FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

山口組抗争勃発に備え、偽装破門、地下潜行の動き

直参組長惨殺にみる相互の疑心暗鬼

 暴力団は、盃を交わすことによって「親子」「兄弟」の縁を結び、それをなにより大切にする組織である。

 その「盃の重さ」が、分裂して2つに割れた山口組組員らを苦しめている。神戸山口組山口組の双方が、地位とポストと「兄弟の縁」などで引き抜き合戦を展開している。

その狭間で苦しんだと見られる3代目倉本組河内敏之組長が、10月26日、拳銃で自殺した。

「直参」と呼ばれる直系組長の初めての死だったが、11月15日には、三重県四日市市に本拠を置く山口組直系団体・愛桜会菱田達之会長が、何者かに殺されているのが発見された。

 手足を縛られ、頭部を複数回、殴られた跡があり、側に鉄パイプが残されていたというから惨殺だ。

 しかも、ここは菱田達之会長の別宅で、内部からカギが掛けられドアチェーンがしてあったというから、菱田達之会長の行動パターンを知り、カギを持っていたとも考えられる。“身内”が事件に関係していた可能性がある。

 警察は、分裂騒動が事件の背景にあるとの認識で捜査に入っているが、死に至らしめるほど殴打するのは異常だ。

 菱田達之会長とも親交のある神戸山口組関係者が首を捻る。
「ウチから声を掛けられて、移籍しようかと悩んどる幹部がおったのは事実や。しかし、話し合いで解決すべきこと。親を殺る子がおるとは考えられん」

 愛桜会は、橋本達男初代が立ち上げた的屋組織で、当初は広域暴力団の極東会に所属。3代目山口組幹部の小西音松 小西一家総長と兄弟盃を交わしたのが縁となって、渡辺芳則5代目山口組組長の舎弟盃を受けて山口組に加入した。

 橋本達男初代組長は、05年3月に引退。跡目を継いだのが若頭だった菱田達之2代目である。実力はあったが温厚な人柄で、現在の山口組組長の出身団体の弘道会竹内照明3代目とは年齢が近いこともあって兄弟付きあいの親しさ。

 名古屋と三重の距離的な近さもあって、分裂に際し、菱田達之2代目の心が揺れることはなかったという。

 神戸山口組山口組双方の組員の気持ちはささくれだっている。警察の介入を防ごうと、両団体とも「揉め事を起こすな!」と指令、盛り場への出入りを制限している。だが、血の気の多い人間は我慢できず、小さないざこざは絶えず、抗争につながりかねない衝突も起きている。

 愛桜会菱田達之2代目惨殺は、そんな不穏な空気のなかで起き、両組織の組員の疑心暗鬼はますます広がる。

 既に、抗争に備えるように、破門処分を受け、地下に潜る組員が相互に出始めた。抗争を引き起こしても、「親」の組長や組織に迷惑をかけないようにという偽装破門だ。抗争を避けようとする執行部の思惑をよそに、正面衝突の可能性が、日々、高まっている。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