FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

神戸で発見の拳銃 組員射殺事件で使用と断定

>>関連記事
 神戸市長田区で9月、「任侠山口組」の組員が射殺された事件で、兵庫県警長田署捜査本部は16日、発生後に同市北区で見つかった拳銃2丁を鑑定した結果、うち1丁が事件で使われた拳銃だったと明らかにした。

 同本部によると、発射された銃弾は銃身を抜ける際に「線条痕」と呼ばれる特有の痕跡を残す。鑑定の結果、射殺された警護役で任侠山口組系「三代目北村組」の楠本勇浩組員(44)の頭部に残った銃弾1個の線条痕が、見つかった1丁のものと一致したという。

 同本部は、殺人容疑で指名手配した指定暴力団・神戸山口組山健組傘下「二代目一勢会」組員、黒木こと菱川龍己容疑者(41)が使用した拳銃とみて捜査し、別の1丁についても関連を調べる。

 2丁は9月16日午前6時すぎ、同市北区山田町でかばんに入れられて路上に置いてあるのを付近住民が発見。菱川容疑者の免許証も一緒に入っていたという。

 事件は同12日午前10時ごろ、同市長田区五番町3の路上で発生。任侠山口組織田絆誠代表(50)らが乗った車を菱川容疑者らが襲撃し、警護役の楠本組員が射殺されたとされる。 

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事