FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情
組合系のガソリンカードだからクレジット審査なし!月締め後払い!

安心して下さい。作れますよ。かんたん発行のガソリンカード

清原容疑者の勾留延長 警視庁が狙う“本丸”は山口組壊滅か

>>関連記事
 尿鑑定で陽性反応が出た清原和博容疑者(48)。12日、東京地裁は勾留期限を14日から10日間延長(期限23日)する決定をした。警視庁は覚醒剤の使用容疑でも立件する方針で、清原容疑者は最大40日間勾留される見通しだ。この間に捜査当局があぶり出そうとしているのは、「山口組の薬物疑惑」といわれている。

■携帯につけていた弘道会ストラップ

「清原容疑者は初犯です。覚醒剤事件は初犯なら、所持と使用の両方で立件するとしても20日間の勾留が一般的です。清原さんは有名人ですが、40日間は長い。警視庁がギリギリまで延長しようとする狙いは、薬物の入手ルートの徹底解明にあると考えられます」

 こう言うのは薬物事件に詳しい「弁護士法人・響」の徳原聖雨弁護士だ。

 警視庁が暴こうとしているのは“山口組ルート”とされる。

山口組は6代目山口組でも神戸山口組でも、シャブを扱うのはご法度です。発覚した構成員は破門になる。ところが、資金源を確保するのが難しくなった昨今、手っ取り早いシノギとして上には内緒でシャブをいじる末端組織も一部存在する。警察はそこにメスを入れたいのだろう」(関東に拠点を置く暴力団幹部)

「オレのバックには大物親分がいる」と吹聴してはばからなかったという清原容疑者の暴力団人脈は幅広く、それこそ“全方位外交”だった。その中でもベッタリだったとされるのが6代目山口組だ。清原容疑者は携帯電話に6代目山口組の中心組織である弘道会のストラップをつけ、何かあると大幹部の高山清司若頭や竹内照明若頭補佐の名前をチラつかせていたらしい。警察が入手ルートを疑うのも無理はない。逮捕直後、“関係先”としてマスコミが殺到したのも弘道会系の組事務所だった。

■カギ握る密売人との接点

「清原容疑者は覚醒剤の入手先について『まだ言いたくない』と供述を拒んでいますが、警視庁は押収した携帯電話4台の通信履歴の解析を進めています。すでに週1ペースで車を飛ばし、都心から約100キロも離れた群馬県で覚醒剤を買っていたこと、逮捕前日にも県内の密売人グループと接触していたことが報じられていますが、警視庁は密売人の詳細な素性を掴んでいて、今は山口組との関係を徹底的に洗っています。裏付けが取れたら、密売人の逮捕に踏み切るといわれています」(捜査事情通)

 警視庁が「山口組ルート解明」に向けて執念を燃やすのは“コスパ”の問題もあるようだ。清原容疑者逮捕に至るまで警視庁は24時間態勢で行動確認し、連日100人単位の捜査員を投入。清原容疑者が立ち寄る飲食店、サウナ、日焼けサロンを調べ上げ“清原ファイル”を蓄積してきた。そのためにかけた税金である捜査費を回収するには、清原容疑者1人の逮捕だけではペイできないという。

「国内最大の指定暴力団山口組は昨夏に分裂した影響もあり、6代目山口組神戸山口組を合計しても構成員は初めて1万人の大台を割りました。1年前から1500人も減った計算です。このタイミングで山口組がご法度としている“クスリ疑惑”が解明されたら、組織はさらにダメージを負う。警視庁にとっては大金星です」(前出の捜査事情通)

 去年、72人が覚醒剤取締法違反で一気に捕まった「新宿の薬局」事件は住吉会系の暴力団事務所がターゲットだった。今回、警視庁はどこまで迫ることができるか。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!

これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