FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「弘道会」組員銃撃 2台目の逃走バイク押収 

>>関連記事
 兵庫県警葺合署捜査本部は、指定暴力団・山口組系「弘道会」の神戸事務所前で組員が銃撃された事件で、襲撃した男が乗り換えた可能性がある2台目の白いスクーターを押収した。

 白いスクーターは現場から約2.5キロ南西の病院敷地内で見つかった。弘道会事務所前では黒いスクーターに乗った男が発砲する様子が防犯カメラに残り、2台目が見つかった病院付近のカメラにも似た男が映っていた。

  

恐喝容疑で逮捕の元警察官や共政会系組長らを不起訴処分

>>関連記事
 30代の男性会社員から現金を脅し取ったとして恐喝の疑いで逮捕・送検されていた元警察官や暴力団組長などあわせて3人が嫌疑不十分として、28日付けで不起訴処分となった。広島地検は理由について「送検された容疑内容を認定するに足りる十分な証拠がない」とコメントしている。

 不起訴処分となったのは60歳の無職の元警察官の男性や、指定暴力団・共政会系「二代目和田組」組長など合わせて3人。

 警察によると3人は今年2月下旬ごろから3月上旬ごろの間、共謀したうえで30代の会社員の男性を電話などで数回に渡って脅迫し、広島市西区の暴力団事務所で現金400万円を脅し取ったとして恐喝の疑いで逮捕・送検されていた。3人は取り調べに対して容疑を否認していた。

  

拳銃と大麻所持 住吉会系組長を逮捕

 警視庁南大沢署は、拳銃と乾燥大麻を所持していたとして、指定暴力団・住吉会幸平一家傘下「小原組」組長、小原康之容疑者(52)を逮捕した。小原容疑者は、「身に覚えがありません」と容疑を否認している。

小原康之容疑者
小原康之容疑者

 小原容疑者は2018年6月、埼玉県入間市のアパートで拳銃1丁を、川崎市のアパートで乾燥大麻4グラムを所持していた疑い。アパートはいずれも小原容疑者の関係先で、拳銃はタオルに包まれて紙袋の中に、大麻はビニール袋に入った状態でポーチの中に、それぞれ隠されていたという

  

神戸山口組の旧本部「侠友会」事務所 売却の意向

 指定暴力団・神戸山口組が発足当初に本部事務所として使っていた「侠友会」の事務所について、所有者側が周囲に売却の意向を示していることが分かった。暴力団排除に向け、淡路市などが建物の買い取りを検討しているが、実現のめどは立っていない。

 月に1度の「定例会」には、人口4万人強の淡路市に全国から高級車で直系組長らが訪れるようになり、地元で暴力団追放運動が活発化した。地元の委託を受けた暴力団追放兵庫県民センターが17年に神戸地裁に使用禁止を求める仮処分を申請し、同年、神戸地裁が訴えを認めた。地裁は昨年7月、使用禁止に違反すれば1日100万円の支払いを命じる間接強制を決定している。

 建物は3階建てで、閉鎖後も神戸山口組若頭で侠友会寺岡修会長が居住。使用禁止を受け、神戸山口組は神戸市中央区に本拠地を移転。仮処分決定後、建物の所有者側が地元などに売却の意向を伝えたとみられる。

  

車で連れ去りマンションに監禁 神戸山口組系幹部ら8人を逮捕

 大阪府警は、大阪市で男性を車で連れ去り、マンションに監禁して重傷を負わせたとして、指定暴力団・神戸山口組傘下幹部ら8人を逮捕監禁致傷の疑いで逮捕した。

監禁されていた生野区のマンション
監禁されていたマンション

 逮捕されたのは、神戸山口組傘下幹部、今冨治彦容疑者(52)ら8人。

 今冨容疑者らは5月、大阪市阿倍野区の飲食店で、40代の男性の体を抱え上げ、車に押し込んで連れ去った後、生野区のマンションに監禁。男性に殴る蹴るの暴行を加え、鼻や胸などの骨を折る重傷を負わせた疑いが持たれている。

