FC2ブログ

暴力団ニュース~ヤクザ事件簿

全国の暴力団、任侠組織、極道関連のニュース速報

全国ヤクザ事情

山口組も神戸側も処分者の復活を許可 もはやなんでもあり

 暴力団のクーデターで離脱派が不利なのは、過去の歴史が物語る。だからこそ今回の山口組分裂でも、六代目山口組側が、新たに生まれた「神戸山口組」に対し、圧倒的有利との下馬評だった。ところが一転、ここに来て情勢が変わりつつあるという。いったい、何が起きているのか。暴力団事情に詳しいフリーライター・鈴木智彦氏がレポートする。

 * * *

 分裂から2か月経過した現在、山口組神戸山口組は全国各地で小競り合いを繰り返している。10月6日、長野県飯田市の温泉施設前で組員が銃殺された事件の背景には、神戸山口組への移籍問題があると推測されたが、山口組神戸山口組も、早急に「関知しない」という方針を公表した。つまりお互いが抗争をしないと明言したのだ。抗争は暴力事件が発生し、それに対する「報復」があって成り立つので、どれだけ緊迫した空気でも、いまだ“抗争前夜”と表現するしかない。
 
 しかし、この問題は話し合いで解決できない。山口組に反旗を翻した神戸山口組は、なし崩し的であっても存在し続け、引き分けに持ち込めば目的を達成できる。対する山口組は、彼らが言うところの「逆賊の謀反」集団を解散に追い込むまで動きを止められない。一触即発の空気の中、双方の上層部が「抗争はない」と繰り返すのは、偶発的な小競り合いが発展し、歯止めが利かなくなった際に、警察の取り締まりを躱(かわ)すための方便と解釈するのが妥当だ。
   一方、抗争抑止に躍起の警察は、各県警が入れ替わりで、連日のように家宅捜索を行なっている。神戸山口組の最大派閥である山健組は、分裂後、すでに5回も“招かれざる客”の訪問を受けた。双方の本部、傘下組織へのガサ入れは、ざっと2日に1度というハイペースだ。
 
 うかつに事件を起こせば、トップまで一網打尽にされかねない。が、沈黙を続けていても事態は進展しない。というより、このままだと警察に潰されかねない。
 
「動いてもパクられる。黙ってても警察にやられる。袋小路に入ったようなもの」
 
 数年前、山口組の二次団体を引退した元組長は他人事の風情で皮肉に笑った。

「分裂してから、あっちこちから誘いの電話がある。警察も連日やってきて、どこに行くのか教えてくれと訊いてくる。一度引退した以上、いまさらヤクザに戻るつもりはさらさらないし、そうなったところで警察に話す気もない。暴対法も暴排条例もヤクザにしか使えない。組織を辞めた人間は一般人だ。それでも、食い詰めているヤツはその気になるやろう」(同前)
 
 事実、山口組神戸山口組も、処分者を積極的に復活させている。絶縁処分は復帰の可能性がない重い処分とされているが、それすらも許しているという。もはやなんでもありだ。
 
 ただし、ここにもデマと印象操作が絡んでいて、事実関係がはっきりしない。引退後、熊本で暮らす元山健組健竜会三島敬一最高顧問は、その発言力と実力から伝説のヤクザの域にいるといっていい人物である。

 三島ブランドが神戸山口組に復帰するという話は、警察が確定情報と断定しているため、方々の媒体で報じられた。ところがヤクザ筋を使って熊本に確認すると、確定情報とは言いかねるようで、真実かブラフか判定できない。警察をも巻き込んだ情報戦は今回の分裂騒動の特徴で、最終的には書状が出るまで分からない。
 
 ネームバリューのある元幹部だけでなく、末端でも暴力団に復帰する人間はいる。活発なリクルート活動の理由を、元組長は「使い捨ての駒」つまり、ヒットマン部隊にするつもりとみている。当該組員が動けば、組織的な犯罪として上層部が逮捕されるケースでも、一度は部外者となった元組員を使えば、組織に累が及ばないからだ。
 
「枝葉の人間は再び組登録をしないだろう。警察もこれを認定するのは骨が折れる。上のヤツらが考えてるのは、殺した後は死んでくれということ。組織を追われ、金で動くヤクザ崩れを使って、用済みになれば殺すつもりかもしれない」(同前)
 
 報酬は金だろうが、金銭に転ぶ類の人間が使い物になるかは疑問である。

  
 

 | HOME | 


一般女性を大量集客★
本当に「サクラ」がいない!
出会いSNS PCMAX(PCマックス)
これが究極の出会い系コミュ

最新記事

リンク

アクセスランキング


アクセスランキング
rank.japandeep.com

ランキング参加は貴HPに
http://yakuzanews.blog36.fc2.com/
をリンクさせるだけ