FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

任侠山口組幹部の車に銃弾3発 初公判で起訴内容認める

>>関連記事
 今年1月、兵庫県神戸市西区で指定暴力団・任侠山口組の幹部の車に銃弾を撃ち込んだなどとして、逮捕、起訴されている指定暴力団・山口組系傘下組員、小林文明被告(47)=姫路市=の初公判が神戸地裁で開かれ、小林被告は起訴内容についておおむね認めた。

 小林被告は以前所属していた任侠山口組から、対立する山口組傘下組織へ移り、今年1月に任侠山口組幹部の車に拳銃で3発の弾丸を命中させ損壊したとして、銃刀法違反などの罪に問われている。

 神戸地裁で開かれた初公判で小林被告は起訴内容についておおむね認めた。その後、検察側は冒頭陳述で「住宅地で拳銃を発射したのは危険で住民に恐怖心を与えた」と指摘。一方、弁護側は情状酌量を求めた。

  

無許可で人材派遣 弘道会傘下幹部ら3人逮捕

 岐阜県警は、無許可で労働者を派遣していたとして、指定暴力団・山口組幹部ら3人を労働者派遣法違反の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、山口組弘道会傘下幹部、近藤貢容疑者(66)=岐阜市=と、会社役員・矢野貴宏容疑者(45)=岐阜県安八町=、自称無職・近藤浩之容疑者(46)=名古屋市東区=ら3人。

 3人は共謀して、去年11月から今年4月にかけて、矢野容疑者の会社が人材派遣事業の許可がないにもかかわらず、20代と50代の男女3人の労働者を岐阜県内の金属加工会社に派遣した疑いがもたれている。

 調べに対し近藤貢容疑者は「全く理解ができない」と容疑を否認、近藤浩之容疑者は「逮捕される意味が分かりません」と否認、また矢野容疑者は「間違いないが共謀していない」と一部否認している。

 3人は、滋賀県にある矢野容疑者の知人の会社から名義を借り、他にも少なくとも20人ほどを別の会社に派遣していたとみられ、警察は余罪を追及すると共に、売上が暴力団に流れていたとみて調べている。

  

 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード

QR