FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

3つの山口組問題、9月以降に分裂後最大級の抗争勃発の懸念

 「3つの山口組問題」が新たな局面を迎えることになりそうだ。

 六代目山口組執行部が傘下組織に、ある「通達」を出したという情報が関係者の間を駆け巡り、にわかに緊張が走っている。

 「8月末までは神戸山口組仁侠山口組からの復帰を認めるが、以降は組長、幹部から末端組員まで一切の移籍を禁止する通達で、(復帰の)話を出来る相手がいるなら、それまでに終えるようにというもの」(東京の六代目山口組組員)

 この証言を関西の捜査関係者にぶつけると、「そうした趣旨の通達という情報は把握している」と答えた。

 六代目山口組は分裂直後から絶縁・破門処分にした組長クラスだけを“謀反者”と非難し、彼らの舎弟・若い衆に対しては「親が絶対というヤクザの立場上、致し方なく従っただけ。いつでも迎え入れる」と寛大な態度だった。組員の数がモノをいうヤクザ界における切り崩し工作の方便だが、それを止めるというのは突然の方針転換だ。他の2団体の組員へのメッセージに違いない。

 ただ、神戸山口組も、そこから再分裂した任侠山口組もいまだ大所帯であり、六代目山口組が態度を硬化させたからといって、自ら看板を下ろす理由はない。なぜこの時期に一方的な最後通告を出したのか?

 分裂劇はこの8月で3年の節目を迎える。来年の秋には府中刑務所に収監中の高山清司若頭が出所すると見られているため、一区切り付けたい思いはあるだろう。警察は9月以降、分裂後最大級の抗争が起きるかもしれないと警戒を強めている。本気になった六代目山口組がそれなりのクラスを狙ってヒットマンを動かすと見ているのだ。

 さらに、暴力団筋には「代目替わりを控えている山健組への揺さぶり」(他団体幹部)という見方もある。

 「神戸山口組の中核組織であり戦闘部隊の山健組で、四代目である井上邦雄組長から、中田広志五代目(現若頭)体制への移行が近いと見られている。それを見越して、六代目山口組は移籍の期限を設定し、新体制に不満を持つ古参幹部らの離脱に拍車をかけようということじゃないか」(同前)

 ヤクザ組織のトップの交代はほぼ例外なく揉める。一般企業の社長交代といささか事情が異なるのは、これまで同列、格下の位置にいた新親分に絶対服従を誓い、新たな盃を結び直す必要があることだ。誰を選んでも調整は難航し、あんなヤツの盃は受けられないと組織を離れる人間が出る。

 「新しい盃を結ぶということは、前親分との間の“親子盃”を水にするということ。親が黒と言えば白も黒になるほど絶対視される盃がなくなるため離反が生まれやすい」(同前)

 神戸山口組任侠山口組側の組員たちは「分裂当初ならともかく、いまさら戻っても冷飯を食わされるだけ」(神戸山口組系組長)と取り付く島もないが、早速、古参幹部が山健組を離脱したという噂も流れた。

 再起動した山口組抗争は一気にヒートアップするかもしれない。

  

台湾人関与の詐欺事件、示談成立 被害者の日本人が台中地検に感謝

 台湾台中地方法院検察署(地検)は3日、日台共同出資の詐欺グループによる振り込め詐欺被害に遭った日本人女性が示談金300万台湾元(約1100万円)を受け取り、示談が成立したと発表した。女性は示談成立を後押しした担当検察官に手紙で感謝を伝えたという。

被害者の女性は昨年8月、三井住友銀行や検察官などを装う電話詐欺で現金5830万円をだまし取られた。この事件で台湾人の男2人が日本の警察に逮捕され、共犯に関する情報を入手した台中地検は地元警察らとの連携で捜査を開始。台湾人の男と日本の指定暴力団・住吉会系、山口組系の組員が共同で組織した詐欺グループが台中市内にアジトを設置していることを突き止めた。この詐欺グループは日本だけでなく、中国大陸を狙った詐欺も働いていた。昨年12月にアジトを捜索し、主犯の男を含むメンバー8人を逮捕した。

