FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

盗難ダンプでビル突入 旭琉会系組員ら5人を逮捕

 沖縄県警浦添署と沖縄署、県警本部組織犯罪対策課は28日までに、沖縄市の建設会社から10トンダンプカーを盗み、浦添市屋富祖の6階建て雑居ビル1階に突っ込ませたとして、窃盗と組織犯罪処罰法、器物損壊の容疑で指定暴力団・旭琉会系組員ら5人を逮捕した。組対課は「捜査に支障がある」として5人の認否を明かしていない。

 ダンプがぶつけられた当時、現場から2人がオートバイに乗って逃走したのが目撃されていた。動機や実行犯、役割分担についても「捜査中」とした。県警はビル関係者と何らかのトラブルがあったとみている。

 逮捕されたのは旭琉会系「三代目富永一家」組員(33)=浦添市西原=と、同一家組員(41)=那覇市久米、同会系「二代目照屋一家」組員(23)=那覇市古波蔵、浦添市屋富祖の自称ペンキ工(33)、浦添市西原の自称建築業(33)の5容疑者。

  

東京五輪工事に労働者派遣 極東会系会長を逮捕

>>関連記事
 警視庁組織犯罪対策3課は27日までに、無許可で労働者を派遣したとして指定暴力団・極東会系「二代目伊丹会」会長、広尾光信容疑者(70)=新宿区北新宿2=ら4人を職業安定法違反容疑で逮捕した。広尾容疑者は「私は知りません」と容疑を否認している。

 広尾容疑者らは公園にいる路上生活者らを集めて寮に住まわせ、工事現場などに派遣。作業員の賃金の約3割をピンハネしていた。昨年、同様の事件で逮捕・起訴され、執行猶予付きの判決を受けていたが、今年に入ってからも無許可で労働者派遣を続けていたとみられる。

 同課は埼玉県川口市の建設会社と代表取締役についても、同容疑で書類送検する方針を固めている。

 この建設会社は今年2~7月、埼玉県戸田市と川口市の公共事業で暴力団から作業員を紹介されていたとされる。同社は東京都中央区晴海で建設中の東京オリンピック・パラリンピックの選手村の工事に2次下請けとして参加。この工事でも広尾容疑者らから作業員を紹介されていたとみられる。

  

射水市が「本江組」事務所の撤去・取得を拒否

>>関連記事
 富山県射水市の地元住民が、射水市に対し指定暴力団・任侠山口組傘下「四代目本江組」の事務所建物の撤去や土地の取得を求めている。

「本江組」の事務所
「本江組」の組事務所

 2016年に富山県警が威力業務妨害容疑で主要な組員を摘発し、本江組は事実上解散。2017年には県暴力追放運動推進センターが住民に代わり事務所の使用差し止めを求めて提訴。建物・土地を所有する男性は「もう必要ない」として放棄する意向を示している。

 2018年に和解が成立し、組員が事務所を立ち退いており活動実態はないが、地元住民が7月に射水市に対し建物の撤去と土地の取得を求める要望書を提出したが、市は8月末に「行政財産として活用する目的のある不動産しか原則として買わない」などと回答、地元の要望に応じておらず、解決には時間が掛かりそうだという。

 本江組は組員が県内にはおらず、組長は山口組系の他団体に移籍したという情報があり、県警組織犯罪対策課は確認を進めるとともに、組長に本江組の解散届を提出させる方針。

  

「暴力団では食っていけない」工藤会系組長が解散届

 福岡県警豊前署は、特定危険指定暴力団工藤会系組長が25日付で豊前署に解散届を提出したと発表した。

 解散届を提出したのは工藤会の2次団体「三代目新居組」組長、高倉広美被告(72)=恐喝罪で起訴=。

 新居組は福岡県築上郡築上町築城に組事務所を構えていたが、組員が組長を含めて数人で、既に撤去している。新居組幹部(69)も詐欺罪で起訴されており、組長の高倉被告は「取り締まりが強まり、暴力団では食っていけない」などと解散理由を説明している。

  

京都地裁:「心誠会」事務所を使用禁止 指定外に全国初

>>関連記事
 京都地裁は27日までに、京都府暴力追放運動推進センターが「心誠会」の原田昇会長に事務所の使用差し止めを求めた仮処分申請で、センター側の主張を認め、暴力団事務所としての使用を禁止する決定をした。決定は20日付。

 六代目会津小鉄会の分裂に伴い独立した心誠会は内紛状態にあり、同センターが2017年6月、事務所周辺で将来的に抗争が起き、住民の安全が脅かされる恐れがあるとして、事務所の使用差し止めを求めて仮処分を申請し、地裁がこれを認める決定をしていた。

 しかし、府公安委員会が今年4月、六代目会津小鉄会の名称を「七代目会津小鉄会」に変更し、心誠会と対立する「四代目いろは会」の金子利典会長(76)を代表者に決定。心誠会七代目会津小鉄会傘下でなくなったことから、同センターが同月、あらためて心誠会の事務所使用禁止を求め、地裁に申し立てをしていた。

 指定暴力団以外の暴力団事務所に対し、使用差し止めが命じられるのは全国初。

  

違法風俗店経営 道仁会系「荒巻組」事務所を捜索

 警察は27日午前、指定暴力団・道仁会系組員ら男女3人が、マンションの一室で店舗型性風俗店を違法に営業した疑いで逮捕された事件で、道仁会系「二代目荒巻組」事務所を家宅捜索した。

道仁会系「荒巻組」事務所を捜索
道仁会系荒巻組を捜索

 逮捕されたのは荒巻組組員、古賀康浩容疑者(38)と、店の男性従業員(40)、女性従業員(38)の3人。いずれも認否は不明。

 古賀容疑者らは2019年5月と9月に、久留米市久留米市本町と原古賀町の2つのマンションの一室で、性的サービスを行う違法なマッサージ店を経営した疑い。女性従業員あわせて10人あまりが在籍していたとみられる。

  

歯科医院を恐喝未遂 「旭導会」事務所を家宅捜索

 北海道警旭川中央署は24日、昨年4月、同市内の30代の男性医師が診察した患者のカルテを突き付け、現金を脅し取ろうとしたとして、無職の北條義光容疑者(69)=旭川市宮前1の4=を恐喝未遂の疑いで逮捕した。

 昨年4月、同市内の30代の男性医師が診察した患者のカルテを突き付け、現金を脅し取ろうとした疑い。調べに対し北條容疑者は容疑を否認している。北條容疑者は指定暴力団・山口組旭導会の関係者とみられていて26日、旭導会の事務所を家宅捜索した。

旭導会事務所を捜索
旭導会事務所を捜索

 カルテは昨年3月、旭川市にある暴力団事務所に複数、匿名で郵送されていた。同署などは、男性医師の元同僚の医療関係者が暴力団事務所とメールでやりとりしていた記録などから、カルテを送ったのはこの医療関係者とみており、カルテが北條容疑者に渡った詳しい経緯や、組織的な犯行の可能性もあるとみて事件の構図などを詳しく調べている。

  

「工藤会本部」 1億円で民間企業が購入

>>関連記事
 特定危険指定暴力団工藤会の本部事務所について、北九州市が仲介し、福岡県暴力追放運動推進センターを経由して福岡市の民間企業が購入することで、北九州市とセンター、企業、工藤会側の4者が合意した。

工藤会の本部事務所
工藤会の本部事務所

 買い取り価格は1億円。10月中にも契約を結び、工藤会側が建物を取り壊して更地にした後、年度内に引き渡す方針。暴力団排除運動を進める北九州市などが目指してきた工藤会の「象徴」の撤去が実現することになった。

