FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

工藤会系組幹部に実刑判決 声かけで裁判員裁判から除外

>>関連記事
 知人男性を日本刀で刺して殺害しようとしたとして、殺人未遂罪に問われた指定暴力団工藤会系組幹部の無職秦耕介被告(41)=北九州市小倉南区=の判決が2日、福岡地裁小倉支部であった。

 中牟田博章裁判長は「死亡する危険性が高いと認識していたとは言えない」として殺人未遂罪の成立を否定。傷害罪にとどまるとして、懲役2年8カ月(求刑懲役8年)を言い渡した。

 秦被告の裁判をめぐっては、裁判員裁判の初公判があった5月、被告の知人の男2人が閉廷後に裁判員に「よろしく」などと声をかけて威迫したとして、裁判員法違反(威迫・請託)罪で起訴された。声かけの後、補充を含む裁判員計5人が辞退。福岡地検は裁判員裁判の対象から外すよう請求し、地裁支部は裁判官だけで審理すると決め、この日に審理を再開した。

 審理で検察側は論告をやり直し、弁護側も殺意などを争う主張をした。秦被告は「被害者や今回関係して迷惑をかけた人に誠に申し訳なく思っています」と述べた。

 判決によると、秦被告は昨年1月30日夜、自宅で、正座していた知人の40代男性の背中を日本刀(刃渡り約74・8センチ)で刺して全治約2週間のけがを負わせた。検察側は凶器が殺傷能力の高い日本刀であることなどから殺人未遂罪で起訴したが、中牟田裁判長は傷の深さが約2センチにとどまるなどとして認めなかった。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