えて、送り先まで追跡。1月23日午後2時50分ごろ、勝又容疑者の会社の倉庫に相当量の覚醒剤を含むものと認識してテーブル2つを所持、2人が現れ解体しようとしたところを取り押さえたという。



前橋スナック拳銃乱射事件 死刑囚の元会長が自殺

>>関連記事
 2003年に前橋市のスナックで拳銃を乱射し4人が死亡した事件で、殺人罪などに問われ、刑が確定した指定暴力団・住吉会幸平一家傘下「矢野睦会」の元会長、矢野治死刑囚(71)が26日、東京拘置所内で死亡した。自殺とみられ、法務省が詳しい状況を調べている。

 確定判決によると、矢野死刑囚は住吉会幸平一家傘下「矢野睦会」の元会長。「矢野睦会」幹部の小日向将人死刑囚(50)と、山田健一郎死刑囚(53)に、対立していた稲川会系組長の殺害を指示。
 
 2003年1月25日午後11時半ごろ、前橋市三俣町のスナックで、矢野睦会の幹部2人が店内などで拳銃を発砲し、客の市民ら3人と店の前にいた稲川会系元組長の護衛役1人を射殺し、元指定暴力団・稲川会系「大前田一家(解散)」本部長で、後藤組組長の後藤邦雄ら2人に重傷を負わせた。

 2004年2月に首謀者とされる矢野睦会会長、矢野治と実行役とされる小日向将人が逮捕され、もう1人の実行犯として指名手配されていた山田健一郎も同年5月に逮捕された。

 この乱射事件は、2001年8月、前橋市の「大前田一家」幹部2人が東京都葛飾区で営まれた住吉会系幹部の通夜で、住吉会系住吉一家傘下「向後四代目」と、「滝野川一家七代目」総長を射殺した事件が発端とされる。

 稲川会は、住吉会側に大前田一家の「家名抹消」などを伝え、両組織は手打ちとなったが、幸平一家上層部などが大前田一家の元組長らへの報復を計画し、幸平一家傘下矢野睦会が中心となって事件を引き起こした。



襲撃者は複数で車で逃走 死亡は山口組系組員

>>関連記事
 群馬県桐生市のアパート駐車場で、銃で撃たれた男性が死亡した事件で、死亡したのはアパートに住む指定暴力団・山口組の四次団体で弘道会野内組傘下「二代目栗山組」の中西啓祐こと喜原啓祐組員(51)で、襲撃後に犯人2、3人が車で逃走していた。県警は殺人事件として、桐生署に捜査本部を設置した。

事件のあった現場
事件のあった現場

 喜原組員は発見時、意識不明の状態でうつぶせに倒れていた。頭と腹を拳銃で撃たれ、腹に受けた銃弾は貫通していたという。拳銃が使われたことから、暴力団同士のトラブルが背景にあるとみられる。



群馬県桐生市で拳銃で撃たれ51歳男性が死亡

 24日午後7時ごろ、群馬県桐生市天神町3丁目のアパート駐車場付近で、「拳銃の発砲音のような音がした。男性が倒れている」と近くの住民から110番通報があった。群馬県警によると、倒れていたのはこのアパートに住む指定暴力団・山口組の四次団体で弘道会野内組傘下「二代目栗山組」の中西啓祐こと喜原啓祐組員(51)で、市内の病院に救急搬送されたが、約1時間後に死亡が確認された。

 県警によると、喜原組員の頭と腹には銃で撃たれたような傷があり、近所の住民が「拳銃の発砲音のような音が数回した」と話していて、複数の男が言い争っている様子や現場から走り去る男を目撃していたという。



松葉会本部に火炎瓶 報復の可能性も

>>関連記事
 25日午前6時半ごろ、東京都台東区西浅草2-9-8にある指定暴力団・松葉会本部事務所で「火が出ている」と110番があった。

 警視庁組織犯罪対策4課は火炎瓶のようなものが投げ込まれたとみて捜査を始めた。事務所入り口のシャッター付近で割れたガラス瓶の破片が見つかったという。けが人はいなかった。

