FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

東京五輪工事に労働者派遣 極東会系会長を逮捕

>>関連記事
 警視庁組織犯罪対策3課は27日までに、無許可で労働者を派遣したとして指定暴力団・極東会系「二代目伊丹会」会長、広尾光信容疑者(70)=新宿区北新宿2=ら4人を職業安定法違反容疑で逮捕した。広尾容疑者は「私は知りません」と容疑を否認している。

 広尾容疑者らは公園にいる路上生活者らを集めて寮に住まわせ、工事現場などに派遣。作業員の賃金の約3割をピンハネしていた。昨年、同様の事件で逮捕・起訴され、執行猶予付きの判決を受けていたが、今年に入ってからも無許可で労働者派遣を続けていたとみられる。

 同課は埼玉県川口市の建設会社と代表取締役についても、同容疑で書類送検する方針を固めている。

 この建設会社は今年2~7月、埼玉県戸田市と川口市の公共事業で暴力団から作業員を紹介されていたとされる。同社は東京都中央区晴海で建設中の東京オリンピック・パラリンピックの選手村の工事に2次下請けとして参加。この工事でも広尾容疑者らから作業員を紹介されていたとみられる。

  

射水市が「本江組」事務所の撤去・取得を拒否

>>関連記事
 富山県射水市の地元住民が、射水市に対し指定暴力団・任侠山口組傘下「四代目本江組」の事務所建物の撤去や土地の取得を求めている。

「本江組」の事務所
「本江組」の組事務所

 2016年に富山県警が威力業務妨害容疑で主要な組員を摘発し、本江組は事実上解散。2017年には県暴力追放運動推進センターが住民に代わり事務所の使用差し止めを求めて提訴。建物・土地を所有する男性は「もう必要ない」として放棄する意向を示している。

 2018年に和解が成立し、組員が事務所を立ち退いており活動実態はないが、地元住民が7月に射水市に対し建物の撤去と土地の取得を求める要望書を提出したが、市は8月末に「行政財産として活用する目的のある不動産しか原則として買わない」などと回答、地元の要望に応じておらず、解決には時間が掛かりそうだという。

 本江組は組員が県内にはおらず、組長は山口組系の他団体に移籍したという情報があり、県警組織犯罪対策課は確認を進めるとともに、組長に本江組の解散届を提出させる方針。

  

 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード

QR