 府警は今冨容疑者らと男性の間に何らかのトラブルがあったとみて、詳しい経緯を調べている。

  

北海道警:山口組系組事務所を家宅捜索

 北海道警は、今年6月に建設作業員の男性を殴り、ケガをさせたとして指定暴力団・山口組系組員が逮捕された事件で、所属する組事務所を家宅捜索した。

「松平興業」を家宅捜索
松平興業を家宅捜索

 家宅捜索が行われたのは山口組系二代目大石組傘下「松平興業」の組事務所。

 今月21日に逮捕された松平興業組員、高橋翔太容疑者は今年6月、札幌市東区で部下で建設作業員の20代の男性の顔や腹を殴るなどして暴行を加えけがをさせた疑いがもたれている。家宅捜索はおよそ1時間行われ、警察は押収品をもとに事件の全容を調べていまる。

  

岡山のホテルで女性刺殺 山口組系「大石組」幹部を再逮捕

 岡山市のホテルで8月13日に女性が腹などを刺され殺された事件で、警察は指定暴力団・山口組系「二代目大石組」幹部、河野美雄容疑者(69)を殺人の疑いで再逮捕した。河野容疑者は、「包丁で刺し殺したことは間違いありません」と容疑を認めている。

 警察によると、河野容疑者は8月13日午前2時半すぎ、岡山市中区平井のホテルで南区藤田の瀧本真理子さん(当時46)を刃物のようなもので数回刺し、殺害した疑い。瀧本さんは腹や胸などを刺されていて、そのうち1カ所が心臓まで達していた。

 警察は8月13日に公務執行妨害などの疑いで河野容疑者を現行犯逮捕し、ホテルの従業員の話などから殺人の容疑で23日再逮捕した。2人は知り合いで、警察は何らかのトラブルがあったとみて動機などを調べている。

  

「新宿の薬局」覚せい剤所持 住吉会系会長ら逮捕

 警視庁組織犯罪対策5課と広島県警などの合同捜査本部は23日、覚せい剤を所持していたとして、指定暴力団・住吉会幸平一家傘下「二代目大昇会」会長、藤本政弘容疑者(82)=東京都中野区本町=ら5人を覚せい剤取締法違反(営利目的共同所持)容疑で逮捕した。

 藤本容疑者ら4人は「身に覚えがない」などと容疑を否認し、1人は認否を留保しているという。

 大昇会は新宿区歌舞伎町に事務所を置き、違法薬物の密売を資金源としていることから、「新宿の薬局」とも呼ばれている。同課は7月17日、同会事務所を家宅捜索していた。

 逮捕容疑は7月12日、江東区内のトランクルームで覚せい剤を含む結晶12グラム(末端価格約72万円)を所持した疑い。

 組対5課によると、2016年8月ごろ、指定暴力団・共政会の組員が大昇会の組員から薬物を入手しているとの情報があり、警視庁が広島県警などと合同で捜査していた。

 同課は今年3月以降、大昇会の複数の関係先から、覚せい剤計527グラム(末端価格約3160万円)や大麻計1370グラム(同約685万円)などを押収している。

 大昇会をめぐっては、歌手のASKAさん(61)に薬物を密売したとして、警視庁が14年、覚せい剤取締法違反容疑などで同会幹部を逮捕。東京地裁は15年、懲役6年の実刑判決を言い渡した。 

  

兵庫県警:弘道会神戸事務所を捜索 組員銃撃事件 

>>関連記事
 兵庫県警葺合署捜査本部は22日、21日夕方に指定暴力団・山口組系「弘道会」の神戸事務所前で、弘道会傘下の加賀谷保組員(51)=神戸市中央区=が腹や腕など3カ所を撃たれ、意識不明の重体となった事件で、弘道会神戸事務所を家宅捜索した。

