FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

加護亜依さん夫ら不起訴=高金利貸し付け容疑―東京地検

>>関連記事
 違法な高金利で金を貸し付けたとして、出資法違反の疑いで逮捕された会社役員の男性(47)について、東京地検は11日、不起訴処分とした。詳しい処分内容や理由は明らかにしていない。男性は「モーニング娘。」元メンバーのタレント加護亜依さん(26)の夫。

 警視庁が10月に逮捕したが、処分保留で釈放されていた。
 地検は、男性と共謀したとして逮捕された指定暴力団山口組系組幹部(44)ら2人についても11日付で不起訴処分とした。 

法定の14倍で貸金業 暴力団幹部ら逮捕 2千万貸し7千万円回収か/千葉

 千葉県警は28日、無登録で貸金業を営み、顧客から法定の約14倍の利息を得ていたとして、貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利)の疑いで、自称同県白子町中里の指定暴力団稲川会系組幹部、加藤全久容疑者(64)ら男女4人を逮捕した。

 県警は、加藤容疑者らが平成21年から顧客約80人に計約2千万円を貸し付け、計約7千万円を回収していたとみて調べている。

 逮捕容疑は21年8月~25年12月、貸金業の登録をせずに県内の5人に計265万円を貸し付け、法定利息の約14倍に当たる約452万円を利息として受け取った疑い。

 県警によると、加藤容疑者は「知らない」と容疑を否認している。

夫の逮捕で復帰困難になった加護亜依、最後の手段「フルヌード解禁」の現実味

>>関連記事
 元モーニング娘。の加護亜依(26)が自身のブログで引退の可能性を示唆したことが波紋を呼んでいる。

 加護は今年6月に3人組ガールズユニット「Girls Beat!!」を結成し、アイドル活動を再開させていた。ところが、今月28日に違法な高金利で知人男性に資金を貸し付けたとして出資法違反容疑で夫の会社役員・加護陽彦容疑者(47)が山口組系暴力団幹部らと共に逮捕されたことで一転、イベント出演などが全て白紙となり、加護の芸能生命すら危うい状況に陥ってしまった。

「陽彦容疑者はクラブなどを経営する知人男性に約250万円を貸し付けましたが、その場に山口組系幹部を同席させて法外な利息を要求。被害者の男性は利息だけで百万円以上を支払わされたといわれています。陽彦容疑者は2011年にも『俺のバックには弘道会の組長がついている』と暴力団との関係をチラつかせ、知人からの借金2000万円を踏み倒そうとしたとして逮捕された過去がある。その時は暴力団との関係がハッキリしなかったために処分保留で釈放となりましたが、今回の事件でヤクザと蜜月状態であることが完全に証明された。いくら加護本人の問題ではないとはいえ、身内が暴力団とつながっているとなると芸能活動の継続は厳しい」(週刊誌記者)

続きを読む »

加護亜依さん夫を逮捕 高金利で金貸し付けた容疑

>>関連記事
都内の男性に違法な金利で金を貸し付けたとして、警視庁荒川署は2014年10月28日、元「モーニング娘。」でタレントの加護亜依さんの夫で会社役員の加護陽彦(旧姓=安藤陽彦)容疑者(47)を出資法違反の容疑で逮捕した。

荒川署が逮捕状を取って行方を追っていたが、同日午後1時過ぎ、東京・霞が関の警視庁本部に出頭したという。

 逮捕容疑は昨年9~10月、指定暴力団山口組系組幹部、小沢達夫容疑者(43)=同容疑で逮捕、東京都品川区=と共謀し、知人の男性(45)に250万円を貸し付け、港区の路上で、法定を上回る75万円の利息を不正に受け取った疑い。荒川署によると「現場にはいたが、詳細は分からない」と容疑を否認している。

加護亜依、夫逮捕に「なぜ別れないの?」の声!!業界でささやかれる“仮面夫婦”説とは

>>関連記事
 元モーニング娘。でタレントの加護亜依の夫、会社員の安藤陽彦氏が、逮捕状を取られていたことが24日、わかった。警視庁によると、知人男性に違法な高金利で資金を貸し付けていたなどとして、出資法違反(高金利)容疑で、40代の指定暴力団山口組系組幹部の男を逮捕。同容疑などで2人に逮捕状が出たが、そのうちの1人が安藤氏だったという。

 以前から黒いうわさのあった安藤氏。2011年9月6日にも、知人男性から2,000万円の借金の返済を迫られた際に、「俺のバックには山口組系の弘道会がついている」などと脅して借金を踏み倒そうとし、恐喝未遂容疑で逮捕されている。この後、安藤氏は処分保留で保釈されたが、加護は参考人として事情聴取を受け、この件が原因で精神的に追いつめられたのか、自殺未遂を図っている。

 また安藤氏と昔交際をしていた華原朋美は、付き合っていたときに安藤氏からDVを受けたと告白している。加護も、顔面に殴られたような傷を負った写真が流出し、同じようにDVを受けていたのではないかとみられている。

続きを読む »

夫のウラの顔明らかに…加護亜依「離婚決断」も

>>関連記事
 元「モーニング娘。」の加護亜依(26)の夫、安藤陽彦容疑者(47)が出資法違反(高金利)容疑で警視庁から逮捕状が出ている事件で、安藤容疑者の暴力団との濃厚な関係を含むウラの顔がみえてきた。
 
 加護は女児出産を経て昨年8月に芸能活動を再開。今年6月に3人組のガールズユニットを結成し、活動を本格化していたが、事件で再び表舞台からの撤退を余儀なくされそうで、Aが起訴された場合、離婚を決意するともみられている。

 加護の夫、安藤容疑者にかけられているのは、昨年9月、都内に住む飲食店経営者の知人男性に対し、約250万円を貸し付け、法定金利以上の不当な利益を得た疑い。

 被害者は都内でクラブなどを経営していた男性で、関係者によると「Aは現金の貸し付けの場に暴力団幹部Bを同席させ『このカネはBさんからのカネだ』と、返済が滞ったら怖いぞという意味で脅したそうです。それで結局、利息だけで百数十万円を支払わされた」という。

続きを読む »

また夫が警察沙汰…「待つわ」に秘めた加護亜依の夫婦生活

>>関連記事
 また元モー娘。がお騒がせだ。矢口真里が復帰したら、今度は加護亜依(26)。やくざな旦那のせいで周辺が騒がしくなってきた。警視庁が出資法違反(高金利)の疑いで、会社役員の夫、安藤陽彦容疑者(47)の逮捕状を取ったのだ。

 安藤容疑者は知人男性に違法な高金利で約250万円を貸し付けた疑いが持たれている。同じ事件で指定暴力団山口組系幹部が逮捕されたが、安藤容疑者の所在は不明。加護と暮らす東京・港区の自宅に1週間戻らず、行方をくらましているという。

「被害者側がまとまった金額の示談金を支払えば告訴を取り下げると持ち掛けたという話もあり、折り合いがつかなければ週末にも出頭するのではないか」とは捜査事情通の見立てだ。

続きを読む »

加護亜依さん夫に逮捕状 高利貸し付け容疑で警視庁

>>関連記事
 知人男性に違法な高金利で資金を貸し付けていたなどとして、警視庁が出資法違反(高金利)容疑で40代の指定暴力団山口組系組幹部の男を逮捕し、同容疑などで男2人の逮捕状を取ったことが23日、捜査関係者への取材で分かった。逮捕状が出ている男のうち1人は、元「モーニング娘。」でタレント、加護亜依さん(26)の夫の会社役員、安藤陽彦(47)であることも判明した。

  加護の夫である安藤容疑者は、東京都内で飲食店を経営するほか、コンサルタント業務などをしているというが、以前から裏社会とのつながりも、たびたび報じられてきた。

 「大王製紙の前会長もはまった裏カジノの運営にも関与しているなどと報道されたこともあり、何かと暴力団との関係が取り沙汰されてきた人です」と芸能ライター。加護とは11年に結婚し、1児をもうけている。

