FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

覚醒剤100キロ密輸 「山健組」傘下会長に懲役25年、罰金1千万円

>>関連記事
 鹿児島県の徳之島沖から覚醒剤約100キロを密輸したとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われた、自営業で元暴力団組幹部、魚山恭嗣被告(70)と、指定暴力団・神戸山口組山健組傘下、與組幹部で「誠心会」会長、藤村誠也被告(69)の裁判員裁判で、福岡地裁は22日、魚山被告に懲役27年、罰金1千万円(求刑懲役30年、罰金1千万円)、藤村被告に求刑通り懲役25年、罰金1千万円の判決を言い渡した。

覚醒剤100キロ密輸

 足立勉裁判長は判決理由で「複数の組員らが役割分担して実行した組織的、計画的な犯行だ。密輸量は膨大で、同種事案の中で最も重い部類に当たる」と指摘。多額の報酬を目当てに魚山被告はグループのまとめ役、藤村被告は現場責任者として積極的に関わったと述べた。

続きを読む »

貸倉庫に覚醒剤を隠し密売 神戸山口組系組員ら逮捕

 密売するための覚醒剤をレンタルコンテナの中に隠し持っていたとして、警視庁組織犯罪対策5課は麻薬特例法違反の疑いで、指定暴力団・神戸山口組系組員の市村海容疑者(25)=さいたま市西区=と同組員、井上陵容疑者(25)=東京都練馬区大泉町=を逮捕した。2人は調べに否認している。

 逮捕容疑は平成28年8月15日、仲間と共謀し、無職男性(31)に覚醒剤約0・5グラムを2万3千円で譲り渡したとしている。

 組対5課によると、市村容疑者らは埼玉県内のレンタルコンテナに密売用の覚醒剤を隠匿。客の注文を受けるたびにバイクで運び出していた。市村容疑者が「指示役」として客からの注文を受け、井上容疑者が客に覚醒剤を届ける運搬役だった。同課はコンテナから小分けにされた覚醒剤62袋、約27グラム(末端価格176万円)を押収した。 

  

覚醒剤100キロ密輸 山健組傘下会長ら2人に25年~30年求刑

>>関連記事
 去年、鹿児島沖の海上で、覚醒剤およそ100キロを密輸した罪などに問われている裁判で、検察側は暴力団組織の資金源となる重大な犯罪だとして、現場の統括役だった指定暴力団・神戸山口組山健組傘下、與組幹部で「誠心会」会長、、藤村誠也被告(69)に懲役25年、犯行を指示した無職の魚山恭嗣被告(70)に懲役30年などを求刑した。

 起訴状などによると、2人は去年2月、他の男らと共謀して、鹿児島沖の東シナ海で国籍不明の船から覚醒剤およそ100キロを受け取り徳之島町の漁港に陸揚げしたとされている。2人の弁護側は積極的な関与はなかったとして情状酌量を求めた。

  

覚醒剤の営利目的所持容疑で神戸山口組系組員を再逮捕

>>関連記事
 指定暴力団山口組弘道会傘下の組長がモデルガンで脅された事件に絡み、愛知県警は7日、覚せい剤取締法違反(営利目的所持)の疑いで、指定暴力団・神戸山口組山健組健竜会傘下「一誠会」組員、吉山政男容疑者(52)=脅迫罪などで起訴=を再逮捕した。逮捕は7回目。

 再逮捕容疑は、5月8日午後10時50分ごろ、愛知県弥富市内の路上で、営利目的で覚醒剤約5グラム(約30万9千円相当)を所持した疑い。吉山容疑者は「持っていたことは間違いない」と供述しているが、営利目的については黙秘している。

続きを読む »

バイクに拳銃と実弾、覚醒剤と大麻も ''大量密売''住吉会系組長を逮捕

>>関連記事
 群馬県草津町のマンション駐車場に止めたバイクの中に拳銃5丁や覚醒剤、大麻を隠し持っていたとして、警視庁組織犯罪対策5課と群馬県警は6日までに、住吉会系暴力団組長の男を逮捕した。