 銃撃した犯人はまだ逃走していて、現場付近の防犯カメラにバイクが写っていたが、ナンバーは確認できず、プレートを外したか、折り曲げてナンバーがカメラに写らないように細工した可能性があるという。葺合署は21日に殺人未遂事件として捜査本部を設置した。

 県警によると事務所近くでバイクで待ち伏せしていたとみられる人物が、加賀谷組員が車で戻ってきたところを狙い、車に向けて発砲した。現場からは薬きょうが6個見つかり少なくとも6発、発砲されていたことがわかった。 撃たれた加賀谷組員は東京の組織に所属していたが、現場の事務所に頻繁に出入りしていたという。

  

「弘道会」神戸事務所で組員が撃たれ重傷 犯人は逃走

 21日午後6時15分ごろ、神戸市中央区熊内町9丁目2-29の建物前で「暴力団員が撃たれた。」と消防に通報があり、通報を受けた消防から兵庫県警葺合署に連絡があった。

 建物は指定暴力団・山口組系「弘道会」が神戸事務所として使用していた。

 撃った男は白いフルフェースのヘルメットをかぶり、1人でスクーターで乗り付けて路上から敷地内の車に向けて数発発砲。弘道会系組員が負傷した。撃った男はスクーターで逃走し、兵庫県警が殺人未遂の疑いで行方を追っている。

 同署によると、撃たれた組員は50代とみられ、腹や腕、太ももを撃たれ意識はあるが重傷。車で買い物に行った帰りで、建物前に車を停車して運転席にいたところ、男に撃たれたとみられる。

  

違法ネットカジノ店摘発 山口組系幹部と従業員5人を逮捕

 大阪府警は、堺市の違法カジノ店で、店内のインターネットに接続したパソコンを使い、客にバカラなどの賭博をさせた疑いで、店の責任者と従業員5人を常習賭博の疑いで逮捕した。府警は21日未明、この店を捜索し客2人も摘発した。

 逮捕されたのは、堺市堺区のインターネットカジノ店「Peach」の従業員、五味宏樹容疑者(28)、松村啓明容疑者(29)ら5人と、「Peach」の責任者で山口組系三次団体幹部、浅沼正稔容疑者(58)。

 調べに対し、五味容疑者ら従業員5人は容疑を認めているが、浅沼容疑者は「私は全く関係ありません」と否認している。

 大阪府警に今年2月、「友人が違法カジノにはまっているので、店を取り締まってほしい」と匿名の通報があった。店は会員制でカーテンなどで仕切られた12の半個室に分かれていて、客は1ポイント=100円でポイントを購入して賭博をし、得たポイントを再び現金に換える仕組みだったという。

  

組脱退で指詰め強要 住吉会系幹部2人を逮捕

 宮城県警暴力団対策課は20日、暴力団組織からの脱退を申入れた男性(28)に暴行を加えけがをさせた上、指を切断するよう迫ったとして、指定暴力団・住吉会系幹部、熊谷永一容疑者(41)=仙台市青葉区=と、佐々木正人容疑者(36)=大和町=を傷害と組織犯罪処罰法違反の疑いで逮捕した。同課は認否を明らかにしていない。

 逮捕容疑は7月15日午後8時半ごろ、利府町内の高架橋で、組織からの脱退を申入れた男性に制裁として顔面を殴るなどの暴行を加え、鼻骨骨折のけがを負わせた上、同日午後10時半ごろ、男性に「組のけじめをどうするんだ」などと包丁を見せ、指の切断を強要したとしている。

 男性が両親らに助けを求め、仲裁をした後に両親が110番通報した。同課は数人の共犯者がいるとみて調べている。

  

あおり運転でバイク転倒させ2人けが 稲川会系組員逮捕

 山梨県警組織犯罪対策課は20日、あおり運転の末にオートバイに衝突して少年2人を負傷させたとして、指定暴力団・稲川会系「四代目山梨一家」傘下組員、中沢卓也容疑者(25)=同県甲斐市富竹新田=を危険運転致傷の疑いで逮捕した。

