FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

稲川会系幹部の傷害致死事件に関与か 住吉会系幹部ら逮捕

>>関連記事
 昨年12月に指定暴力団稲川会堀井一家傘下「池永組」の池永信也組長(58=横浜市保土ケ谷区)が死亡した傷害致死事件で、茅ケ崎署捜査本部は15日、稲川会系組員を殴ったなどとして、住居不定、無職、小井土翔太(25)と東京都中野区東中野1、指定暴力団住吉会系組幹部、斉藤将馬(25)の両容疑者を傷害容疑で逮捕した。

 逮捕容疑は共謀して昨年12月20日午前1時50分ごろ、茅ケ崎市西久保の路上で、稲川会系組員(36)を殴るなどし、けがをさせたとしている。小井土容疑者は黙秘し、斉藤容疑者は「話したくない」と供述している。

 捜査本部によると、小井土容疑者らは事件後、組員と一緒にいた池永組長を連れ去ったとみられる。池永組長は同日午前3時ごろ、複数の男によって伊勢原市内の病院に放置され、死亡が確認された。死因は頭部などを殴られた外傷性ショックだった。

 警察は、稲川会住吉会のトラブルが背景にあり、小井土容疑者らが傷害致死事件にも関与したとみている。

  

神戸山口組系「健心連合会」幹部2人を逮捕 生活保護費の詐取疑い

 暴力団員であることを隠して不正に生活保護費を受給したとして、大阪府警捜査4課は18日、いずれも韓国籍の指定暴力団神戸山口組直系「健心連合会」の副会長、高山勇男こと高聖効(70)=大阪市生野区鶴橋=と、桐島功全こと洪芳一(64)=同市住吉区苅田=の両容疑者を逮捕したと発表した。高容疑者は容疑を否認、洪容疑者は認めている。

 逮捕容疑は、昨年12月下旬~今年5月上旬、暴力団員であることを隠し、大阪市内の区役所から高容疑者は約60万円、洪容疑者は約20万円の生活保護費をそれぞれだまし取ったとしている。

 神戸山口組をめぐっては4月末、一部の直系団体の幹部らが離脱し新団体「任侠団体山口組」を結成したと表明。
 府警によると、健心連合会トップの伊藤寿邦会長は「任侠団体山口組」にいったん加わったがその後に神戸山口組に戻ったとみられ、詳しい経緯を調べる。

  

偽装離脱説を打ち消す「任侠団体山口組」結成の裏側

 六代目山口組から分裂した神戸山口組を割って出て、4月30日に異例の記者会見を開いた任侠団体山口組の全貌が明らかになってきた。

 兵庫県尼崎市の古川組の組事務所3階の大広間に20人近くのマスコミを集めた記者会見。 織田絆誠代表は会見場に姿を見せず、ともに神戸山口組から離脱した真鍋組組長の、池田幸治本部長らが山口組の「綱領」を背にして、「神戸山口組の現実は六代目山口組の名古屋方式にも劣る、それ以下の悪政でした」と分裂の理由を説明。

 任侠団体山口組に移籍した組のリストには長年山口組の中核を担ってきた山健組の組員がずらりと並び、その数は30を超える。

続きを読む »

別の組幹部行きつけの銭湯に営業妨害 「淡海一家」若頭ら4人逮捕

 敵対する暴力団幹部行きつけの銭湯に来店して営業を妨害したとして、京都府警は17日、威力業務妨害と建造物侵入の疑いで、指定暴力団山口組系「淡海一家」の若頭、上野隆容疑者(55)ら4人を逮捕した。いずれも「行ったかどうか思い出せない」などと容疑を否認している。

 逮捕容疑は、2月10日、京都市北区の銭湯を正当な理由なく訪れ、風呂場で客に入れ墨を見せつけるなどして業務を妨害し、トラブル発生を恐れた銭湯の男性経営者(38)に、別の暴力団幹部の入店を拒否させ、銭湯の営業を妨害した疑い。

 府警組織犯罪対策2課によると、この銭湯は、指定暴力団会津小鉄会のうち、指定暴力団神戸山口組寄りの勢力とみられる幹部が普段から利用。淡海一家と同勢力は反目しており、犯行当時、一般の男性入浴客1人が「墨入れたやつ来てるか」などと話しかけられたという。

 会津小鉄会は、山口組神戸山口組の分裂の影響を受け、今年1月から会長の後継をめぐって内紛状態となっている。

  

クリーニング会社社員恐喝 住吉会系組幹部ら3人逮捕

 クリーニングチェーン運営会社のクレーム処理担当の男性社員(38)から現金を脅し取ったなどとして、多摩署は恐喝容疑などで、東京都台東区千束、指定暴力団住吉会武蔵屋一家大橋組幹部で傘下組織「伸和会」会長、斉藤伸一郎容疑者(55)ら男3人を逮捕した。斉藤容疑者は容疑を認め、残りの2人は否認している。

