FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

「弘道会」傘下幹部ら2人 「山健組」傘下幹部射殺で全て無罪を主張

>>関連記事
 名古屋市中区のマンションで2016年7月、薬物売買を巡るトラブルから指定暴力団・神戸山口組系幹部を射殺したとして、殺人の罪などに問われた指定暴力団・山口組弘道会傘下幹部、片倉竜理被告(48)=名古屋市=と、別の山口組系元組員、三井樹被告(46)=大阪市=ら2人の裁判員裁判初公判が22日、名古屋地裁(奥山豪裁判長)で開かれ、2人の弁護人は「全ての起訴内容について無罪を主張する」と述べた。

 認否について片倉被告は「黙秘します」、三井被告は「ありません」と話した。弁護人はそれぞれ「有罪を証明できる証拠はない」などと述べ、起訴された全ての事件で無罪を主張した。

 起訴状などによると、2人は神戸山口組山健組傘下「健仁会」の崔龍志こと斉木竜生幹部(当時64歳)の知人、横山正美氏(当時65歳)=住所不定=(殺人罪などで起訴後の16年11月に死亡)と共謀し、16年7月15日、名古屋市中区新栄2のマンション4階の一室で、斉木幹部を拳銃で射殺したとされる。

 検察側は冒頭陳述で、3人は過去に同じ刑務所に服役して知り合い、斉木幹部と横山氏は幼なじみだったと指摘。横山氏が両被告を手引きし、2人のうちのどちらかが拳銃を撃ったと主張した。

 2人と共謀したとして殺人罪などで起訴された後、勾留中に死亡した横山氏の供述の信用性が争点。冒頭陳述で弁護側は「体調不良を訴える中での取り調べなどで得られた供述で、証拠能力がない」と主張。検察側は「防犯カメラの映像など他の証拠とも一致し、供述の信用性に問題はない」と反論した。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事