FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

他人名義の口座譲り受け 浪川会本部事務所を捜索

 他人名義の銀行口座の通帳などを譲り受けた疑いで、指定暴力団・浪川会系組員が逮捕された事件を受け、福岡県警は8日午後、「二代目浪川会」本部事務所を家宅捜索した。

 逮捕されたのは浪川会系傘下組員、佐瀬貴明容疑者(24)。

 県警によると、佐瀬容疑者は2017年、友人の男性名義の銀行口座の通帳とキャッシュカード、それに暗証番号を男性本人から譲り受けた疑い。

 暴力団組員は、金融機関の規制によって銀行口座を持てないことになっていて、調べに対し佐瀬容疑者は「借りていただけだ」と容疑を否認している。

 この口座は、アダルトサイトの料金滞納を騙る特殊詐欺の振込み先として使用されていたことが分かっていて、県警では関連を調べている。

  

浜松繁華街の客引きトラブル 対立の地元組幹部も逮捕 

 浜松中央署や静岡県警捜査4課、組織犯罪対策課などは8日、浜松市の繁華街で起きた飲食店の客引き同士のトラブルに絡み、片方の飲食店の後ろ盾となっていた指定暴力団・神戸山口組系組員ら9人が逮捕された事件で、もう一方の飲食店の用心棒を務めていた地元の指定暴力団・山口組国領屋一家傘下幹部3人が相手側の飲食店の関係者に因縁を付けて脅すなどしたとして、暴力行為法違反の疑いで逮捕した。

 それぞれの飲食店から後ろ盾の暴力団に用心棒料やみかじめ料の名目で資金が流れていた可能性があり、県警は背景に繁華街の資金源を巡る暴力団同士の縄張り争いがあるとみて調べを進める。

 捜査関係者によると、3人の逮捕容疑は共謀して3月下旬、浜松市中区の繁華街で、用心棒を務めている飲食店とトラブルになった別の飲食店の関係者に対し、組織の威力を示して因縁を付け、脅すなどした疑い。

 この国領屋一家系幹部らの暴力行為を受けて、神戸山口組系組員らは4月上旬に浜松市を来訪。この際、他人に成り済まして不正にホテルを利用したとして、組員ら9人は建造物侵入の疑いで逮捕された。

 浜松市の繁華街を巡っては1日施行の改正県暴力団排除条例で、静岡や沼津など4市の繁華街とともに暴力団排除特別強化地域に指定された。条例では、この地域で特定事業者が用心棒料やみかじめ料を支払うことを禁じ、暴力団だけでなく事業者側も逮捕できるようになった。

  

 | HOME | 


究極のマッチングサービス
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
一般女性を大量集客★

最新記事

リンク

QRコード


QR