FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

1歳男児に暴行 小桜一家系幹部を逮捕

 鹿児島県警は17日、交際女性の1歳の長男に体を揺さぶるなどの暴行を加え重傷を負わせたとして、指定暴力団・四代目小桜一家系幹部、地所新弥容疑者(41)=鹿児島県大崎町菱田=を傷害の疑いで逮捕した。

 地所容疑者は2015年9月、大崎町の自宅で、交際していた女性の当時1歳の長男に対して、体を前後に揺さぶるなどの暴行を加え、急性硬膜下血腫など約6カ月のケガをさせた疑いが持たれている。被害者の男の子は、右半身まひの後遺症があるという。

 事件当時、交際相手の女性は仕事で外出していて、地所容疑者が男の子を病院へ運んだが、「虐待の疑いがある」として病院が警察に通報していた。

 県警は、医師らの協力を得て捜査を進め、傷害容疑で地所容疑者を指名手配していたが、17日夕方に1人で警察署に出頭した。



交通トラブルで男性に暴行 小桜一家系幹部を逮捕

 鹿児島県警霧島署は、去年9月に霧島市の県道で、ヘッドライトがまぶしいと注意した男性を棒で殴り、けがをさせた疑いで指定暴力団・四代目小桜一家系幹部、脇田末義容疑者(65)=霧島市国分敷根=を傷害などの疑いで逮捕した。

 脇田容疑者は、去年9月に霧島市国分重久の県道で、霧島市の25歳の会社員男性の頭を棒のようなもので殴り、けがを負わせた上、男性の軽乗用車の窓ガラスを殴って破壊した疑いが持たれている。脇田容疑者は「間違いないです」と容疑を認めている。

 事件の直前、脇田容疑者は、知人が運転する乗用車に乗っていたが、前を走っていた男性から「ヘッドライトがまぶしい」と言われ、路上でトラブルになっていた。



ダンプ突入 松葉会系組員逮捕

>>同一記事
 警視庁組織犯罪対策4課は17日、東京都足立区にある特定抗争指定暴力団・山口組系組事務所にダンプカーが突っ込んだ事件で、指定暴力団・松葉会系組員、山本節哉容疑者(59)=足立区梅田5=を建造物損壊の疑いで逮捕した。

山本節哉容疑者
山本節哉容疑者

 事務所は山口組の3次団体が使用してきたが、静岡県の2次団体本部が移転してくる動きがあったという。付近の「縄張り」を主張している松葉会が、この動きに反発したとみられる。

事件現場2
ダンプカー突入の現場
事件現場1

 山本容疑者はレンタカーのダンプを使用し、突入直後に都内の警察署に自首し「私がやったことに間違いない」と容疑を認めている。



山口組系事務所にダンプカー 松葉会系組員が出頭

>>関連記事
17日朝、東京都足立区一ツ家にある特定抗争指定暴力団・山口組系の組事務所に砂利を積んだダンプカーが突っ込んだ事件で、直後にダンプカーを運転していたとみられる指定暴力団・松葉会系組員が警察署に出頭してきた。

山口組系事務所にダンプカー突入2
山口組系事務所に
ダンプカーで突入
山口組系事務所にダンプカー突入

 この3階建ての雑居ビルは山口組が所有していて、松葉会系組員は出頭の際、「松葉会の縄張りなのに、堂々と六代目山口組の事務所があるのが許せない」などと話していて、警視庁は建造物損壊の疑いで捜査を進めている。



山口組系事務所にトラック突入 運転者は逃走

 17日午前3時45分頃、東京都足立区一ツ家の3階建ビルにトラックが突っ込み、建物の入り口付近の壁や窓などが壊れた。このビルは特定抗争指定暴力団・山口組系の組事務所として使用していた。けが人はいなかった。

 トラックはバックで突っ込み、運転していた人物は現場から逃走した。



盗難車の販売事件 新たに東組系幹部を逮捕

>>関連記事
 大阪府警は15日までに、盗まれた車を運んだとして、指定暴力団・二代目東組系幹部、西村淳一容疑者(50)=堺市堺区緑ケ丘北町=を盗品等運搬容疑で逮捕した。府警は認否を明らかにしていない。

 府警はすでに、窃盗容疑で大阪市浪速区の解体業、小林克美容疑者(49)ら男女4人を逮捕し、東組の事務所などを家宅捜索し、盗難車16台(計6330万円相当)を押収、依頼された小林容疑者らが、盗んだ車を不正に転売していたとみられている。

 西村容疑者の逮捕容疑は昨年3月、小林容疑者らが千葉県内のコインパーキングで盗んだ車を、名古屋市内から大阪府松原市の「ヤード」と呼ばれる拠点に運搬し、車体番号を付け替えていたという。



ソープで1億5千万円窃盗 山口組系組員ら6人逮捕

 滋賀県警は14日、滋賀県大津市にあるソープランドの事務所から現金約1億5千万円が入った金庫を盗んだとして、特定抗争指定暴力団・山口組系組員、高間賢典容疑者(34)=大津市=や、名古屋市や京都市などの35~48歳の男5人を窃盗と建造物侵入の疑いで逮捕した。認否を明らかにしていない。

