FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「警察のビデオ撮影は違法」 神戸山口組系組員に一部無罪

>>関連記事
 指定暴力団・山口組系組事務所への火炎瓶投げ入れや、山口組系組長の車に放火したなどとして、建造物等以外放火などの罪に問われた、指定暴力団・神戸山口組系組員、渡辺一也被告(37)=埼玉県東松山市=の判決が10日、さいたま地裁であった。

 高山光明裁判長は埼玉県警のビデオ撮影を違法と判断、建造物等以外放火など3罪について無罪とした上、薬物事件、放火事件に使用された車の窃盗など2罪を認定して懲役2年(求刑懲役6年)の実刑を言い渡した。

 渡辺被告は2016年3月、知人の男2人=公判中=と共謀し、埼玉県行田市内の山口組国粋会傘下「十五代目寺谷一家」組事務所にガソリンが入った火炎瓶を投げ入れた放火事件や、同県熊谷市筑波2丁目の駐車場に止めてあった山口組系組長の車に放火したなどとして起訴された。

 共謀したとされる男らのうち1人は当時、別の事件で逮捕状が出ており、県警は男の立ち回り先である被告の自宅を監視するため15年10月、近所にビデオカメラを設置。男が逮捕される16年5月まで約7カ月間撮影を続けた。

 この間に録画された映像に、ガソリン携行缶を運ぶ被告の姿が映っていたことなどから放火事件で逮捕・起訴された。公判で弁護側は「容疑者ではない人物の家を長期間カメラで監視するのは違法」などと主張していた。

 高山裁判長は県警の長期間の撮影は「任意捜査として相当と認められる範囲を逸脱し違法」と判断。ビデオを証拠と認めなかった。 

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR