FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「弘道会」神戸事務所で組員が撃たれ重傷 犯人は逃走

 21日午後6時15分ごろ、神戸市中央区熊内町9丁目2-29の建物前で「暴力団員が撃たれた。」と消防に通報があり、通報を受けた消防から兵庫県警葺合署に連絡があった。

 建物は指定暴力団・山口組系「弘道会」が神戸事務所として使用していた。

 撃った男は白いフルフェースのヘルメットをかぶり、1人でスクーターで乗り付けて路上から敷地内の車に向けて数発発砲。弘道会系組員が負傷した。撃った男はスクーターで逃走し、兵庫県警が殺人未遂の疑いで行方を追っている。

 同署によると、撃たれた組員は50代とみられ、腹や腕、太ももを撃たれ意識はあるが重傷。車で買い物に行った帰りで、建物前に車を停車して運転席にいたところ、男に撃たれたとみられる。

  

違法ネットカジノ店摘発 山口組系幹部と従業員5人を逮捕

 大阪府警は、堺市の違法カジノ店で、店内のインターネットに接続したパソコンを使い、客にバカラなどの賭博をさせた疑いで、店の責任者と従業員5人を常習賭博の疑いで逮捕した。府警は21日未明、この店を捜索し客2人も摘発した。

 逮捕されたのは、堺市堺区のインターネットカジノ店「Peach」の従業員、五味宏樹容疑者(28)、松村啓明容疑者(29)ら5人と、「Peach」の責任者で山口組系三次団体幹部、浅沼正稔容疑者(58)。

 調べに対し、五味容疑者ら従業員5人は容疑を認めているが、浅沼容疑者は「私は全く関係ありません」と否認している。

 大阪府警に今年2月、「友人が違法カジノにはまっているので、店を取り締まってほしい」と匿名の通報があった。店は会員制でカーテンなどで仕切られた12の半個室に分かれていて、客は1ポイント=100円でポイントを購入して賭博をし、得たポイントを再び現金に換える仕組みだったという。

  

 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード


QR