滋賀県警察本部
滋賀県警察本部

 逮捕容疑は、2017年8月28日午前3時25分ごろから午前4時10分ごろまでの間、大津市のソープランド「OGT学園Z」(閉店)の事務所に侵入し、現金約1億5千万円などが入った金庫を盗んだ疑い。

 県警によると、金庫は高さ1.3メートル、重さ約280キロ。金庫は見つかっていない。



玄関や車に弾痕 北九州市で発砲事件

 12日午前10時半ごろ、北九州市小倉北区黒原2丁目で、自営業の男性(60)の妻から「自宅玄関に拳銃で撃たれたような痕がある」と福岡県警小倉北署に通報があった。

現場はJR小倉駅から南東に約3キロの住宅街
JR小倉駅から南東に
約3キロの住宅街

 玄関ドアや、数十メートル離れた駐車場に止まっていた男性の乗用車に複数の弾痕を確認し、銃弾1発を見つけた。玄関付近では複数の薬きょうが見つかり、自動式拳銃で至近距離から発砲したとみられる。けが人はいなかった。

 同日午前0~1時ごろ、発砲音のような音がしたとの情報があり、男性は昨年末、市外に拠点を置く暴力団関係者との金銭トラブルに巻き込まれたと話していてる。



「仁侠山口組」が「絆會」に名称変更

 指定暴力団・仁侠山口組は12日付で、組織名称を「絆會(きずなかい)」に変更したと傘下団体に通達した。

 対立を深める山口組と神戸山口組が今月7日、「特定抗争指定暴力団」に指定され、2団体と一線を画す立場であるとの印象を内外に発信するのが狙いとみられる。

 通達は12日昼ごろ傘下組員らに回った。結成当初に掲げていた山口組の再統合などについて、現状では極めて困難な事を理由に挙げて名称変更を宣言。山口組と神戸山口組と同じだった「代紋」も変更するという。



17歳少女をデリヘルに斡旋 山口組系組員逮捕

 熊本県警熊本中央署は、17歳の少女に性風俗店のデリバリーヘルスの仕事を紹介したとして指定暴力団・山口組系組員、重本多喜容疑者(38)=熊本市中央区新大江=を再逮捕した。

重本多喜容疑者
重本多喜容疑者

 重本容疑者は、去年10月ごろ、熊本市に住む17歳の少女に18歳未満であることを知りながら、デリバリーヘルスの仕事を紹介した疑いが持たれている。

 重本容疑者は少女に捜査が及ばないよう県外の知人の家にいるよう強制したとして先月、強要の疑いで逮捕されていた。

 少女が母親に助けを求める連絡をしたことから、少女は保護され、重本容疑者を再逮捕した。調べに対し、重本容疑者は「今は何も言いたくない」と黙秘している。



「山健組」傘下組員ら4人を不起訴

>>関連記事
 神戸地検は8日、神戸市の特定抗争指定暴力団・山口組系組事務所前で2019年8月に組員が撃たれて重傷を負った事件で、殺人未遂容疑で逮捕され、処分保留で釈放された特定抗争指定暴力団・神戸山口組系組員ら4人を不起訴にした。検察は不起訴の理由を明らかにしていない。

神戸地方検察庁
神戸地方検察庁

 この事件は、去年8月、神戸市中央区で、山口組系の暴力団員がバイクに乗った男に拳銃で撃たれて一時、意識不明の重体になる大けがをしたもの。実行犯として神戸山口組幹部で、「五代目山健組」組長、中田浩司被告(60)が殺人未遂と銃刀法違反の罪で逮捕・起訴された。

 犯行に使われたバイクを準備したなどとして、「山健組」傘下組員ら4人が殺人未遂などの疑いで逮捕されたが、4人は処分保留のまま釈放されていた。



暴力行為処罰法違反 山口組系組員を逮捕

 千葉県警市原署は8日、男性を脅迫したとして指定暴力団・山口組系組員、福田隆成容疑者(53)=木更津市清見台2=を暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕した。

 福田容疑者は2日の午後6時40分ごろ、市原市内の飲食店にいた50代の会社経営者に電話をかけた男性の会社関係者を通じて、暴力団組員であることを示し「お前はどうにでもなる」などと男性を脅迫した疑い。

 同署によると、容疑を否認している。容疑者と男性は仕事の取引があったという。



赤坂強盗事件 横取り指示役の男性を不起訴

>>関連記事
 東京地検は、2019年1月に東京・赤坂の路上でおよそ8300万円が奪われた強盗事件で、実行役が奪った現金の横取りを指示したとみられ逮捕された男性について8日付で不起訴処分とした。

防犯カメラ映像
防犯カメラの映像

 当時21歳だった男性は、去年1月、指定暴力団・山口組系元組員らと共謀し、港区赤坂の路上でキャリーバッグで現金を運んでいた男性2人を襲い、およそ8300万円を奪うなどしたとして、強盗傷害の疑いで警視庁に逮捕された。男性ら5人は実行役が奪った現金の横取りを指示して、バイクなどを手配したとみられていた。