 今回逮捕されたのは、山口組6代目の篠田建市(通称・司忍)組長の出身母体である弘道会(愛知)傘下の小松組(東京)幹部。逮捕状が出ているもう1人の男は、山口組系組員の男。

 捜査関係者によると、組幹部の男と会社役員は平成25年9月、都内に住む知人で飲食店勤務の男性に約250万円を貸し付け、法定金利以上の不当な利益を得た疑いが持たれている。

続きを読む »

生活保護費狙い“闇金で暴利”暴力団組長ら2人逮捕/東京

 生活保護受給者を狙って違法金利で現金を貸し付けていた暴力団組長が逮捕された。

 指定暴力団六代目山口組系の組長・近藤正人容疑者(61)ら2人は去年6月から約1年間にわたって、生活保護を受けている東京・台東区の59歳の男性に法定金利の最大6倍で現金を貸し付け、約11万円の違法な利息を受け取った疑いが持たれている。

 警視庁によると、近藤容疑者は生活保護費の受給者を狙って、毎月100人ほどに金を貸し、1年間で約1800万円の利息を受け取っていた。
 近藤容疑者は自宅で営業し、口コミで客を集めていた。取り調べに対し、「私は関係ない」などと容疑を否認している。

工藤会系組幹部ら逮捕 無登録で貸金容疑 福岡県警

 福岡市内のコンビニエンスストア駐車場にとめた車内などで、無登録で金を貸し、法定を上回る利息を受け取ったとして、福岡県警は26日、指定暴力団工藤会系組幹部ら4人を、貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利受領)の疑いで逮捕し、発表した。

 逮捕されたのは、工藤会系組幹部の岡本哲哉容疑者(40)=福岡市東区若宮5丁目=と組員ら3人。県警は26日午前、福岡市博多区の工藤会系組事務所など8カ所を家宅捜索した。

 発表によると、4人は共謀して、今年2~5月ごろ、福岡市内のコンビニの駐車場にとめた車の中などで、県内の30~60代の男女9人に1回数万円程度ずつ、計35万円を無登録で貸し付け、貸金業者に許された年20%の38~52倍にあたる約760~1052%の利息計4万1千円を受け取った疑いがある。

 4人はチラシで客を募り、駐車場などの待ち合わせ場所を指定。県警は、100人以上に貸し付けていたとみている。

高金利で金貸し 容疑の組員を再逮捕/埼玉

 無登録で高金利の金を貸したとして、埼玉県警生活環境2課と寄居署は9日、貸金業法違反(無登録営業)と出資法違反(超高金利)の疑いで、指定暴力団稲川会系組員、小林健司容疑者(32)=出資法違反容疑で処分保留=を再逮捕した。生活環境2課によると、大筋で容疑を認めている。

 逮捕容疑は平成24年3月1日から7月21日、無登録のまま、熊谷市の41歳と37歳の男性に対して、違法な高金利で計19万8千円を貸し付けた疑いが持たれている。

 県警が別の出資法違反事件で小林容疑者を逮捕後、関係先を捜索したところ、違法とみられる貸金の契約書を発見した。県警は小林容疑者がヤミ金融で得た利益を所属する組織に流していた疑いもあるとみて、裏付けを進めている。

生活保護受給者に高利で貸し付け=容疑で山口組系組長ら逮捕―警視庁

 生活保護受給者から法定金利を超える利息を受け取ったとして、警視庁組織犯罪対策4課は3日、出資法違反(高金利)の疑いで、指定暴力団山口組 落合金町連合金町一家」系組長、近藤正人容疑者(60)=東京都台東区清川=と住所不定、無職、小林生佶(せいきち)(69)の2容疑者を逮捕した。近藤容疑者は黙秘し、小林容疑者は認めているという。