台中地検によれば、日台間には司法共助の体制が整っておらず、法律外の要素による干渉などを避けるため、日本の警察とのやり取りをした上、被害者の日本人女性に台湾での証言と損害賠償請求を要請。女性は昨年12月と今年4月の2度にわたり訪台した。2度目の訪台では示談の手続きを進め、主犯の男から直接謝罪を受け、300万元での示談で合意した。女性は示談金を現金で受け取った後、帰国したという。

台中地検は、外国人が自ら台湾で告訴、証言し、一部の賠償を得た初のケースだとしている。

  

暴力団事件の協力者 報復を避け異例の氏と名を変更

 暴力団関連事件の捜査に協力した男性が、暴力団の報復を避けるため東京家裁に戸籍上の氏と名の変更を申し立てたところ、両方の変更を認められたことが明らかになった。

 専門家によると、氏と名の両方の変更が認められるケースは異例という。男性は「自分と同じような不安を他の人が抱えないよう、捜査協力者の氏名変更を容易にすべきだ」と訴える。

 男性や代理人弁護士によると、男性は過去に暴力団に関係するグループに長期間所属していた。ある事件で捜査当局は男性に協力させ、グループのトップの逮捕にこぎ着けた。捜査の過程で男性も逮捕され、有罪判決を受けた。

続きを読む »

無許可でナマコ加工製造 新たに「浅野組」系組員を逮捕

>>関連記事
 広島県警福山東署と県警捜査4課は5月1日、県の認可を受けずにナマコの加工製造をした疑いで、4月26日に福山市の男3人が逮捕された事件で、新たに暴力団組員の男1人を食品衛生に関する条例違反の疑いで逮捕した。

 捕されたのは、指定暴力団・五代目浅野組系「二代目中岡組」組員、真鍋吉郎容疑者(41)=福山市花園町1=。

 調べによると、真鍋容疑者は今年1月下旬から先月上旬までの間、26日に逮捕された福山市の会社役員、李裕明容疑者ら3人と共謀し、福山市鞆町の倉庫で県の認定を受けていないにも関わらず「塩漬けなまこ」の加工製造をした疑いが持たれている。真鍋容疑者の認否は明らかにしていない。

 真鍋容疑者らはナマコの販売で2000万円あまりの収益を上げていて、その多くが真鍋容疑者を通じて中岡組の資金源になっていたとみて、詳しい流通ルートなどを捜査している。

  

任侠山口組 会費を減額、奇数月に定例会

 指定暴力団・任侠山口組が4月以降、毎月の定例会を隔月開催とし、直系組長の毎月会費を10万円から5万円に減額することが分かった。警察の取り締まりや暴力団対策法などの規制強化で資金源獲得に苦しむ暴力団組員が増える中、兵庫県警は同組が勢力拡大に向け、組員の負担を軽くして求心力を高める狙いがあるとみて警戒している。

 任侠山口組は昨年4月30日、尼崎市内で記者会見を開き、神戸山口組からの離脱を表明。今年3月、尼崎市内の事務所を本拠地とした指定暴力団とされた。

 これまで定例会は、新年の方針を示す「事始め式」のあった昨年12月などを除き、ほぼ毎月28日に開催。だが最近は約60人いる直系組長に欠席者が増えており、今年3月も約10人が姿を見せなかった。

 「表向きは体調不良が理由でも、実は交通費が捻出できなかったり、会費が払えずに出席できなかったりする組長もいる」と捜査関係者。「高額の会費は組織への不満に結び付き、神戸山口組から離脱した一因にもなった。内部崩壊に至らないよう危惧しているようだ」と語る。

 任侠山口組は、4月の定例会を中止し、5月以降は奇数月に開催する方針を組員らに通達。また勢力拡大を図るため、毎月10万円の会費を納めれば直系組長として登用してきたが、一部の直系組長を除き、会費を5万円に減額したという。

 県警幹部は「場当たり的な対応が多く、組織は一枚岩でない。資金源を巡る摩擦に警戒し、取り締まりを強めたい」としている。

  