 逮捕容疑は6月20日午後11時55分ごろ、甲府市国母の県道で普通自動車を運転中にオートバイに接近したり衝突するなどあおり行為を始め、21日午前0時ごろ、約3.4キロ走行した同市大里町の市道で再びオートバイに衝突。転倒させて、運転していた南アルプス市の会社員男性(17)と後部座席の中央市の会社員男性(16)に擦り傷などそれぞれ約2週間のけがを負わせた。

 中沢容疑者と少年2人は顔見知りで、中沢容疑者はそのまま逃走、事件について「言いたくありません」と供述している。

  

栃木の居酒屋で男性銃撃 手配の住吉会系組長を逮捕

>>関連記事
 栃木県警は18日、今年7月に栃木県栃木市の居酒屋で男性が拳銃で撃たれ重傷を負った事件で、殺人未遂容疑で指名手配していた指定暴力団・住吉会系組長、大沢康博容疑者(56)=住所不定=を逮捕した。
 
 逮捕容疑は7月21日未明、住吉会系幹部、小松充容疑者(37)=福島県いわき市=(同容疑で逮捕)らと共謀し、栃木市旭町の居酒屋で男性(46)を拳銃で撃ち、殺害しようとした疑い。 

  

岡山のホテル女性殺害 死因は心臓損傷 

>>関連記事
 岡山中央署は16日、岡山市中区平井のホテルで13日に女性(46)=同市=が殺害された事件で、司法解剖の結果、死因は刃物で刺されたことによる心臓損傷と発表した。

 同署によると、女性は客室のトイレで倒れているのが見つかり、胸や腹など約10カ所を刺されていた。現場から立ち去り、銃刀法違反などの疑いで逮捕された指定暴力団・山口組系「二代目大石組」幹部、河野美雄容疑者(69)が殺害をほのめかしており、同署は殺人容疑で再逮捕する方針。

 これまでの調べでは、13日未明、ホテルの従業員が「男が女を殺したと言って出て行った」と110番。現場から約4キロ西の路上で包丁(刃渡り約20センチ)を振り回したとして、捜査員が男を取り押さえた。包丁には血痕が付着しており、殺害に使われたとみられる。

  

1億2000万円相当の覚せい剤を密輸 東組傘下組長ら逮捕

 大阪府警は、末端価格約1億2000万円の覚醒剤をカナダから密輸したとして、暴力団組長の男ら2人を覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは、指定暴力団・二代目東組傘下「四代目関谷組」組長、木村雄治こと李雄二容疑者(55)と、自営業の酒向優太容疑者(31)の2人。

デニムパンツのウエスト部分に隠し覚せい剤を密輸
ウエスト部分に覚せい剤を
隠し密輸

 逮捕容疑は、李容疑者らが今年3月、末端価格1億2千万円に上る覚醒剤約2kgを、デニムパンツのウエスト部分に隠し、カナダから航空貨物で密輸した疑い。今年に入ってカナダからの覚醒剤の密輸が相次いでいることから、税関が警戒をしていた。

 府警が覚醒剤を発見後、別の粉に入れ替えて配送し、その受け取り先を捜査、李容疑者らの逮捕につながった。

  

密漁船を不法に係留 山口組系会長を再逮捕

>>関連記事
 長崎県警は14日、長崎県で起きた密漁事件で逮捕された指定暴力団・山口組系会長を漁業法違反の疑いで再逮捕した。長崎県警察本部に近い港を拠点に「密漁船」を不法に係留していたとみられている。

 再逮捕されたのは、山口組系二代目伊豆組傘下「二代目石湊会」会長 坂上明弘容疑者(51)。坂上容疑者らは長崎市丸尾町の港を拠点とし、密漁に使った船や、潜水器具や水中銃などを保管していた船を不法に係留していた。