 銃刀法違反(加重所持)や覚せい剤取締法違反(営利目的共同所持)などの疑いで逮捕されたのは、指定暴力団・住吉会系傘下組織「神尾組」組長の神尾英一容疑者(63)=東京都板橋区大谷口上町=。

続きを読む »

山健組傘下幹部ら 鹿児島での覚醒剤100キロ密輸認める

>>関連記事
 鹿児島県の徳之島沖から覚醒剤約100キロを密輸したとして、覚せい剤取締法違反などの罪に問われた指定暴力団神戸山口組山健組傘下、與組幹部で「誠心会」会長、、藤村誠也被告(69)と自営業、魚山恭嗣被告(70)は4日、福岡地裁(足立勉裁判長)の裁判員裁判初公判で起訴内容を認めた。

 検察側は冒頭陳述で、密輸は神戸山口組の資金を得るために実行されたと指摘。「組織と親交があった魚山被告から依頼され、藤村被告が別の男らに覚醒剤の受け取りやマカオでの取引を指示するなど中心的役割を担った」とした。

 藤村被告の弁護側は「魚山被告の指示で動いていた。関与は従属的だった」とし、魚山被告側は「別の組幹部の依頼を断れずに関わった」と主張した。

 共犯とされる漁業の男(57)は、2月にあった初公判で無罪を主張している。

 起訴状によると、藤村被告らは昨年2月、東シナ海上で国籍不明の船から覚醒剤約100キロを漁船に積み替え、徳之島の漁港に陸揚げしたとしている。

  

覚醒剤 480キロ押収 住吉会系組員ら逮捕

>>同一記事
 茨城県警や警視庁などの合同捜査本部は30日、覚醒剤約480キロ(約307億円相当)を押収し、指定暴力団住吉会系組員ら計5人を覚せい剤取締法違反容疑で逮捕したと発表した。船を使って大量に密輸したとみられ、警察庁によると、国内で一度に押収された覚醒剤の量としては過去4番目という。

 逮捕されたのは、宇都宮市簗瀬の住吉会羽黒一家傘下組員、今泉淳容疑者(48)と、住所不定、無職の細川正己容疑者(60)のほか、中国籍の男2人とオランダ籍の男1人の計5人。

 今泉、細川両容疑者の逮捕容疑は22日、茨城県内で覚醒剤約1キロを営利目的で所持したとしている。残りの3人は覚醒剤を輸入する目的で入国し、輸入の準備をした疑い。捜査本部は5人の認否を明らかにしていない。

 茨城県警によると、覚せい剤の密輸情報を入手し、22日に不審なトラックを県内で発見。調べたところ、1キロずつ小分けされた覚せい剤計480袋が積まれていたという。

  

茨城で覚醒剤480キロ押収 暴力団や中国人ら逮捕

 茨城県で船を使い密輸された覚醒剤480キロ(末端価格300億円相当)が見つかり、捜査当局が押収していたことが分かった。警察当局は覚せい剤取締法違反容疑などで暴力団関係者や中国人の男ら数人を逮捕した。

 国内で一度に押収された覚醒剤の量としては過去4番目とみられる。捜査当局は背後に大規模な国際的密輸組織があるとみて捜査している。

 捜査関係者によると、覚醒剤は8月22日前後の夜間、茨城県ひたちなか市付近の沖合で、中国と日本の漁船とみられる船2隻が接触し、海上で受け渡しをする「瀬取り」と呼ばれる方法で取引されたという。

  

大麻密輸容疑で組員逮捕 カリフォルニアから缶に入れて発送

 米カリフォルニア州から大麻を密輸したとして、警視庁組織犯罪対策5課は28日までに、大麻取締法違反(輸入)の疑いで、さいたま市南区円正寺511の16、指定暴力団・住吉会系組員、武居嘉章容疑者(29)を逮捕した。「自分で吸うために輸入した」と容疑を認めている。逮捕は26日。

