FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

埼玉で男性2人刺され搬送 組員同士のトラブルか

 18日午後3時15分ごろ、埼玉県さいたま市大宮区宮町4丁目の4階建て雑居ビルで、「トラブルで腹を刺されているようだ」と近くにいた男性から119番があった。埼玉県警捜査4課にによると、51歳男性が刃物のようなもので胸を刺され、49歳男性が胸と腹を切られ病院に搬送された。被害者の2人は暴力団組員とみられ搬送時には意識があったという。

 刺した男は逃走。県警は殺人未遂事件として行方を追っている。事件の起きた雑居ビルには指定暴力団・住吉会系の組事務所が入居しており、県警は組員同士のトラブルとみている。

  
 

うどん店駐車場で男性をナイフで刺した親和会幹部に実刑判決

>>関連記事
 高松地方裁判所は、去年10月に高松市木太町のうどん店の駐車場で、親和会の組員と口論になった男性の背中などを折り畳み式ナイフで数回刺し、全治約3週間のけがをさせた指定暴力団・二代目親和会幹部、滝平尚二郎被告(49)に対し、18日の判決公判で、傷害罪で懲役2年6カ月の実刑判決を言い渡した。

 18日の判決公判で、高松地裁の浜優子裁判官は「人命を奪いかねない悪質な行為で、近隣住民に与えた影響も大きい」として懲役3年6カ月の求刑に対し、懲役2年6カ月の実刑判決を言い渡した。

  
 

神戸山口組再指定へ 組長聴取に現れず

 兵庫県公安委員会は18日午前、指定暴力団・神戸山口組について、暴力団対策法に基づく再指定のため代表者から意見を聞く場を設けた。井上邦雄組長ら組側は聴取場所の県警本部に姿を見せなかった。欠席でも手続きは進められ、県公安委は期限の4月15日までに再指定する。期間は3年間。

 県警によると、神戸山口組の当初の本部は兵庫県淡路市の事務所だったが、神戸地裁による仮処分決定で使用が禁止され、県公安委は昨年12月に神戸市中央区二宮町のビルを新本部と認定している。

  
 

川崎発砲事件 稲川会系幹部襲撃が目的か

>>関連記事
 川崎市川崎区の路上で17日夜、男女2人が銃撃され負傷した事件で、2人が現場に車を止めて降車した直後に襲撃されていたことがわかった。負傷したのは指定暴力団・稲川会系組員の男性(51)と、組幹部の親族の女性(47)で、2人とも首や腹を撃たれているが意識はあり命に別条はない。
 
 2人は車を降りた途端に発砲されたという。車には2人のほかに稲川会系幹部ら2人が乗車しており、現場近くにある組の関係先に向かうところだった。他の組幹部ら2人にケガはなかった。

 神奈川県警暴力団対策課は、幹部襲撃が目的だった可能性もあるとみて、逃げた男の行方を捜査している。

  
 

 | HOME | 


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード

QR