 買い取るのは暴力団を離脱した元組員の就労に協力する企業。企業側と工藤会側との直接交渉を避け、暴力団事務所跡を購入することへの抵抗感を和らげる狙いから、センターが工藤会側、企業側とそれぞれ契約を結び、土地所有権をいったんセンターに移した後、企業側に移し直す。建物撤去費や税滞納分などの必要経費を除いた売却益は、全額をセンターが管理し、工藤会が関与したとされる事件で請求されている損害賠償の支払いに充てる。

  

車盗み暴力団に販売 販売先として「東組」を捜索

 大阪府警捜査3課は25日までに、車を盗み車体番号などを細工して、暴力団元幹部に販売したとして中古車販売業、小林克美容疑者(48)=大阪市浪速区=ら男女4人を窃盗容疑で逮捕した。盗んだ車の販売先として指定暴力団・二代目東組の本部事務所など数か所を家宅捜索し、これまでに十数台の車を押収、このうち半数が盗難車と確認された。

東組本部事務所を捜索
東組本部事務所を捜索

 小林容疑者ら4人は共謀し、今年6月13日未明、大阪市西淀川区のマンション駐車場に止めていた乗用車1台(250万円相当)を盗んだとしている。

 4人は盗んだ車を「ヤード」と呼ばれる大阪府松原市の拠点に運び込み、ネットオークションなどで格安で落札した事故車の車体番号を打ち替えたり、ナンバープレートを付け替えたりして普通の中古車のように偽装し、暴力団元幹部に売りさばいていたという。

 小林容疑者は仲間の間では「打ち替え屋」と呼ばれていて、警察は暴力団排除の流れを受けて正規に車を買うことが難しい暴力団組員らから依頼を受け、少なくとも数十台の車を盗んで偽装したうえで不正な販売を繰り返していたとみられている。

  

風俗店従業員に「みかじめ払え」 住吉会系組員逮捕

 警視庁本所署は20日、東京都港区の風俗店からみかじめ料名目で現金を脅し取ろうとしたとして、指定暴力団・住吉会系組員を逮捕した。

住吉会系組員、関本和美容疑者
関本和美容疑者

 住吉会系組員、関本和美容疑者(56)は8月、港区赤坂の路上で近くの風俗店の従業員に「やるからにはみかじめ払え」「ほかの店もみんな払っているし、例外はないんだよ」などと脅して金を脅し取ろうとした疑い。

 警視庁によりますと、この従業員が路上に車を止めていたところ、関本容疑者が近付いてきて「誰に断って働いている」などと因縁を付けてきたという。調べに関本容疑者は「みかじめという言葉を使ったことは絶対にありません」と容疑を否認している。

  

偽造免許証や架空口座「道具屋」 山口組系幹部ら逮捕

 警視庁深川署は18日、偽造の運転免許証で銀行口座を開設し、キャッシュカードをだまし取ったとして、指定暴力団・山口組系幹部、岡本徹容疑者(42)=東京都豊島区池袋2丁目=ら4人を詐欺容疑で逮捕した。岡本容疑者は「何のことかわからない」と容疑を否認している。

山口組系幹部、岡本徹容疑者
岡本徹容疑者

 岡本容疑者が住むマンションの一室で、架空名義の免許証や保険証、カードなど約600点を押収。特殊詐欺で使われる偽造の運転免許証を作る、いわゆる「道具屋」とみられる。開設された口座に特殊詐欺の被害者から計1600万円が入金されていることも確認した。岡本容疑者らがこの部屋を拠点に架空口座の開設を繰り返し、詐欺グループに提供していたとみて解明を進める。

 岡本容疑者は4月に自宅で、ともに逮捕された33~50歳の男3人と共謀し、偽造の免許証を使って東京都内のインターネット銀行に口座の開設を申し込み、カードを詐取した疑いがある。

  

詐欺グループの主犯格逮捕 住吉会系「幸平一家」事務所を捜索

 警視庁竹の塚署は20日、介護施設の入居権の購入を持ちかけるなどして高齢女性から金をだまし取ったとして、指定暴力団・住吉会幸平一家組員、秋田亮佑容疑者(32)を詐欺の疑いで逮捕し、20日午前10時46分に幸平一家事務所を家宅捜索した。秋田容疑者が特殊詐欺グループのリーダー格とみられているが容疑を黙秘している。