傘下解散相次ぎ揺らぐ「神戸山口組」

 兵庫、愛知など6府県の公安委員会が7日、指定暴力団・山口組と神戸山口組を「特定抗争指定暴力団」に指定。神戸山口組では複数の傘下組織に解散の動きが出ており統制が揺らいでいる。

納会が行われた二代目西脇組本部
納会が行われた西脇組本部

 2019年12月13日、神戸山口組は「二代目西脇組」本部で納会を開催。全国から組幹部が集まったが、神戸山口組の舎弟頭補佐で「太田興業」太田守正組長が西脇組本部に入った10分後、神戸山口組・井上邦雄組長の到着を待たずに同本部を後にした。

 太田組長は、西脇組本部を後にした同日、大阪府警へ自身の引退と太田興業の解散届を提出。それを受けて神戸山口組は122月12日付で破門処分とした。

 タイミングと合わせるかのように山口組からは「太田興業は解散し太田組長は引退した。彼らに手出しをしてはならない」という通達が出た。さらに今年1月に入り、東京の二次団体も解散するとの情報がある。

 令和2年度の神戸山口組の組指針は「不易流行」、意味は「初心を忘れず時代の変化を読み取り、柔軟性を持って改革して行く」だという。新たな気持ちで戦いに向かおうとしていた神戸山口組は、再び危機に直面したといえる。



山口組系組長らを暴力行為等処罰法違反で逮捕

 宮崎県警組織犯罪対策課と北署は7日までに、去年11月に宮崎市内のマンション駐車場で40代の男性に警棒のようなものを振り上げ大声で怒鳴りながら殴りかかったとして、指定暴力団・山口組系石井一家傘下、「四代目井根組」組長、黒木浩文容疑者(53)=宮崎県国富町本庄=、同組員、中家剣士容疑者(38)=大分市大道町=、無職の高橋康一容疑者(47)=住居不定=ら3人を暴力行為等処罰法違反の疑いで逮捕した。

押収された拳銃1丁と実弾6発
押収された拳銃1丁と実弾6発

 また事件を知りながら3人の逃走用の車を提供したほか、自分が管理する宮崎市内の貸倉庫で自動装てん式拳銃1丁と実弾6発を所持していた疑いで無職の日高達彦容疑者(57)=宮崎市江平東1丁目=を犯人隠避・銃刀法違反の疑いで逮捕した。4人の認否は明らかにしていない。被害にあった男性は4人のいずれかと面識があったという。



6府県で「特定抗争指定暴力団」官報で公示

>>関連記事
 兵庫、愛知など6府県の公安委員会は7日、対立抗争事件が相次ぐ指定暴力団・山口組と神戸山口組の活動を厳しく制限するため、両組織を暴力団対策法に基づき「特定抗争指定暴力団」に指定したと官報で公示した。

 公安委は「警戒区域」として傘下事務所や幹部の家がある岐阜市、名古屋市、三重県桑名市、京都市、大阪市、神戸市など10市を設定。山口組総本部や神戸山口組本部など計約130の組事務所や拠点がある。組員らは区域内でおおむね5人以上での集合を禁じられる。事務所使用や対立組員への付きまといなども禁止され、違反すれば警察が逮捕できる



住吉会系「奥州山口一家」幹部に再発防止命令を検討

>>関連記事
 山形県公安委員会は、指定暴力団・住吉会系「奥州山口一家六代目」幹部が、去年7月に米沢市で行われた祭りで、露天商の男性から場所代名目で現金3000円を脅し取ったとして逮捕された事件で、他にも同様の恐喝を繰り返したと見られ、再発防止命令を検討している。

奥州山口一家を捜索
奥州山口一家を捜索

 再発防止命令は、命令に従わないと3年以下の懲役か500万円以下の罰金、またはその両方が科される。命令の前段として幹部組員側への聞き取りが8日行われ、早ければその日のうちに命令が出される。



山口組・神戸山口組を特定抗争指定暴力団 7日に効力発生

>>関連記事
 指定暴力団・山口組の分裂から4年あまり。警察当局は神戸山口組との抗争激化から「特定抗争指定暴力団」へ踏み切る。これにより組織の活動は大幅に制限される。

 「特定抗争指定暴力団」指定後、6府県10市に及ぶ警戒区域では、おおむね5人以上の組員が集まる事務所の新設、事務所への出入り、対立組織の組員へのつきまとい、組員の自宅や事務所付近をうろつく、などの行為が禁止。違反があれば即時に逮捕することが可能。飲食店で組員が集まるだけでも摘発できる。

 組の資金獲得活動である「シノギ」にも影響が出るとみられる。キタやミナミなどの繁華街を抱える大阪市には両組織の組事務所が複数あり、重要なシノギの拠点とされるが、警戒区域に指定された。

 指定の効力は3カ月だが、「人の生命または身体に重大な危害が加えられる恐れがなくなった」と判断するまで何度でも更新できる。



 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード

QR