FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

建設会社会長射殺 工藤会系組員に懲役19年 

>>関連記事
 福岡地裁は9日、北九州市で2011年に建設会社会長が射殺された事件など特定危険指定暴力団・工藤会が関与したとされる4件の一般人襲撃事件で、殺人罪などに問われた工藤会系組員、矢沢慶一(旧姓・松江慶一)被告(31)に対し、懲役19年(求刑・懲役20年)を言い渡した。

 足立勉裁判長は「動機は明らかになっていないが、工藤会の意に沿わない人物を排除する卑劣な目的と推察される」と指摘し、「結果はあまりに悲惨で重大だ」と述べた。建設会社会長射殺事件では8人が起訴されたが、判決が言い渡されるのは初めて。

 矢沢被告は事件前、組幹部の指示で被害者の内納(うちのう)敏博さん(死亡当時72歳)を繰り返し尾行したとされる。公判では「目的を知らなかった」と無罪を主張したが、足立裁判長は「襲撃や殺害は当然に想定できた」として殺人罪の成立を認めた。

 判決によると、矢沢被告は11年11月26日、北九州市小倉北区で内納さんを拳銃で射殺したほか、12年4月から9月にかけて、いずれも同市内で▽元福岡県警警部▽暴力団組員の立ち入りを禁じる「標章」を掲げたスナックの女性経営者▽同じく飲食店の経営会社役員の男性を殺害しようとしたり、けがをさせたりした。

  
 

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR