FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

<清原逮捕>豪快番長ついに 「薬物疑惑」否定続け

 かつての球界のスーパースターは、やはり薬物に手を染めていたのか。甲子園やプロ野球で華々しい実績を残し、2日に覚醒剤を所持していたとして警視庁に現行犯逮捕された清原和博容疑者(48)は、以前から取りざたされていた薬物疑惑を否定し続けてきた。親しい人たちは「うわさに過ぎないと思っていたのに」と残念がった。

 清原容疑者はプロ野球の西武から巨人に移籍した直後の1996年末、暴力団関係者と知りながら一緒にゴルフをしていたことが99年になって発覚した。その際に撮影された写真を巡って金銭を要求されたとして警視庁に相談。その結果、暴力団関係者ら男3人が恐喝未遂容疑で同庁に逮捕された。球団から厳重注意処分を受けた清原容疑者は「今後、このような事を起こさない」という誓約書を提出していた。

 2008年にオリックスで現役を引退した後は、野球解説者や評論家として活躍。豪快な「番長」キャラクターでバラエティー番組にも数多く出演した。

 しかし、14年3月以降、週刊誌が薬物疑惑を伝える記事を度々掲載。「緊急入院、薬物でボロボロ」「暴力団や薬物供給ルートに極めて近い交友関係」などとされた。清原容疑者側はマネジメント会社を通じ、「糖尿病と診断され、治療のために入院していた」と疑惑を否定したが、一時はテレビなどメディアから姿を消した。

 週刊誌報道から約1年後の昨年4月、テレビのバラエティー番組に出演。報道について触れ、「全てを失った」「いっそ死んでしまおうと思った」などと話しながら涙ぐんだ。さらに昨年8月には別の番組で、体に入れ墨があることを告白。司会のタレントから薬物疑惑について問われると、「風邪薬はやりましたけど……」と言葉を濁しながらも疑惑を否定していた。

 逮捕直前の1月31日には自身のPL学園時代の写真を掲載してブログを更新、「試合終了」のタイトルで「少年達が甲子園を夢ではなく目標にしてほしい」とつづっていた。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