住吉会系組員、秋田亮佑容疑者
秋田亮佑容疑者

 秋田容疑者は2018年10月中旬~24日、仲間と共謀し、岐阜県中津川市の70歳代女性宅に商社などを名乗って電話を数回かけて、介護施設の入居権が購入できる、などとうその話を持ちかけた上で、この購入話の守秘義務違反に関する供託金の名目で、女性から現金200万円を詐取した疑いが持たれている。

 秋田容疑者のグループが、18年10月から同年12月にかけて、岐阜、福井、新潟、山梨、栃木の各県で起きた同様の手口の詐欺事件(被害総額約6千万円)にも関与したとみて調べている。これまでに、このグループの受け子役だったとされる男ら4人を逮捕。携帯電話の解析などから、秋田容疑者が浮上した。

  

身分隠して露店経営 山口組系「良知組」事務所を捜索

 静岡県警藤枝署は20日、暴力団関係者であることを隠し花火大会で露店を出したとして指定暴力団・山口組系「二代目良知組」幹部ら男女2人を詐欺の疑いで逮捕し、良知組事務所を捜索した。

良知組事務所を捜索
良知組事務所を捜索

 良知組幹部、日高丈昌容疑者(57)ら2人は、去年8月、藤枝市の花火大会で自分たちが仕切る露店を出そうと、暴力団関係者であることを隠して届け出や誓約書を提出した疑い。

 2人が去年から露店グループを仕切り、1年に50回ほど出店していたとみていて、組事務所を捜索し、経営実態の解明を進める。

  

長野県警:任侠山口組系「竹内組」を家宅捜索

>>関連記事
 長野県警は18日、先月20日に長野県飯田市で指定暴力団・山口組の四次団体で弘道会野内組傘下「三代目近藤組」組長(58)を暴行し逮捕監禁したとして、指定暴力団・任侠山口組系「四代目竹内組」幹部ら9人が逮捕された事件で、竹内組本部事務所を捜査員20人以上で家宅捜索した。

任侠山口組系竹内組を捜索
竹内組を家宅捜索

 逮捕監禁傷害の疑いで逮捕されたのは、竹内組傘下組長、百瀬未来容疑者(35)、髙黒登志雄容疑者(44)ら18歳の少年2人を含む男9人。認否は明らかにしていない。
 
 9人は先月20日の午後2時半すぎ、長野県飯田市鼎にあるコメダ珈琲の駐車場で近藤組組長を木刀のようなもので殴るなどして車に押し込み阿南町付近まで監禁した疑い。近藤組組長は山林に放置され、指の骨を折るなど全治9か月の大けがをした。

  

逮捕監禁致傷 任侠山口組系幹部ら9人逮捕

 長野県警飯田署は18日までに、今年8月に長野県飯田市で暴力団関係者の男性が暴行され逮捕監禁された事件で、指定暴力団・任侠山口組系幹部ら9人を逮捕監禁致傷の疑いで逮捕した。

高黒容疑者らが所属する「竹内組」
高黒容疑者らが所属する
任侠山口組系「竹内組」

 逮捕監禁致傷の疑いで逮捕されたのは任侠山口組系「四代目竹内組」幹部、高黒登志雄容疑者(44)、百瀬未来容疑者(35)ら9人。

 9人は先月20日の午後2時半過ぎ、飯田市にあるコメダ珈琲の駐車場で指定暴力団・山口組の四次団体で弘道会野内組傘下「三代目近藤組」組長(58)に対し、木刀のようなもので殴るなどした後、無理やり車に乗せ阿南町まで監禁した疑い。

 男性は左手の指を骨折するなど全治9ヵ月のけがを負った。被害者男性も暴力団関係者だということで、抗争の可能性があるという。

  