 近藤容疑者らは山谷地区のマージャン店を拠点に口コミで客を増やしていた。10日で1割を示す「トイチ」の金利で金を貸し、保護費受給日に返済させていたという。

 同課によると、近藤容疑者は2010年以降、近くに住む生活保護受給者約100人に貸し付け、月100万円以上の利益を得ていたという。融資の際、受給資格が確認できる書類を提出させており、確実に回収できると見込んで貸し付けていたとみて調べる。 

出資法違反:暴力団会長ら有罪 「虚偽記入」などは無罪-地裁判決/和歌山

>>関連記事
 貸し付けた金に法定限度を超える利息を課したとして出資法違反罪などに問われた和歌山市楠本、指定暴力団山口組倉心会会長、津田智加良(53)▽妻の有紀美(42)両被告の判決公判が12日、和歌山地裁であった。
 
 柴山智裁判長は「犯行を主導した智加良被告は悪質で、有紀美被告の責任も軽視できない」などとし、智加良被告に懲役1年6月、執行猶予4年、罰金300万円(求刑・懲役3年6カ月、罰金400万円)を、有紀美被告に懲役1年2月、執行猶予3年、罰金50万円(同・懲役2年、罰金50万円)の判決を言い渡した。両被告の有価証券虚偽記入・同行使罪、智加良被告の組織犯罪処罰法違反罪などは無罪とした。

 判決によると、智加良被告は07年5月21日ごろ~10年12月20日ごろ、10回にわたり和歌山市の男性2人に計3135万円を貸し付け、無登録で貸金業を営んだ。また、両被告は共謀して昨年4月20日と同5月20日、和歌山市の男性から、法定限度を超える利息計約72万円を受け取った。

出資法違反事件、組長に罰金50万円/大阪

>>関連記事
 違法な高金利で知人に金を貸したとして、出資法違反容疑で逮捕された指定暴力団山口組玉地組組長(53)について、堺区検が同罪で略式起訴し、堺簡裁が罰金50万円の略式命令を出したことが26日分かった。命令は22日付。組長は罰金を即日納付した。

 組長は知人男性から現金40万円を脅し取ったとして恐喝容疑でも逮捕されたが、大阪地検堺支部は同容疑について不起訴処分とした。

高金利で金貸しの疑い、山口組直参を再逮捕/大阪

 違法な高金利で知人に金を貸したとして、府警捜査4課と堺署は14日、出資法違反容疑で指定暴力団山口組玉地組組長、山本義一容疑者(53)=恐喝容疑で逮捕=を再逮捕した。山本容疑者は「直参」と呼ばれる直系組長。

 逮捕容疑は平成22年8月に知人の自営業の男性(45)に250万円を貸し付けた際、法定金利を上回る月25万円の利息を受け取ったとしている。

 府警によると、山本容疑者は「金は貸したが、金額や金利は覚えていない」と供述している。

5日で1割の高金利貸し 容疑の工藤会系組員ら2人逮捕

 福岡県警は12日、5日に1割の法定外金利で金を貸したとして出資法違反(高金利)の疑いで、無職、伊達一平容疑者(43)=同県行橋市金屋=を再逮捕した。また伊達容疑者に通帳を渡したとして犯罪収益移転防止法違反(預金通帳譲渡)容疑で指定暴力団工藤会系組員、岩本武彦容疑者(46)=北九州市小倉南区中曽根=を新たに逮捕した。

 伊達容疑者の再逮捕容疑は2010年6月、福岡県の女性に5万円を貸し付け、利息として5日ごとに5千円を約30回振り込ませるなど、法定金利の約6.5倍に当たる16万5千円を受領した疑い。岩本容疑者の逮捕容疑は、伊達容疑者が使うと知りながら通帳を渡した疑い。県警は9月、偽ブランド品を販売していたとして商標法違反容疑で伊達容疑者を逮捕していた。