無許可でナマコの加工製造 韓国籍の男ら3人を逮捕

 広島県警は26日、広島県福山市の倉庫でナマコを無許可で加工製造したとして韓国籍の男ら3人を食品衛生に関する条例違反の疑いで逮捕した。

 逮捕されたのは韓国籍で会社役員、李裕明容疑者(49)=福山市新涯町=、自称水産加工業の胡子敬志(47)=福山市松浜町=、会社員の坂口豪(34)=福山市東川口町=の3人。3人の認否は明らかにしていない。

 警察によると、3人は共謀して今年1月下旬から4月上旬までの間、福山市鞆町の倉庫で営業施設の認定を受けずにナマコを長期間保存できるよう「塩漬けなまこ」の加工製造をした疑いがもたれている。今年1月に「無許可でなまこを加工している人がいる」と情報が寄せられ、警察が捜査を進めていた。

 警察は26日、関係先13か所を捜索し、暴力団員の名刺などを押収した。

 漁協関係者によるとナマコの買取価格は1kgあたり600円ほどで、加工したものは中国などでは高値で取り引きされているという。加工製造したナマコの販売による収益2000万円の多くが、暴力団関係者に渡っているものとみて、流通ルートなど詳しく捜査している。

  

がん治療で暴力団脱退 元組員の生活保護認める

 がん治療のために暴力団を脱退した静岡市の男性(66)が、生活保護の支給を認めなかった市に処分取り消しなどを求めた訴訟の判決で、静岡地裁(細矢郁裁判長)は26日、「生活保護の要件を満たしており、処分は違法」として取り消しを認めた。

 判決によると、男性は暴力団組員だった2014年3月に肝細胞がんと診断され14年5月、静岡県警から発行された「脱退届出承認書」を市に提出し生活保護を申請。市は暴力団をやめた理由が病気だったなどとして却下した。

 訴訟で市側は、男性が生活保護の申請時、暴力団を正式に脱退したと認められないとして「要件を満たさない」と主張。男性側は「治療に専念するため暴力団を脱退し、申請時は組員でなかった」と反論していた。

 一方、損害賠償については「市は漫然と処分したとまで言えない」として認めなかった。

  

関東関根組が指定暴力団に 全国で24団体目

 茨城県公安委員会は25日、指定暴力団「松葉会」から分裂した新組織「関東関根組」を、暴力団対策法に基づいて指定暴力団に指定し、官報に公示した。全国で24団体目で、期間は同日から3年間。

 指定暴力団に対しては構成員が威力を示し、用心棒代やあいさつ料を要求することを規制できるなど、活動に一定の制約がかけられる。

 県警によると、関東関根組は1月24日時点で、構成員約160人、勢力は1都1道3県。昨年4月ごろ松葉会から独立した。国家公安委員会が5日に暴対法に基づく指定の要件を満たすと確認し、茨城県公安委員会が指定に向けた手続きを進めていた。

  

大阪初の「準暴力団」認定 一部は格闘技団体出身者らで構成

 大阪府警が「半グレ」と呼ばれる府内の複数の不良グループを、警察庁で規定する「準暴力団」と認定し、取り締まり対象としていたことが分かった。

 警察庁などによると、これまで準暴力団と認定された半グレは、暴走族「関東連合」のOBグループなど首都圏を中心に少なくとも8集団(2014年末時点)あるが、大阪では初めて。府内では最近、繁華街・ミナミの飲食店へのみかじめ料徴収などで半グレの活動が目立っており、府警は摘発態勢を強化する。

 捜査関係者によると、数グループの認定は昨年末以降。府警は名称や人数などは公表していないが、一部は格闘技団体出身者らで構成されているとみられる。

 警察庁は昨年11月の通達で、「暴力団組員が減少する中、特殊詐欺や金の密輸などの組織犯罪分野で半グレグループが台頭している」と指摘。暴力団など犯罪組織とのつながりを強め、犯罪行為が悪質化・巧妙化しているとし、全国の警察に警戒を促していた。

  

上納金脱税事件 「工藤会」金庫番を保釈

>>関連記事
 特定危険指定暴力団工藤会」の上納金を巡って3億2067万円を脱税したとして、工藤会トップで総裁、野村悟被告(71)とともに所得税法違反に問われた金庫番で同会幹部、山中政吉被告(67)が保釈されていたことが分かった。保釈は5日付で、保釈金は3000万円。

 関係者によると、3月29日に脱税事件の公判が結審した後、弁護側が保釈請求し、福岡地裁が今月3日、保釈を決定。検察側が抗告したが、福岡高裁が4日、棄却した。検察側が主張する証拠隠滅などの恐れを高裁が認めなかった。山中被告は勾留期間が約2年9カ月にわたっており、検察側の求刑(懲役3年6月)を踏まえて裁判所が未決勾留日数を考慮した可能性もある。

 両被告の脱税事件の判決は7月18日に言い渡される。

  

大麻摘発、初の3千人 高校生など若い層へ広がり目立つ

 大麻に絡んで警察が昨年、逮捕・書類送検したのは前年より472人多い3008人で、初めて3千人を超えた。10代から30代の若い世代への広がりが目立つという。警察庁が12日発表した。

 多くは自分が使うための所持容疑で、ほかは譲渡や栽培などの大麻取締法違反と麻薬特例法違反での摘発。摘発件数は526件増えて3965件だった。逮捕・書類送検者数、摘発件数とも、これまで最多だった2009年の2920人、3903件を上回った。

 高校生が53人(前年比21人増)、大学生が55人(同15人増)。摘発された人を年代別に見ると、各年代の人口10万人当たりで20代が9・4人、30代が6・8人、10代が4・1人で、いずれも前年より増えた。40代は1・8人と横ばい。

 大麻の広がりについて警察庁は、乱用者が買う際の価格が覚醒剤の約10分の1の1グラム当たり約6千円と安い▽体に及ぼす危険性を軽視する傾向がある――などの要因を指摘。危険ドラッグが規制強化で入手しづらくなり、大麻に移行している可能性もあるとみている。

 供給側である栽培や密輸容疑の摘発も増えている。昨年の栽培の摘発は47件増の191件だった。押収した大麻草は16年に約1万3千本と急増し、昨年はさらに3割近く多い約1万7千本に上った。暴力団幹部らが民家や倉庫で大がかりに栽培していた事件も摘発されており、警察庁は大麻の供給が暴力団の資金源になっている可能性もあるとみて警戒している。

  

暴力団員、14年連続減 全国で1万6800人に

 全国の暴力団構成員が2017年末時点で前年比約1300人(7.2%)減の約1万6800人となったことが警察庁のまとめで分かった。

 14年連続の減少で過去最少を更新した。国内最大の山口組は約500人減の約4700人、同組から分裂した神戸山口組は約100人減の約2500人だった。同庁は「暴力団排除の取り組みの徹底により資金獲得が難しくなっており、組員の離脱が進んでいる」とみている。

 昨年の対立抗争とみられる事件は前年の42件から大幅に減少し8件で、死者1人、負傷者4人だった。いずれも山口組神戸山口組の抗争に関するものだった。これとは別に昨年4月末から12月末の間に神戸山口組任侠山口組の内部対立とみられる事件が5件発生した。 

  

犬の散歩当番の組員、捜査員にかみつかせた容疑で逮捕

 家宅捜索に来た福岡県警の捜査員に犬をかみ付かせてけがをさせたとして、県警は5日、指定暴力団・道仁会系組員の小柳栄治容疑者(36)=福岡県久留米市=を重過失傷害の疑いで逮捕し、発表した。「この犬はかむぞ」などと言いながら捜査員らに近づいてきたという。小柳容疑者は容疑を否認している。

 暴力団犯罪捜査課によると、小柳容疑者は2月27日午前10時半ごろ、久留米市の道仁会本家事務所の門前で、散歩させていたピットブル(オス7歳)が人に危害を加えることを防ぐ注意義務を怠り、同課の男性巡査長(38)の右足太ももにかみ付かせ、1週間のけがを負わせた疑いがある。