 同署によると、斉藤容疑者らはこの会社が運営する店舗にコートを洗濯に出しており、受け取ったあとに「コートが破れている」などとしてクレームを入れていた。その後、男性を呼び出して犯行に及んだとみられる。逮捕容疑は、4月24日午後9時40分ごろ、川崎市多摩区の飲食店内で、男性社員から現金約2万5千円を脅し取ったなどとしている。

  

露天商仲間から300万円恐喝 7人を逮捕

 清荒神清澄寺(兵庫県宝塚市米谷)で露店の出店を続けるための費用名目で現金300万円を脅し取ったとして、県警暴力団対策課などは16日、恐喝の疑いで、京都市左京区高野東開町、自称食品販売業、川村進一容疑者(44)と、24~76歳の露天商の男6人を逮捕した。県警はいずれも認否を明らかにしていない。

 7人の逮捕容疑は昨年12月26日、同寺の駐車場で、露天商の男性(66)の頭を殴るなどの暴行を加えた上、「お前の店閉めるぞ。300万円持ってきたら続けさせたる」と脅し、翌27日に300万円を受け取ったとしている。

 県警によると、川村容疑者は男性に出店費用として約10万円の「心づけ」を要求した際、男性が分割払いを申し出たことに激高。仲間の露天商と恐喝を決意したという。県警は300万円が暴力団に渡った可能性もあるとみて調べている。

  

「場所代」恐喝 暴力団幹部ら2人を逮捕

 東京・台東区で、60歳の女性から、場所代を払えなどと現金を脅し取った疑いで、暴力団幹部の男ら2人が警視庁に逮捕された。

 逮捕されたのは指定暴力団・住吉会系幹部の杉沢利美容疑者(57)と、関東関根組幹部で渡辺一家総長代行、福田正紀容疑者(53)。2人は2016年10月、台東区の路上で、60歳の女性から現金34万円を脅し取った疑いが持たれている。容疑を否認している。

 2人は、台東区で売春の客引きをする女性から、暴力団の縄張りだといいがかりをつけ、8年前から毎月「場所代」と称して現金を脅し取っていたが、「エリアを越えて仕事をした。罰金を払え」などと因縁をつけ、さらに現金を脅し取ろうとしていた。

 警視庁は、2人が脅し取った額が数千万円にのぼるとみて調べている。

  

「松葉会」分裂 「関東関根組」の「指定」検討

 茨城や栃木、東京などを勢力範囲にする指定暴力団「松葉会」の内紛で、反主流派が新組織「関東関根組」を立ち上げ分裂した。数年前から会長職を巡る後継争いなどが原因で内紛が起きていたが今年春ごろ、主流派が反主流派の離脱を認めていた。

 警視庁などは「関東関根組」について、暴力団対策法に基づく指定暴力団の指定を求める方向で検討している。指定されれば、構成員によるみかじめ料(用心棒代)要求などの不当行為が禁止される。全国の指定暴力団は計23団体となる。

 警視庁によると構成員数は「松葉会」が約470人、「関東関根組」が約170人になるという。

  

山口組3次団体にトラックで突入 容疑の組員逮捕

>>関連記事
 指定暴力団山口組3次団体の関連先だった神奈川県厚木市の建物に昨年2月、トラックで突っ込んだとして、神奈川県警は14日、建造物損壊の疑いで同県座間市、暴力団幹部、井上知彦容疑者(46)を逮捕した。

 県警によると、事件時に神戸山口組系組員で、山口組分裂の対立抗争が動機とみている。「記憶がはっきりしない。弁護士と相談してから話す」と供述している。

 逮捕容疑は昨年2月27日未明、厚木市妻田東の建物にトラックをバックで衝突させ、シャッターや壁を壊した疑い。

 県警によると、トラックは盗難車で、現場から約400メートル離れた路上に放置されていた。防犯カメラの映像などから浮上。他にも関与した人物がいるとみて調べている。

  

神戸山口組本部を家宅捜索、分裂後初 警視庁

>>関連記事
 警視庁は12日午前、指定暴力団・神戸山口組系の組幹部の男ら3人が恐喝容疑で逮捕された事件で、関係先である同組の本部事務所を家宅捜索した。同組本部への家宅捜索は、一部の幹部が離脱して新組織「任俠団体山口組」結成を表明して以降、初めて。

 警視庁が1日、会社員男性から500万円を脅し取った恐喝容疑で、神戸山口組宅見組幹部、、吉田淳一容疑者(58)=大阪市生野区巽西2=ら計3人を逮捕していた。

  

«  | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