 逮捕容疑は、現地時間の7月18日、カリフォルニア州の郵便局から知人が経営する埼玉県川口市の焼き肉店宛てに、缶に入れた乾燥大麻28グラム(末端価格16万8千円相当)を発送、密輸した疑い。

 大麻は同22日に成田空港に到着。東京税関からの情報提供を受け、同課が捜査していた。

 カリフォルニア州では、今後、嗜好用の大麻が合法化されることが決まっていて、警視庁は、密輸の増加を警戒している。

  

山口組系組員 覚醒剤の宛先間違え逮捕

 警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は9日までに、覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで、指定暴力団山口組系組員の鈴木信也容疑者(32)=栃木県那須町=を逮捕した。逮捕は8日。

 組特隊によると、鈴木容疑者から昨年9月27日、東京都台東区の製造販売会社に小包が届いた。同社が中を確認したところ不審な物が入っていたため警察に通報し、覚醒剤であることが分かった。鈴木容疑者が宛先を間違えたとみられる。

 逮捕容疑は昨年9月26日、福島県白河市の宅配便配送センターで、覚醒剤2グラムを所持した疑い。

 組特隊は、覚醒剤の入手先や流通ルートを調べる。

  

火事で発覚 大麻栽培工場摘発

 埼玉県の住宅にあった、大麻の栽培工場が警察に摘発された。摘発のきっかけは、火事だった。

 逮捕された、指定暴力団・松葉会系組員の佐藤彰容疑者(35)は、川口市の2階建ての住宅で、乾燥大麻およそ500グラム、末端価格300万円相当を、販売目的で所持していた疑いが持たれている。

 住宅の2階は、大麻の栽培工場になっていて、栽培用のプランターおよそ80鉢や照明が押収された。

 この住宅の電気メーター付近から出火して火事が起きたことから、大麻の栽培が発覚したという。

  

覚醒剤350キロ、224億円相当押収 稲川会系組員ら逮捕

 神奈川県警などは26日、指定暴力団稲川会系組員、安宅清美容疑者(49)=横浜市中区末吉町(自称)=ら男3人を麻薬特例法違反(規制薬物の所持)容疑で現行犯逮捕し、中国から密輸されたとみられる覚醒剤約350キロ(末端価格224億円)を押収した。

 他に逮捕されたのは、自称横浜市神奈川区片倉、自営業、大谷純(50)と、無職、佐藤正人(45)の両容疑者。横浜税関によると、押収量としては全国で過去4番目に多い。

 逮捕容疑は26日、静岡県下田市の倒産した設備会社の倉庫で覚醒剤約96キロ(末端価格61億円)とすり替えた岩塩を受け取った疑い。安宅容疑者ら2人は容疑を否認し、1人は認めているという。

 県警や横浜税関によると、覚醒剤は香港でコンテナ船に積み込まれて運ばれ、4月下旬に横浜港に陸揚げ。東京都内の貿易会社宛てで、猫の排せつ用の砂として袋詰めされていた。5月1日にX線検査で502箱のうち、30箱に覚せい剤が入っているのを発見した。

 県警が中身を岩塩にすり替え追跡捜査したところ、さいたま市内の倉庫に約2カ月間保管された後、今月20日、安宅容疑者から物流会社に荷物を静岡県下田市の設備会社倉庫に運ぶよう連絡があり、一部がに届けられ3人が受け取ったという。 

  

屋久島沖 白い粉はすべてヘロイン70キロ、21億円相当

>>関連記事
 鹿児島県・屋久島沖で6月26日に土のうのような袋に入った白い粉が見つかり、第10管区海上保安本部(鹿児島市)は18日、白い粉はヘロイン70.3キロ(末端価格約21億円相当)だったと発表した。10管によると、1回の押収量としては1989年にタイからの航空機の旅客が隠し持っていた20.6キロを更新して過去最高。過去最高の年間押収量約27.7キロも上回った。洋上での密輸取引に失敗した可能性もあるとみて10管などが調べている。

