FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「紀州連合会」元会長、傷害致死事件 「倉本組」幹部らに実刑判決

>>関連記事
 一昨年10月、和歌山市の繁華街で、指定暴力団・神戸山口組山健組傘下の元会長に暴行を加え死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われた、対立する指定暴力団・山口組系の暴力団幹部ら4人に対する裁判員裁判の判決公判が1日開かれ、和歌山地方裁判所は、4人全員に懲役8年6ヶ月から7年6ヶ月の実刑判決を言い渡した。

 判決を受けたのは、指定暴力団・山口組系「四代目倉本組」幹部で「七代目吉本組」組長、坂上浩二被告(50)ら4人。

 判決によると坂上被告ら4人は、既に有罪判決が確定している、同じ組の4人と共謀し、一昨年10月9日深夜、和歌山市の繁華街の路上で、対立関係にある神戸山口組山健組傘下「紀州連合会」の元会長の頭部付近に、何度も蹴るなどの暴行を加え死亡させたもの。

 これまでの公判では、共謀の有無などが争点となり、検察側は「8人の間に、暴行への積極的な共通の動機があったことは十分に推認できる」と主張、一方、弁護側は「相手側の執拗な挑発がトラブルの原因となった。トラブルは偶発的なもので、暴行も一方的なものでもない」と主張してきた。
 
 1日の判決で和歌山地方裁判所の武田正裁判長は、事件は偶発的に発生したという弁護側の主張を一部認め、被害者側の落ち度についても触れた上で、「暴行を行うという共通認識は十分に推認できる」と判断し、4人にそれぞれ懲役8年6ヶ月から7年6ヶ月の実刑判決を言い渡した。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR