FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

賭博疑いで暴力団幹部逮捕…7千万円売り上げる/福井

 福井県警福井、福井南署と県警組織犯罪対策課の合同捜査本部は19日、福井市内のゲーム喫茶店で賭博をさせたとして、常習賭博の疑いで実質経営者の同県鯖江市御幸町3丁目、指定暴力団山口組系幹部の職業不詳上野聖貴容疑者(45)と店長の男、従業員男女4人の計6人を逮捕したと発表した。

 捜査本部は、開店した昨年6月ごろから約7千万円を売り上げ、一部は暴力団の資金源になっていたとみて調べている。

 捜査本部によると、上野容疑者らは福井市中央1丁目の雑居ビル1階でゲーム喫茶店「カフェチロル」を経営。スロット機1台と花札ゲーム機8台を置き、客が勝った点数に応じて現金を支払っていた。常連や紹介を受けた客のみを受け入れていたらしい。

 逮捕容疑は共謀して昨年6月ごろから今年10月26日までの間、客の会社員ら不特定多数を相手にゲーム賭博をさせた疑い。捜査本部は認否を明らかにしていない。

 10月26日に鯖江市の店長漆崎泰秀容疑者(43)=常習賭博罪で起訴済み=と福井市の従業員女(64)=起訴猶予=を現行犯逮捕。同店を家宅捜索し、ゲーム機と帳簿を押収した。同27~29日に同市の従業員の男女3人=同=を、11月18日に上野容疑者を逮捕した。また10月26日に、単純賭博の疑いで同市の客の会社員女(45)=在宅で捜査=を現行犯逮捕した。

 捜査本部によると店長名義で風俗店(ゲームセンター)の許可を得ていたが、風営法で禁じられた24時間営業を行っていたという。同法違反容疑でも調べ、暴力団との関係を中心に実態解明を進める。県警は19日、上野容疑者が幹部を務める福井市内の組事務所を家宅捜索した。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