FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ゙事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

殺人容疑の工藤会組員12人逮捕 大半がトップ出身母体「田中組」組員

>>関連記事
 北九州市小倉北区で2011年、建設会社「博新建設」会長内納敏博さん=当時(72)=が射殺された事件で、福岡県警は19日、殺人などの疑いで、特定危険指定暴力団工藤会」理事長補佐、瓜田太(53)被告や工藤会傘下「田中組」若頭、田口義高(51)被告ら12人を逮捕したと発表した。大半は工藤会トップ、野村悟被告(70)=殺人罪などで起訴=の出身母体の2次団体「田中組」に所属しており、県警は野村被告の関与の有無を調べる。

 逮捕容疑は共謀し、11年11月26日午後9時すぎ、内納さんの自宅前で、内納さんの首を拳銃で撃ち、殺害した疑い。県警は認否を明らかにしていないが、捜査関係者によると、複数の容疑者が事件への関与を認めているという。

 知人によると、内納さんは大相撲ファンで、同年11月の九州場所もたびたび観戦していた。事件当日は14日目で、升席に座る姿がテレビに映っていた。

 内納さんは型枠工事の会社を営み、大手ゼネコンからの仕事を下請け業者に割り振る業界のリーダー的な存在。事件当時、暴力団排除運動にも取り組んでいた。

 県警は19日の記者会見で「工藤会が縄張り内の建設業の利権を守るため、見せしめとして行われた殺害だ」と強調。工藤会トップの野村悟被告ら最高幹部の関与についても捜査する意向を明らかにした。

 県警は14年9月から工藤会の「壊滅作戦」に着手。中枢幹部らの摘発を進めており、野村被告はこれまでに計6回起訴されている。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事