1147倍の暴利で貸し付け容疑=元貸金業者ら2人逮捕―警視庁/東京

 法定金利の最大1147倍に当たる利息を受け取ったとして、警視庁生活経済課などは24日までに、出資法違反(高金利)容疑などで、元貸金業の金島広樹容疑者(28)=埼玉県川口市戸塚東=ら2人を逮捕した。いずれも容疑を認めているという。
 同課によると、2人は2010年11月以降、363人に約2200万円を貸し付け、3300万円以上の利息を受け取ったとみられる。指定暴力団住吉会系関係者の男(29)も関与したとみて、指名手配する方針。
 逮捕容疑は10年11月~11年7月、貸金業の登録を受けず、東京都世田谷区の自営業の女性(52)ら5人に18万円を貸し付け、法定金利の37~1147倍に当たる計約193万3500円の利息を受け取った疑い。
 同課によると、金島容疑者は女性に2万円を貸し、4カ月で128万円超を受領。返済が滞ると、電話で「中国マフィアに債権を渡す」と脅したり、被害者宅に救急車を呼ぶなどの嫌がらせをすることもあったという。 

200倍超の高利で貸し付け容疑=暴力団関係者の男逮捕-警視庁

 法定金利の最大約209倍で現金を貸し付けたとして、警視庁生活経済課と板橋署は17日までに、出資法違反(高金利)容疑で無職八木隆宏容疑者(33)=東京都練馬区栄町=を逮捕した。容疑を認めているという。
 同課によると、八木容疑者は昨年7月以降、多重債務者ら363人に計約1400万円を貸し付け、約700万円の利息を得ていた。指定暴力団山口組系暴力団の関係先を拠点に活動しており、同課は利益の一部が暴力団に流れた可能性もあるとみて調べている。

<貸金業法違反>韓国から帰国の男逮捕 警視庁

>>関連記事
 中堅ゼネコン「井上工業」を巡る架空増資事件に絡み、増資を引き受けた金融ブローカーらに無登録で資金を貸し付けた事件で、警視庁組織犯罪対策3課は10日、逮捕状が出ていたコンサルタント会社「神商」の実質的経営者で在日韓国籍の孫壹柱(いっちゅう)容疑者(62)を貸金業法違反(無登録)容疑で逮捕した。潜伏先の韓国から同日、帰国した。孫容疑者は指定暴力団山口組系組織の資金を運用していたとみられ、組対3課は収益が暴力団側に流れたとみて追及する。

 逮捕容疑は08年6~9月、同社社長、金武雄容疑者(61)=同法違反容疑で逮捕=らと共に東京都知事の登録を受けずに金融ブローカーの男(61)らに計7億3000万円を貸し付け、無登録で貸金業を営んだとしている。組対3課によると、容疑を認めているという。

無許可で7億3千万円貸し付け 暴力団関係者3人を逮捕 山口組資金源か

 経営破綻した中堅ゼネコン「井上工業」(群馬県高崎市)の架空増資事件などに絡んで金融ブローカーらに無登録で計7億3千万円を貸し付けたとして、警視庁組織犯罪対策3課は20日、貸金業法違反(無登録営業)の疑いで、韓国籍で東京都台東区竜泉、コンサルタント会社社長、金武雄容疑者(60)ら3人を逮捕した。同課によると、いずれも容疑を認めているという。

 同課は、金容疑者らが指定暴力団山口組系傘下組織の資金を背景に貸し付けを繰り返し、井上工業の架空増資で発行された新株の一部がコンサル会社を通じて山口組関係者に流れた可能性があるとみて捜査を進める。また、コンサル会社の実質的経営者(62)の逮捕状も取り、行方を追っている。

 逮捕容疑は、平成20年6~9月、金融ブローカー(61)=金融商品取引法違反罪で有罪判決=らが井上工業に出資した際、1億5千万円を貸し付けたほか、情報通信関連会社「トランスデジタル」(東京都港区、経営破綻)幹部らによる民事再生法違反事件に絡み関係者に約4億円を貸し付けるなど、無登録で計7億3千万円の貸し付けを行ったとしている。

«  | HOME |  »


今すぐ会いたい・・・
出会いが見つかる安心の老舗優良マッチングサイト PCMAX
究極のマッチングサイト

最新記事

リンク

QRコード


QR