 ピットブルは闘犬として知られている。飼い主は道仁会系幹部だが、事務所に住み込んでいた小柳容疑者が、この日の散歩当番だったとみられる。昨年11月13日の家宅捜索の時も、別の捜査員の太ももにかみ付いた。捜査関係者によると、組幹部の中にもかみ付かれた人物がいるという。

 国内のブリーダーによると、ピットブルは、かむ力が強い特徴の一方、本来は飼い主に忠実で、愛情深い犬種という。「忠実さを利用して、人をかむようしつけられたとしたら、かわいそうだ」と話している。

  

「松葉会」から分裂の「関東関根組」を指定暴力団に 全国24番目

 国家公安委員会は5日、指定暴力団・「松葉会」から分裂し茨城県内に拠点を置く「関東関根組」について、暴力団対策法に基づく指定暴力団の要件に該当することを確認した。

 今後、茨城県公安委員会が指定する方針で、指定されれば全国で24番目の指定暴力団となる。

 警察庁によると、関東関根組の構成員は1月24日時点で1都1道3県に計約160人。跡目争いをめぐる内部対立で、昨年4月ごろ松葉会から分裂したという。 

  

松戸ワゴン車銃撃 稲川会系組幹部の男性 処分保留で釈放

>>関連記事
 千葉地検は4日、千葉県松戸市の国道6号で昨年5月に発生した走行中のワゴン車が銃撃された事件で、殺人未遂と銃刀法違反(発射、加重所持)の疑いで逮捕・送検された指定暴力団・稲川会系組幹部の男性(47)を処分保留で釈放した。理由を明らかにしていない。

 同事件を巡り殺人未遂と銃刀法違反容疑で6人が逮捕されたが、4人が不起訴処分や処分保留となった。稲川会系組長の伊沢隆志被告(47)ら2人は、共謀して稲川会系元幹部(71)ら4人が乗ったワゴン車に向けバイクから拳銃で7発発砲し、男性(47)に重傷を負わせたとして同罪で起訴された。伊沢被告がバイクを運転していたとみられる。

  

馬主資格剥奪の危機 暴露された「北島三郎」と山口組系幹部の関係

 昨年、デビュー55周年を迎えた演歌界の大御所・北島三郎(81)。被告となった裁判の過程で、暴力団との関係が暴露されてしまった。

 件の裁判は、都内の業者が2016年に起こした8000万円の求償債権(他人の債務を弁済した者が、その他人に弁済額の返還を求める権利)を請求する訴訟である。北海道函館市の「北島三郎記念館」建設にあたり、建設主が銀行の融資を仲介したブローカーに約束した という“取り分”の未払いがその発端だ。

「支払いが一向になされずブローカーが激怒し、指定暴力団・山口組系関係者を頼ったというのです。その関係者は施設が『北島』の名を冠していることから、北島と旧知の間柄だった別の山口組系幹部に話を持ち込み、支払いを促そうとした」(司法担当記者)

 それを知った北島は交渉を幹部に任せたのだが、この幹部は件の裁判の原告である男性に相談し、男性は8000万円を“肩代わり”した。この度の訴訟はその支払いを北島サイドに求めるもので、つまり北島は、まったく面識のない相手から訴えられてしまった格好なのだ。

 暴力団幹部(青山氏・仮名)は数年前に引退し、現在は「元幹部」の身だが、法廷で明らかになった北島との関係は生々しい。例えば青山氏が提出した陳述書では“1964年夏に北島と兄弟分の盃を正式に交わした”と明かされていて、

〈兄弟分となったことが世間に知られると北島の芸能活動に支障がでるので、私はあくまで黒子に徹する〉(陳述書)

 北島の長男で「北島音楽事務所」の大野龍社長は、青山氏との交際を認めつつも、

「私は彼を暴力団関係者だとは知りませんでした」

 と答える。この問題が“芸能界の古き良き時代の話”として片づけられないのは、引退したキタサンブラックでも知られるように、北島が複数の競走馬の馬主であるからだ。日本中央競馬会(JRA)の馬主登録審査基準では、〈馬主として適格でないと認める基準〉として〈暴力団員と親交があると認められる者、又は過去に親交があったと認められ競馬の公正を害するおそれがあると認められる者〉とある。

