FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

司忍六代目が墓参時の駐車場でどよめき 組幹部逮捕の瞬間

 12月1日、五代目山口組渡辺芳則組長の命日に六代目山口組司忍組長が騒動勃発後、初めて姿を見せた。

 タクシーを拾い、五代目の墓所から神戸市内にある長峰霊園に移動する。
 
「昨日長峰霊園にお参りしてきた。先人たちの眠る静謐な墓前にひざまずき、頭を垂れるのみであった」

 分裂直後の定例会で読み上げられた司忍六代目の手紙、その冒頭に登場する場所だ。田岡一雄三代目の墓があり、隣接して歴代組長らの名を刻んだ組碑がある。こちらには実話誌の他、地元紙記者やテレビ局も集まっていた。兵庫県警や大阪府警など、警察関係者は30人以上だろう。
 
「こらハイエナ。怪我せんうちにやめとけよ」
 
 直参の一人に声をかけられると、警察の視線が当方に集まるのがわかった。実はこの日、実話誌のひとつが山口組から取材拒否をされていたのだ。分裂や抗争事件になると、暴力団は明確に媒体を区分する。あそこは山口組側、ここは神戸側と選別される。山一抗争の際もそうした事例はよくあった。
 
 一般マスコミが来訪していたのは理由がある。今日の長峰霊園には、分裂後、司忍六代目がはじめて姿を見せると言われていたのだ。実際、霊園には六代目山口組の執行部がフルメンバーで集まっていた。出迎えの先頭に立つのは六代目山口組極心連合会会長、橋本弘文統括委員長だ。
 
 司忍組長がやってくると、現場は騒然とした雰囲気になった。最高幹部に撥ね付けられながらカメラを構えると、ファインダー越しに和装の六代目が見えた。焼香する表情からはなにも読み取れない。わずか数分、一言も発さぬまま、六代目は霊園を去った。

 直後、駐車場でどよめきが上がった。慶弔委員の田堀寛名神会会長が、大阪府警に逮捕されたのである。墓参での逮捕は異例の事態だ。
 
田堀寛会長が使う新車を、購入時に元妻の名義と偽って登録した容疑です。田堀寛会長は10月にも愛知県警に逮捕され処分保留になったが、この時、実は大阪府警とかち合っていた。大阪府警としては先を越された形になったので、今回は強引な逮捕になったらしい」(全国紙記者)
 
 参考人として連行された組員が、所持品を他の人間に渡すと、大阪府警の刑事がそれを囲んで詰め寄る。
 
「おいおいおいおい、いま渡したもん出せって。ややこしなんで。ええねんな」
 
 兵庫県警はあっけにとられた様子だった。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