FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

一般人襲撃事件 工藤会系組員に懲役20年求刑

 北九州市で2011年に建設会社会長が射殺された事件など特定危険指定暴力団工藤会が関与したとされる4件の一般人襲撃事件で、殺人罪などに問われた工藤会系組員、矢沢慶一被告(旧姓・松江慶一 31)の論告求刑公判が10日、福岡地裁(足立勉裁判長)であった。検察側は「一般市民が標的の事件を二度と発生させないため、割に合わないと知らしめる必要がある」として懲役20年を求刑した。

 弁護側は改めて無罪を主張して結審した。判決は10月9日。

 建設会社会長射殺事件で被害者の内納(うちのう)敏博さん(当時72歳)の行動確認をしたとされる矢沢被告は「目的を知らなかった」と4件で無罪を主張しているが、検察側は論告で「襲撃事件も想定できたのに意図的に深く詮索しなかったに過ぎない」と指摘し、事件関与を容認していたと指摘した。

 そのうえで「実行犯や指揮役からは数段落ちるが、被告は事件遂行に不可欠な役割を担った」と述べた。

 工藤会の建設業界への利権確保を狙ったとされる射殺事件では幹部ら8人が起訴されたが、トップの野村悟被告(71)=所得税法違反で公判中=ら最高幹部は立件されておらず、捜査当局は引き続き捜査を続けている。

 起訴状によると、矢沢被告は複数の組員と共謀し、11年11月26日、北九州市小倉北区で内納さんを拳銃で射殺した、などとされる。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事