 今月17日には、東京都足立区にある特定抗争指定暴力団山口組系「良知二代目政竜会」本部事務所にダンプカーが突っ込み、運転していた松葉会系「榎戸一家」組員が逮捕される事件があり、山口組側が報復に及んだ可能性もあるという。

良知二代目政竜会」は、初代「良知組」・良知政志組長の死去に伴い二代目を継承、名称を「良知二代目政竜会」と変更し、昨年12月に本部事務所を静岡県から足立区内に移転させたばかりだった。 



逮捕監禁・傷害 アイドル喫茶経営の住吉会系元組員を逮捕

 警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は24日までに、東京・秋葉原にあるアイドル志望の女性らが接客するアイドルカフェの元店長の男性(28)を監禁して暴行し、重傷を負わせたとして、指定暴力団・住吉会系元組員で実質的経営者、神谷卓容疑者(33)=東京都江戸川区=と、会社員の白石久峰容疑者(32)ら男6人を逮捕監禁と傷害の疑いで逮捕した。6人は「無理矢理車に乗せたりはしていない」などといずれも容疑を否認している。

神谷卓容疑者
神谷卓容疑者

 逮捕容疑は昨年8月21日夜、JR西日暮里駅前で無理やり車に連れ込み、ハンマーで殴って肋骨を折るなどの重傷を負わせたうえ、会社事務所などに監禁。23日に男性が逃げ出すまでの間、殴る蹴るなどの暴行を加え、鼻やあばら骨を折る重傷を負わせた疑い。

 また、暴行を加えた後、2回にわたって病院に連れて行き、治療を受けさせていた。元店長の体調が悪化し、事件の発覚を恐れたとみられる。

 元店長は昨年5月上旬から勤め、その後店員だった10代女性との交際を神谷容疑者らに申し出たが反対されたため、7月下旬に店を辞めていた。6人は男性が店員の女性と交際し、無断で辞めたことに腹を立てたとみられる。



特殊詐欺 「工藤会」関係先を家宅捜索

 警視庁は23日、特殊詐欺グループが摘発された事件で、千葉県松戸市にある指定暴力団・工藤会の関係先を家宅捜索した。

工藤会関係先を捜索
工藤会関係先を捜索

 特殊詐欺で逮捕されたのは、無職の米元貴哉容疑者(33)と、吉田智博容疑者(26)ら3人。いずれも容疑を否認している。
 
 3人は去年5月、栃木県鹿沼市の73歳の男性に、市役所の職員を装ったうその電話をかけ、キャッシュカード2枚をだまし取った疑いがもたれている。米元容疑者は詐欺グループのリーダーで、だまし取った金が工藤会に渡った可能性もあるとみて、グループの実態解明を進めている。



特殊詐欺の現金回収役 稲川会系組員を逮捕

 神奈川県警は、小田原市内に住む80代の女性からキャッシュカードをだまし取り、現金を引き出し盗んだとして、現金回収役とみられる指定暴力団・稲川会系組員、中尾亮達容疑者(29)=相模原市緑区下九沢=を窃盗の疑いで逮捕した。中尾容疑者は「俺は知りませんでした」と容疑を否認している。

 尾容疑者は、今年4月、金融機関の職員を装い小田原市に住む80代の女性の自宅に「キャッシュカードを用意しておいてください」などと連絡し、キャッシュカード3枚をだまし取り、小田原市内のコンビニのATMなどで、現金合わせて372万円余りを不正に引き出し盗んだ疑いが持たれている。

 この事件を巡り、同じ詐欺グループとみられる3人の男が窃盗の罪ですでに起訴されていて、中尾容疑者は現金回収役で、それぞれ3人に報酬として、引き出した現金の5パーセント分を渡していたとみられている。



歌舞伎町を車で暴走 覚醒剤使用で住吉会系組員を再逮捕

 警視庁は、今月17日に東京都新宿区歌舞伎町で車を運転中、職務質問をしようとしたパトカーから550メートルにわたって逃走し、道路を逆走したとして逮捕されていた指定暴力団・住吉会系組員、高橋佑樹容疑者(43)を、覚醒剤使用の疑いで再逮捕した。その後の尿検査で覚醒剤の陽性反応が出たという。