 先月23日、長崎市野母町周辺の海で無許可でオオモンハタやタイなど10匹を密漁し、JR長崎駅近くの居酒屋に持ち込んだ疑いがもたれている。

 坂上容疑者らは別の密漁の容疑ですでに逮捕されていて、密漁した魚を長崎市内の歓楽街にある無料案内所に保管し、居酒屋で提供していたとみられている。

  

ホテルで女性が腹などを刺され死亡 山口組系大石組幹部を逮捕

 13日午前2時35分ごろ、岡山市中区平井のホテルで、「男が女を殺したと言って出て行った」と男性従業員から110番があった。岡山中央署員が駆け付けたところ、3階の客室トイレで40代とみられる女性が血を流して倒れているのを発見。搬送先の病院で死亡が確認された。男は軽乗用車に乗って逃走した。

殺人事件のあった岡山市中区平井のホテル
事件のあったホテル

 同署は殺人事件とみて緊急配備。約1時間後、同市北区野田の路上で、男が乗ったとみられる軽乗用車を発見、約30分追跡し、現場から約4キロ西の同大元駅前の路上で追い詰めると、軽乗用車はパトカーに衝突して停車した。警官が助手席の窓ガラスを割って車を降りるよう促すと、刃渡り約20センチの刃物を振りかざすなどしたため、乗っていた自称岡山市北区、指定暴力団・山口組系「二代目大石組」幹部、河野美雄容疑者(69)を銃刀法違反、公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。

 同署によると、河野容疑者は女性を刺したことをほのめかす供述をしていることから、容疑が固まり次第、殺人の疑いで逮捕する方針。女性は腹部や首など数カ所を刺されており、司法解剖して死因を調べるとともに、河野容疑者の知人とみて身元の確認を急いでいる。

  

JCB偽造ギフト券 稲川会系組員ら3人逮捕

>>関連記事
 静岡県警は、クレジットカード大手、JCBの偽造ギフト券を沼津市内の金券ショップで売って現金をだまし取ったとして、指定暴力団・稲川会系組員ら3人を偽造有価証券行使、詐欺の疑いで逮捕した。

「JCBギフトカード」の偽造券発覚について
JCBのHP

 逮捕されたのは稲川会系「十一代目堀井一家」傘下組員、谷中翔太容疑者(28)ら3人。3人の認否を明らかにしていない。

 警察によると谷中容疑者らは今年4月、沼津市の金券ショップで偽造されたJCBギフトカード47枚を売り、現金約22万円を騙し取った疑いが持たれている。また、3人のうち1人は、三島市内の金券ショップでも同じ手口で14万円をだまし取った疑いで逮捕されている。JCBの偽造ギフト券は全国で5000枚以上見つかっていて組織的な犯行とみて余罪を調べている。

「JCBギフトカード」は、今年4月に全国の小売店などで偽造されたものが600枚余り見つかり、会社が偽造の特徴とともに注意を呼びかけていて、今回の被害に遭った店側も偽造に気づき、警察に通報したという。

  

他人名義の口座譲り受け 浪川会本部事務所を捜索

 他人名義の銀行口座の通帳などを譲り受けた疑いで、指定暴力団・浪川会系組員が逮捕された事件を受け、福岡県警は8日午後、「二代目浪川会」本部事務所を家宅捜索した。

 逮捕されたのは浪川会系傘下組員、佐瀬貴明容疑者(24)。

 県警によると、佐瀬容疑者は2017年、友人の男性名義の銀行口座の通帳とキャッシュカード、それに暗証番号を男性本人から譲り受けた疑い。

 暴力団組員は、金融機関の規制によって銀行口座を持てないことになっていて、調べに対し佐瀬容疑者は「借りていただけだ」と容疑を否認している。

 この口座は、アダルトサイトの料金滞納を騙る特殊詐欺の振込み先として使用されていたことが分かっていて、県警では関連を調べている。

  

 | HOME |  »


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード


QR