 10管などによると、土のうのような袋は6月26日午前、屋久島の安房港の南約5.5キロでトビウオ漁の網にかかって引き上げられた。五つの袋の中にあった箱から白い粉が入ったポリ袋約200個が見つかり、10管が鑑定していた。箱には漢字やアルファベットが書かれていたという。

 鹿児島県内では昨年、徳之島沖で覚醒剤約100キロ(末端価格約70億円相当)を密輸したとして暴力団幹部らが逮捕される事件も起きている。

  

屋久島沖発見の“白い粉”はヘロインと鑑定

>>関連記事
 先月26日、鹿児島県屋久島の安房港の南、およそ5.5キロの海域で、トビウオ漁をしていた漁船が網を引き上げた際に、あわせて72キロの白い粉が入った5つの袋が引っかかっているのが見つかった件で、十管、税関、県警が共同で捜査し、粉の成分の鑑定を進めていたが、これまでに鑑定が済んだ粉は全て違法薬物のヘロインと確認された。

 残りの粉についても今週中に鑑定を終えるが、72キロ全てがヘロインだった場合は、日本での末端価格はおよそ21億6000万円に相当するという。 
 
 十管や県警では、暴力団などの組織が洋上で取り引きしていた疑いがあるとみて捜査している。

  

パチンコ店駐車場で大麻所持 工藤会系組幹部を逮捕

 大麻を隠し持っていたとして、福岡県警は6日、指定暴力団工藤会系「石田組」幹部の田中幸雄容疑者(50)=福岡県春日市須玖北4丁目=を大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕した。「何も言うつもりはない」と供述しているという。

 暴力団犯罪捜査課によると、田中容疑者は5月6日午後3時50分ごろ、同県柳川市三橋町枝光のパチンコ店駐車場で、乾燥大麻0・158グラムを所持した疑いがある。パトロール中の警察官が職務質問し、大麻のようなものを発見。県警が鑑定していた。

  

屋久島沖で漁船が「白い粉袋」引き上げ 覚醒剤などの違法薬物か

 今月26日、鹿児島県の屋久島沖で漁をしていた漁船が、不審な5つの袋を引き上げた。袋の中には、白い粉のようなものが箱に小分けした状態で入っていて、第十管区海上保安本部は、違法な薬物の可能性もあるとみて調べている。

 屋久島漁協組合長や第十管区海上保安本部によると、26日、屋久島の安房港の南、およそ5.5キロの海域で、トビウオ漁をしていた漁船が網を引き上げたところ、ロープに土のう袋のような不審な白い袋が5つ引っかかっていた。1つの袋の中身を確認すると、黄色と緑色の紙に包まれた箱が1つずつ入っていて、黄色の紙には漢字、数字、アルファベットが書かれていたという。箱の中には、ハガキほどの大きさで重さおよそ400グラムの箱が40個入っていて、その箱の中に白い粉のようなものが入っていた。

 土のう袋のような5つの袋の中身がすべて同じだった場合、白い粉のようなものは全部でおよそ80キロと推定される。県内では、2016年、徳之島沖で覚醒剤を受け取った疑いで、暴力団幹部らが逮捕される事件が起きている。第十管区海上保安本部は、白い粉のようなものが違法な薬物の可能性もあるとみて、鑑定を行っている。

  

台湾から覚醒剤約9.3キロ密輸 7年逃亡の「極東会」系元幹部を逮捕

 台湾から覚醒剤約9.3キロ(末端価格6億5千万円相当)を密輸したとして警視庁組織犯罪対策5課は26日、覚せい剤取締法違反(営利目的輸入)の疑いで住所、職業ともに不詳の清 瀬一朗(きよ せいちろう)容疑者(64)を逮捕した。調べに対し容疑を認めている。

 逮捕容疑は平成22年9月、覚醒剤約9.3キロを隠した円筒状の荷物5個をEMS(国際スピード郵便)で、台湾から相模原市内の50代の暴力団関係者に発送したとしている。