他人の墓の中に拳銃2丁 山口組系組長ら2人を逮捕

 福島県警須賀川署は18日、須賀川市の墓地にあるお墓の中に、拳銃2丁と実弾数発を隠し持っていたとして、山口組系組長ら2人を銃刀法違反(拳銃加重所持)の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは指定暴力団・山口組系傘下組長、光畑信夫容疑者(68)=同県郡山市堂前町=と、同幹部、村越潤容疑者(48)=同市鳴神3=の2人。いずれも「分からない」と容疑を否認している。
 
 逮捕容疑は光畑容疑者らが今年4月中旬、須賀川市の墓地にあるお墓の骨つぼを入れるスペースに拳銃2丁と実弾数発を隠し持っていた疑い。

 4月中旬にお墓の持ち主がお墓参りに訪れた時、ふたがずれていることに気付き中を確認したところ、拳銃などを発見し警察に通報したという。

 周辺の防犯カメラなどから2人を特定し逮捕した。光畑容疑者らとお墓の持ち主に交友関係はなく、警察は入手経路や詳しい経緯について捜査している。

  

稲川会系「森田一家」事務所に発砲 数発の弾痕を確認

 静岡県警静岡南署に15日午前3時ごろ、指定暴力団・稲川会系「四代目森田一家」本部事務所付近で「拳銃の発砲のような音を聞いた」との匿名の通報があった。
 
稲川会系「森田一家」事務所に発砲
森田一家事務所に発砲

 通報を受け同署員が15日に事務所を訪ねた際は弾痕を確認できなかったが、17日に「事務所を確認してほしい」との匿名の通報が再び同署にあり、18日の検証で、事務所外壁のシャッターと扉付近に銃弾が2発撃ち込まれたような痕が見つかったという。けが人はなかった。

  

駅のロッカーに覚醒剤所持 住吉会系元組長を逮捕

 警視庁上野署は15日、東京都台東区のJR御徒町駅で覚醒剤を所持していたとして、指定暴力団・住吉会系元組長を覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは住吉会系の元組長、藤森富義容疑者(68)。

 藤森容疑者は先月26日、すでに逮捕・起訴されてる元暴力団組員と共謀し、JR御徒町駅のロッカーに営利目的で覚醒剤およそ200グラム、末端価格1200万円相当を所持した疑いが持たれている。藤森容疑者は、「覚醒剤のことは知らなかった」と容疑を否認している。

 元組員の男がロッカーに荷物を入れる様子を、不審に思った警察官が職務質問をして覚醒剤を発見したという。

  

傷害・監禁・恐喝で山口組系幹部ら3人を逮捕

 福岡県警は14日午後、今月5日に金銭トラブルから男性を暴行、監禁して現金100万円を脅し取ったとして、指定暴力団・山口組系幹部ら3人を傷害・監禁・恐喝の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、山口組系幹部、吉野一彦容疑者(47)、職業不詳の長野健次容疑者(39)、塚本馨士容疑者(47)ら3人。認否は明らかにしていない。

 吉野容疑者らは今月5日夜、福岡市博多区美野島の駐車場で、金銭トラブルとなった52歳の男性の顔を殴るなどしてけがをさせ、車に監禁。男性を約2時間連れ回し、「100万円払えば開放する。」などと脅し、糟屋郡志免町の銀行ATMで男性に現金100万円を引き出させ脅し取った疑い。防犯カメラの映像などから吉野容疑者らを特定し逮捕した。

  

宇都宮地検:居酒屋で男性銃撃 2人を不起訴

>>関連記事
 宇都宮地検は13日、栃木県栃木市の居酒屋で7月に男性が銃撃された事件で、殺人未遂容疑などで逮捕された指定暴力団・住吉会系幹部(37)と男性会社員(23)の2人について不起訴処分とした。理由は明らかにしていない。

 2人は事件当時、住吉会系組長だった大沢康博被告(56)=殺人未遂罪などで起訴=と共謀、栃木市旭町の居酒屋で男性を拳銃で撃ち、殺害しようとしたとして逮捕されていた。 

  

 | HOME |  »


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード

QR