 JRAに尋ねると、

「馬主個人の情報については、プライバシーに関わることなので回答できません」

というが……。

  

治療のため釈放後、けん銃所持し一時行方不明に

 がん治療のための入院を理由に拘置所から一時的に釈放されていた裁判中の元暴力団員の男が、17時間に渡って行方不明になっていたことが分かった。警察が身柄を確保した際、男はけん銃を隠し持っていた。 

 松山市南吉田町の元暴力団員・加藤三四郎被告(71)は、覚せい剤取締法違反の罪で有罪判決を受け、最高裁に上告していて、高松刑務所の拘置所に勾留されていた。

 加藤被告はがん治療のため今月20日に一時的に釈放され愛媛県内の病院に入院していたが、釈放期限の26日夕方になっても拘置所に戻らなかったことから、警察が行方を探していた。そして行方不明から約17時間たった27日午前11時半ごろ、自宅から出てきた加藤被告を発見。持っていた紙袋の中にけん銃を隠し持っていたことから、銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。

 警察によると加藤被告は「拘置所には帰りたくない」などと周囲に話していたということで、警察は行方不明になった経緯やけん銃の入手経路などを調べている。

  

任侠山口組 指定暴力団として官報公示

>>関連記事
 兵庫県公安委員会は22日、指定暴力団・神戸山口組から分裂した任俠山口組を指定暴力団として官報に公示した。指定は3年間有効。警察当局は今後、暴力団対策法に基づき、みかじめ料の要求や債権の不当な取り立てなどの行為に中止命令を出せる。対立抗争時には組事務所の使用制限も命令できるようになる。

 警察庁によると、2月1日時点の任俠山口組の構成員数は約460人。国内最大の指定暴力団・山口組は2015年8月の分裂以降、2年半余りで三つの指定暴力団に分かれた。

  

組員と交際の23歳女性巡査 組員に捜査情報漏洩で書類送検

 警視庁は19日、交際していた暴力団の男性組員に捜査情報を漏洩したとして、新宿署の女性巡査(23)を停職6カ月の懲戒処分にするとともに、地方公務員法(守秘義務)違反の疑いで書類送検した。女性巡査は容疑を認めており、同日付で依願退職した。

 警視庁によると、女性巡査は暴力団事件などを担当する同署組織犯罪対策課に平成29年7月から勤務。同年10月下旬、捜査上の必要から30代の組員に公用携帯電話で連絡を取った。その後、交際を求められ、11月下旬から交際を始めたという。この組員は同署管内で起きた暴力団同士のいさかいの当事者として捜査対象となっており、女性巡査も把握していた。

 12月に組員から「自分が捜査対象の事件はあるか」と尋ねられ、女性巡査は「捜査が進み、交際が発覚したら警察官を辞めなければならない」と不安になり、捜査書類を閲覧。自分の携帯電話から捜査の進展状況などを組員に伝えた。今年1月下旬に組員から金銭の無心が相次ぎ、女性巡査は交際を解消した。

 2月に交際の風評が広まり、調査の結果、女性巡査が情報漏洩を認めた。警視庁は情報漏洩はこの1件だけとしている。

 警視庁の土屋暁胤警務部参事官は「警察への信頼を失墜させる行為で厳しく処分した。人事管理、業務管理を徹底し、再発防止に努める」とコメントした。

  

「任侠山口組」を指定へ 全国23番目

>>関連記事
 国家公安委員会は15日、「任侠山口組」について、暴力団対策法に基づく指定暴力団の要件に該当することを確認した。兵庫県公安委員会は近く正式に指定する方針で、全国で23番目の指定暴力団となる見通し。

 警察庁によると、任侠山口組の構成員は、2月1日時点で16都道府県に約460人という。

 指定の効力は県公安委の官報公示で生じる。指定されるとみかじめ料の要求などが禁じられ、中止命令に従わない場合は摘発できる。対立抗争が発生した際には、事務所の使用制限も可能になる。 

  

«  | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事