 組対5課によると、税関職員が成田空港で荷物に隠されていた覚醒剤を発見。密輸に関わったとして清容疑者から荷物を受け取った暴力団関係者ら5人を既に逮捕し、3人が同法違反で有罪判決を受けている。

 清容疑者は事件を主導していたとみられるが、22年9月に成田空港から上海に逃亡していた。同課が中国の公安当局に捜査協力を求めていたところ、今月20日に中国・青島で発見され、不法滞在の疑いで身柄を拘束。26日午後に青島から成田空港に強制送還された。

 清容疑者は指定暴力団・極東会系元幹部。台湾マフィアらと連携して覚醒剤密輸の「中国-台湾ルート」を掌握するなど、密売人の間で「大物」として知られていた。同ルートでの覚醒剤の押収量は28年までの3年間で1500キロ超に達している。

  

大麻草1万本超栽培の男に懲役7年の判決

>>関連記事
 和歌山県かつらぎ町の倉庫で1万本を超える大麻草を栽培したとして、大麻取締法違反(営利目的栽培)などの罪に問われた男4人の判決公判が22日、奈良地裁葛城支部であり、首謀者の無職、中尾幸夫被告(63)=堺市=に懲役7年、罰金300万円(求刑懲役10年、罰金300万円)を言い渡した。

 指定暴力団東組滝本組若頭で「木村組」組長、木村純一被告(55)=大阪府泉南市=は懲役3年、罰金50万円(求刑懲役5年、罰金50万円)で、残る2人も懲役4~5年、罰金100万円の実刑。

 奥田哲也裁判官は判決理由で、栽培用の照明・空調設備に約4千万円を投じた点を「組織的でまれに見る大規模な犯行」と指摘した。

 判決によると、4人は共謀して昨年7月ごろ~10月末、かつらぎ町の倉庫で大麻草約1万1千本を営利目的で栽培するなどした。

 奈良県警によると、昨年10月に摘発した際、成長していた約4千本の末端価格は約20億円相当。

  

複数の薬物を密売 稲川会系組員を再逮捕

 神奈川県警は横浜市内で覚醒剤を密売したとして、稲川会系組員の男を再逮捕した。男はほかにも大麻など複数の種類の薬物を密売し、売上げは暴力団の資金源になっていたとみられている。

  覚醒剤取締法違反の疑いで再逮捕されたのは指定暴力団稲川会系組員、望月丈嗣容疑者。

 望月容疑者は先月、横浜市西区の路上でフィリピン人の女に対し覚醒剤およそ0・4グラムを1万円で販売した疑いが持たれている。

 県警によると望月容疑者は先月9日、覚醒剤と大麻を所持していた疑いで逮捕されていて、その際、自宅などから覚醒剤479グラムおよそ3000万円相当のほか、大麻や、合成麻薬MDMAなどが押収された。

 県警の調べに対し望月容疑者は容疑を認め、「私1人でやっていたことです」と供述しているが、県警は売上げが暴力団の資金源になっていたとみて、全容解明を進めている。

  

覚醒剤購入あおった疑い 匿名化ソフト使用、稲川会系組員の男ら逮捕

 インターネット掲示板に覚醒剤の購入を持ち掛ける書き込みをしたとして、埼玉県警は麻薬特例法違反(あおり、唆し)の疑いで横浜市神奈川区三ツ沢下町、指定暴力団稲川会系組員、園田健太郎容疑者(41)ら男2人を逮捕した。県警によると、匿名化ソフト「Tor(トーア)」を使わないと投稿できない掲示板を利用していた。

 逮捕容疑は昨年7月~今年1月、ネット掲示板に23回、覚醒剤を譲渡するなどと書き込み購入をあおった疑い。

 県警によると、園田容疑者は容疑を否認している。昨年7月~今年5月、首都圏の男女40人に覚醒剤を販売していたとみられる。トーアを使うと、書き込みの発信元を特定されにくいが、行動と書き込みの更新時間を照合するなどした。

  

«  | HOME |  »


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事