高橋佑樹容疑者
高橋佑樹容疑者

 高橋佑樹容疑者は、今月上旬から先週17日までの間、都内などで覚醒剤を使用した疑いがもたれている。車のブレーキペダルの下からは注射器が2本見つかっていて、高橋容疑者は調べに対し容疑を認めている。



太州会事務所を撤去 退去を確認

 福岡県警飯塚署は21日、飯塚市内の7階建てマンションの1室にあった指定暴力団・太州会の飯塚本部事務所が昨年12月に撤去されたと発表した。

 マンション管理組合側が2019年10月、マンション側が共同生活上の障害などがあるとして、区分所有法に基づき福岡地裁飯塚支部に提訴し、12月9日付で調停が成立していた。

 事務所は十数年前から使われ、県警も暴力団事務所として認定。撤去前まで使われていた。



神戸市の建設会社で「発砲事件」 

 20日午前6時半ごろ、、神戸市須磨区若宮町にある建設会社の男性社員から「正面のガラス戸に拳銃で撃ったような穴があいている。部屋の中に弾丸のようなものがある」と警察に通報があった。

建設会社で発砲事件
建設会社で発砲事件

 ガラス戸には直径約1.5cmの拳銃で撃たれたような穴が2つあいていて、男性は「事務所の中に弾痕がある」とも話している。けが人はいなかった。

 近くでは拳銃とみられるものが見つかっていて、警察は関連を調べるとともに発砲事件として捜査している。

 1月に山口組神戸山口組特定抗争指定暴力団に指定されて以降、発砲事件が起きるのはこれが初めて。



女性にシャンパン一気飲み強要 旭琉会系組員を逮捕

 沖縄県警浦添署と与那原署は18日、沖縄県与那原町与那原のバーで、知人の20代女性=本島中部=にシャンパンを無理やり一気飲みさせ、過呼吸を引き起こさせたとして、指定暴力団・旭琉会系「二代目功揚一家」組員(32)=那覇市小禄=と、旭琉会系「二代目沖島一家」組員(30)=与那原町与那原=を傷害容疑で逮捕した。

 県警によると、功揚一家組員は黙秘し、沖島一家組員は容疑を否認している。



1歳男児に暴行 小桜一家系幹部を逮捕

 鹿児島県警は17日、交際女性の1歳の長男に体を揺さぶるなどの暴行を加え重傷を負わせたとして、指定暴力団・四代目小桜一家系幹部、地所新弥容疑者(41)=鹿児島県大崎町菱田=を傷害の疑いで逮捕した。

 地所容疑者は2015年9月、大崎町の自宅で、交際していた女性の当時1歳の長男に対して、体を前後に揺さぶるなどの暴行を加え、急性硬膜下血腫など約6カ月のケガをさせた疑いが持たれている。被害者の男の子は、右半身まひの後遺症があるという。

 事件当時、交際相手の女性は仕事で外出していて、地所容疑者が男の子を病院へ運んだが、「虐待の疑いがある」として病院が警察に通報していた。

 県警は、医師らの協力を得て捜査を進め、傷害容疑で地所容疑者を指名手配していたが、17日夕方に1人で警察署に出頭した。



交通トラブルで男性に暴行 小桜一家系幹部を逮捕

 鹿児島県警霧島署は、去年9月に霧島市の県道で、ヘッドライトがまぶしいと注意した男性を棒で殴り、けがをさせた疑いで指定暴力団・四代目小桜一家系幹部、脇田末義容疑者(65)=霧島市国分敷根=を傷害などの疑いで逮捕した。

 脇田容疑者は、去年9月に霧島市国分重久の県道で、霧島市の25歳の会社員男性の頭を棒のようなもので殴り、けがを負わせた上、男性の軽乗用車の窓ガラスを殴って破壊した疑いが持たれている。脇田容疑者は「間違いないです」と容疑を認めている。

 事件の直前、脇田容疑者は、知人が運転する乗用車に乗っていたが、前を走っていた男性から「ヘッドライトがまぶしい」と言われ、路上でトラブルになっていた。



 | HOME |  »


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク





QRコード

QR