FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

日大名誉教授 山口組元幹部から2000万円借金、未返済

 日本大学の名誉教授(77)が指定暴力団山口組の元幹部から2000万円を借り、返済していないことが9日、大学への取材で分かった。大学は弁護士を含む調査委員会を立ち上げており、10日に名誉教授から詳しい話を聴いた上で解雇する方針。

 日本大法学部の池村正道学部長は9日午後、東京都千代田区の法学部内で記者会見し「反社会的勢力との付き合いは極めて遺憾だ。厳しい処分をしたい」と述べた。現在は大学職員ではないとして、大学としての謝罪はしなかった。

 大学の広報担当者によると、名誉教授はこれまでに、「20数年前に知人の紹介で元幹部と知り合った。(元幹部は)紳士的でいい人」などと大学側に説明。担当者は「事実関係は認めたが、反社会的勢力との付き合いが悪いという認識は希薄という印象を受けた。申し訳なかったという言葉は今のところない。社会的認識が大きく欠如している」と述べた。

 名誉教授は、元幹部が別の人物との金銭トラブルに関して起こしたさいたま地裁越谷支部での貸金請求訴訟で、昨年8月に開かれた口頭弁論に、元幹部側の証人として出廷していた。訴訟記録によると、名誉教授は、元幹部から約10年前に2000万円を借りたまま未返済だと認め、海外の事業資金に充てたと説明。借用書に関し「いくら友人でもきちんとしておきたいと申し上げ、自ら書いた。保証人も付けた」と証言した。

 元幹部は、訴訟の相手から投資話を持ち掛けられた場には名誉教授が同席していたとし、理由を「私より知識が高いと思っているから。肩書から言ってもそうですから」と述べた。一部報道では、JOC元役員も、この元幹部と会っていたという。

 名誉教授は日本大法学部で国際法を専攻し、2008年に定年退職した。その後は、非常勤講師として大学院で英米法など3講座の授業を担当。総務省の委託を受けて東京都の行政相談委員も務めていた。大学はいったん3講座を休講とし、別の講師を探すとしている。

 元幹部は、訴訟の相手から投資話を持ち掛けられた場には名誉教授が同席していたとし、理由を「私より知識が高いと思っているから。肩書から言ってもそうですから」と述べた。一部報道では、JOC元役員も、この元幹部と会っていたという。

 名誉教授は日本大法学部で国際法を専攻し、2008年に定年退職した。その後は、非常勤講師として大学院で英米法など3講座の授業を担当。総務省の委託を受けて東京都の行政相談委員も務めていた。大学はいったん3講座を休講とし、別の講師を探すとしている。

  

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