FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

韓国で稲川会系組員ら起訴 中国産覚醒剤を取引

 ソウル中央地検は19日、中国内で製造され韓国に密輸入されたとみられる大量の覚醒剤を、ソウルで台湾の暴力団が日本の指定暴力団・稲川会系組員らに密売していたと発表した。

 逮捕した稲川会系組員の在日韓国人の男(59)ら4人を麻薬類管理法違反罪で起訴し、台湾にいるとみられる密輸組織幹部の男ら3人の行方を追っている。

 地検によると、台湾の暴力団員の男がソウル江南(カンナム)の大通りで10月、稲川会系組員の男と別の日本人の男に1キログラム当たり4600万ウォン相当のメタンフェタミン(別名ヒロポン)約8キロ(約3840万円)を売ったとされる。彼らはこれに先立ち、9月にも別に持ってきたメタンフェタミン2キログラムを1億ウォン(約1億円)で販売したこともある。

 台湾の暴力団員の背後にいるとみられる密輸組織幹部とつながる別の台湾人が、9月に香港から中国産覚醒剤(メタンフェタミン)約16キロをたん笥に隠して香港発貨物船に載せ、韓国に密搬入したことも分かったという。

 取り引きはほぼ江南の地下鉄2号線駅三(ヨクサム)駅近隣の道路で行われたことが明らかになった。

 検察関係者は「通常、麻薬の取り引きは隠密な場所で行われる場合が多いが、今回の事件はむしろ流動人口の多い江南の大通りを接線場所として活用し、注目を避けた」と話した。29万人が同時に投薬できる量で、市価では288億ウォンに達する。地検などは、台湾の組織が韓国を舞台に中国産覚醒剤の密売を繰り返していた疑いがあるとみている。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

QRコード


QR